育て方.jp|花、野菜の育て方など

堆肥とは

堆肥とは,保肥性や保水性、通気性などを高める,土壌改良材

堆肥は土の保肥性や保水性、通気性などを高める作用があります。
有機質が主な原料なので微生物の餌となり、土中の微生物の活動を活発にする作用もあります。
堆肥は土中の環境を良くする優れた「土壌改良材」としての働きがあります。


我が家の堆肥は主にぼかし肥料です。(個人的にぼかし肥料を堆肥の一種としてみなしています。)
関連記事 我家の堆肥 ぼかし(ボカシ)肥料

やはり化学肥料だけでは長期間の野菜作りができないので、近年はハウス栽培では堆肥を入れての土作りが見直されています。

でも大規模に野菜作りをしている場合は、そうもいかないのでどうしているのでしょうね・・
白菜を30~50町と大規模に栽培している農家は鶏糞を多く入れているようです。(匂いから)
そして次の年は別の野菜を作るとかして連作をしないか、別の畑を借りとかして移動しているようです。
堆肥のことなのに、どうも別の話題にそれてしまいがち m(_ _)m

スポンサーリンク