育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 野菜・肥料・土 > ミニトマト プランター栽培記・育て方

ミニトマト プランター栽培記・育て方

ベランダ菜園,栽培,プランター,ミニトマト,育て方,ワクチン接種苗,病害虫,アイコ,トマトベリー・ガーデン,

IMG_8797-7-17-1.jpg

ミニトマト栽培
ミニトマトは文字通り果重が20~30g程度の小さなトマトのことです。ベランダなどのプランターでも日当たりがよければ栽培することができます。

ミニトマトは、種から育てる方法と、苗を買ってきて育てる方法があります。べランド栽培では本数もそんなに要らないし、苗から育てることをおすすめします。関東では4月~5月にかけて苗が販売されています。ゴールデンウェークは苗を植えつけるのにちょうど良い季節です。
2008/8-10
DSC04853-8-10-1.jpg
↑これは支柱有りのミニトマト(ルビーノ)です。 

トマトは病気になりやすい野菜の一つです。
耐病性の苗(ウィルス病に強いCMVワクチン接種苗)を購入して育てると、比較的簡単にできます。
大きいトマトは管理が少し難しいので、初心者には向かないと思います。

ミニトマトで栽培しやすい品種は「アイコ」「ミニキャロル」「ペペ」「ピコ」などがありますが、最近ではさらに種類が多くなりました。全部栽培したわけではないので、栽培しやすい品種は特定できません。市販されているミニトマトで一目ぼれしたミニトマトを育てるのがよろしいかと思います。

その他のミニトマトの品種
チェルシーミニ、スーパーサンチェリー、小桃、レッドルピー 、千果(ちか)、ティンカーベルトマト、 ペア、シュガーランプ、ピンキー、オレンジチャーム、オレンジキャロル、カナリーベル、ピッコラカナリア、イエローミミ、イエローキャロル、キャンドルライト、小桃、キャロルクイーン 、甘っこ、レッドボーイ・・・・

関連記事
ミニトマトのプランター栽培記 2011年
↓2008~2011年まで栽培したミニトマトの種類
ミニトマト
マイクロトマト プランター栽培記
↓中玉トマトでミニトマトではありません。鉢植えでも育つかなと・・・
クッキングトマト栽培記

トマト栽培が初めての方には「レジナ」や「チビ助」「ちびっこトマト」「テラストマト」などの小型品種がおすすめです。
丈がおよそ30cm~40cm程度で支柱が要りません。
実をつける量もあまり変わらなく、場所をとらないので育てやすいミニトマトだと思います。

今年は畑でなく、この小型のミニトマト「レジナ」や「チビ助」を育ててみようかと思っています。
というのもミニトマトは収穫のころ雨が降ると裂果するので、いつも悔しい思いをしてしまいます。
プランターなら少し移動すれば雨よけできるので・・・

以下は長くなってしまったので、別記事にしました。
「ルビーノ」の鉢植え ・我が家のミニトマトプランター栽培 2008年 
・2009年のミニトマト栽培は画像消滅 
↓ 「リトル・サマーキッス」、「トゥインクル」、「アイコ」、「トマトベリー・ガーデン」を育てました。
2009-5-2


・トマトやミニトマト、クッキングトマトの料理
・野菜に薬剤散布をしない方法

ミニトマトの育て方・管理などは・・・

ミニトマトの育て方
トマトの原産地は南米のアンデス高地で、日当たりの良い土地や乾燥した気候です。
ミニトマトもトマトに準じて栽培します。

植え付け
植え付けの容器は深さがある菜園プランターがおすすめです。
9号~15リットルぐらい入る容器で、横長プランターの場合は2本、丸鉢なら1本植えつけます。

こんな植え付けの方法もあります。
トマト栽培専業農家の友人によると、最初の1週間ぐらいポリポットの苗を虐(いじ)めて育てるのがコツだそうです。
昔から可愛い子には旅・・・というのと同じでしょうか?
ミニトマト自身の生きる力が出てくるらしいのです。丈夫になるということになります。

でもいじめるってどういうこと?
それは水加減だそうです。苗を枯らさない程度ギリギリに数日育てるらしい。
私も試してみたのですが、そこまでいかないうちに我慢しきれなくて水を与えてしまいます。
だから今はぐんなりしたら様子をみてから水やりといったところでしょうか・・・
2本苗を育てるのでしたら、1本はその方法でお試しあれ(^o^)

もうひとつは横に寝かして植えつけます。土に当った部分から新たな根が出てきます。
よくは分からないけど根が出てくるところがたくさんあったほうがいいというのでしょうか?
小型のミニトマト「レジナ」や「チビ助」にはこの方法がよいかは分かりませんが・・
多分小型のミニトマトだから節間が詰まっていると思うのです。そのときは普通に植えつけてください。

※2009と2010年は節間の詰まった小型のミニトマト「テラストマト」も育てました。上記の珍しいミニトマト栽培にあります。
ミニトマトは着果後およそ800℃内外の積算温度で発色するとのことで、春・秋栽培で45~65日、夏栽培で30~40日ほどになります。
秋~冬にかけても霜にあわせなければ長くかかっても熟します。↓長い記事ですが、ここに。
ミニトマトの育て方 珍しいミニトマトのプランター栽培記 2010年


プランターの置き場所
日当たり、風通しの良い場所が最適です。風通しの良い場所は病気予防になります。


用土
培養土に早めに苦土石灰を入れて混ぜておきます。(苦土石灰が入っていない培養土の場合)
トマトの専用用土ならそのまま植え付けができます。
トマトなどの果菜類はチッソ分の多い油かすより、リン酸を多く含む骨粉を少々多めにすると実なりがよくなります。
私の場合は米ぬかを主体にした自前のぼかし肥料(米ぬか主体)を1/3ぐらい普通の野菜専用の用土に混ぜています。

また苗を植え付けたら、そのあとは水を与えるだけでOKの キッチンガーデン トマト用土も市販されています。
それでもミニトマト栽培の自信のないかたにはミニトマトが植えつけてあって、肥料、プランターを用意する手間がいらずに家庭菜園を楽しめるキットもあります。
これだったらミニトマト栽培が手軽にでき、来年は苗から育てる気持ちになるかもしれません。
野菜を育ててみようというきっかけになればいいのではないでしょうか・・・


水やり
土が乾いてきたら水やりやるのが基本で、成長するに従い量を多くします。
乾燥ぎみに育てると小粒になりますが、凝縮されたおいしいミニトマトができますよ。


追肥
植え付け時には肥料は少なめか全く施しません。
トマトは最初から肥料(特に窒素分)を施すと茎葉ばかり茂ります。
葉の勢いが良すぎると花付きが悪くなり、実も少なくなります。
ナスやピーマンを育てるのが上手な近所の婆ちゃんはなぜかトマトは実がなりません。
それはナスやピーマンと同じように肥えた畑で肥料を同じように施しているからです。

ミニトマトは1段目のトマトが大きく育ってから追肥をはじめます。
1ヶ月に 1回が目安。果菜用の肥料をトマトの様子を見て適量施します。
トマトは生育期間が長いので、肥料を切らさないことです。
追肥はぼかし肥料や有機肥料がよいでししょう。


わき芽かき・葉の整理(支柱が必要なミニトマトの場合)
わき芽が出てくるのを摘み、一本仕立てにして支柱を立てます。
収穫したトマトの下の葉は摘み取って、風通しをよくします。
画像のように鉢に沿ってくるりと巻く方法でも長い支柱を立てて徐々に葉のない茎を下してもいいでしょう。

多分小型のミニトマト「レジナ」や「チビ助」はわき芽かきは必要ないと思いますが・・・
わき芽かきはウィルス病予防のため、ハサミではなく手で摘み取ります。ハサミの場合は火であぶるか消毒します。


病害虫
トマト、ナス、キュウリなどは梅雨時~夏は消毒しないと病気や害虫でダメにになってしまいます。梅雨前に病害虫予防を1回、梅雨~夏にかけて1~2回散布します。
病害虫両方どちらも混ぜてあるタイプのものもあるので、少量の野菜を栽培しているかたは、そちらの方が便利だと思います。
梅雨を過ぎると大丈夫ですが、様子をみながら散布したほうがいいかと思います。

トマトは果実が尻腐れ病になることがあります。
それはカルシウムや水不足ですから、生育が盛んになるころ、液体カルシウム剤を与えたり、水不足にならないようにします。でもミニトマトは尻腐れ病が少ないと思いますが・・・


※追記
以上は2008年度までの病害虫の予防です。2009年度は病害虫予防は1度だけでした。
2010年は殺菌剤を一度だけで、殺虫剤は一度もしませんでした。
2011年の病害虫対策は石灰や米ヌカを振ったり、米のとぎ汁で作った乳酸菌液などの自然にあるものを利用しただけです。これは「現代農業」に載っていたのを試してみたものです。

2012年あたりからは病害虫対策は全然していません。
いつの間にかしなくても大丈夫な畑や庭になっていました!!
多分、天敵がたくさんいるようになったからと思います。

いろいろな方法はあるようですが・・・野菜に薬剤散布をしない方法

近い将来はキッチンガーデンで毎日の生活に潤いを (^o^)v
特に子供さんと一緒に野菜を育てるというのはよいことではないでしょうか。育てることがたとえ失敗であってもそれは何かを考えるのに役に立つと思います。

猫、犬などの動物を育てるのに失敗はかわいそうです。まずは野菜や花などを育ててください。
野菜を育てているつもりが逆に野菜に育ててもらうということに気づくはずです。
生死、忍耐、気遣い、相手の身になって考えるなど・・
それに安全な野菜を自分で育てるって一石二鳥、いや一石三鳥ではありませんか。

野菜 親子で一緒に育てる簡単なプランター(コンテナ)栽培

スポンサーリンク