育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 野菜・肥料・土 > ジャガイモのプランター(鉢)栽培

ジャガイモのプランター(鉢)栽培

ジャガイモのプランター(鉢)栽培,インかのめざめ,ノーザンルビー,軒下,ジャガイモの根,種芋が腐る

ジャガイモのプランター(鉢)栽培 2009年度
2009年度の秋ジャガイモの鉢栽培に挑戦しました。種類は「インかのめざめ」です。
11/20からの画像が残っているだけです m(_ _)m

2009/11-20
IMG_11-20 鉢植えのジャガイモ.jpg


寒くなり、寒さで傷んでしまったプランター(鉢)栽培のジャガイモ。でも暖冬とはいえ12月中旬過ぎまで耐えてくれました(o^。^o)
畑では霜で早くから黒くなっても、軒下に置いたので無事でした。
2009/12-18
IMG_1246-2009-12-18-1.jpg


掘り起こしてみたら・・・
期待以下でもないし以上でもない。まぁ、こんなものかな。1本だものね。
植えたのが画像がないのではっきりした日にちはわかりませんが少し遅くなってしまい、いまさら植えても・・・と躊躇していたので秋のお彼岸頃かもしれません。
暖冬になったり、軒下に置いたから霜害がなくその割にジャガイモが育ったほうかも。
IMG_1247-2009-12-18-1.jpg


ジャガイモの根元を見て下さい。かなりの根があります。
IMG_1247-2009-12-18-2.jpg


拡大したジャガイモの根の部分。畑ではこんなに根が細かくたくさんありません。畑のジャガイモの収穫は思い切り引っ張るので根が切れてしまうのか? 丁寧に抜くとあるのかな?
IMG_1247-2009-12-18-3.jpg


ジャガイモの大きさは私の手と比べるとこのぐらい・・・
小柄な「インかのめざめ」だから上出来というべきか?
もっと早く植え付けたらたくさん収穫できたかも。
IMG_1261インカのめざめ-1.jpg

ジャガイモのプランター栽培は案外春~夏にかけてより秋のほうが手間要らず・・と思った次第です。子供さんのジャガイモのプランター栽培には秋が簡単でいいかもね。
秋は早めに植えつけないと育つ期間が短くなり思うように育ってくれません。
(秋用の種類のジャガイモで8月中下旬から植えつけてください)

なお用土はほとんど土のような堆肥に自前のぼかし肥料を入れただけで、ジャガイモ専用の肥料を2回、追肥にしました。用土は市販の野菜専用でよいのでは。
深さも広さもある野菜専用のプランターで栽培してみたらきっと収穫も期待できるのではないかと思います。


***********************

2010年秋のジャガイモのプランター(鉢)栽培
関連記事
くわしいジャガイモの育て方&ジャガイモのプランター(鉢)栽培
悪い条件が重なった春のジャガイモ栽培記 2011年度
春の簡単ジャガイモ栽培 2012年

ジャガイモをプランターに植える。左はノーザンルビー、右はニシユタカ。
昨年の秋のプランター栽培がわりとうまくいったので再挑戦です。ノーザンルビーは秋植えのジャガイモというわけではないのですが、ニシユタカは秋植えのジャガイモです。デジマは売り切れでした。
IMG_1740-9-18-2.jpg9-18


はっきりした日付は?ですが、雨樋(とい)が壊れていたらしく、朝見たらジャガイモを植えてあるプランターだけが夜に降った大雨で水がたまってブカブカ状態になっていました。たまっていた日付は不明で、この3~4日前と思います。
あまりにもニシユタカの芽がでるのが遅いので、気になって掘り返したらもう種芋が腐っていました。
いまさらながらジャガイモを育てるのには、水はけがよいところが大事だと思いました。雨で腐ってしまったのは初めての経験です。
10-7
IMG_3045-10-7-1大雨で水でプカプカ.jpg


細長いプランターに1本になってしまったジャガイモ(ノーザンルビー)を植えておくのもなんとも格好が悪いですね。初めてですが移植をすることにしました。
これだけ育ったジャガイモをいまさら移植して大丈夫かと思いましたが、自家種芋なのでだめもとの気持ちでした。でも根を崩さないように細心の注意を払いましたよ。
10-11
IMG_3162-10-11-1.jpg


ジャガイモが育つの最適な気温が続き、日増しに大きくなっていきます。
10-14
IMG_3325-10-14-1.jpg


気が付くとテントウムシもいます。よく見ないと活躍しているのがわかりませんね。
関連記事 テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
10-23
IMG_3986-10-23-3.jpg


軒下の暖かいところで育てています。今年は大きいコンテナや小さなプランターを並べて軒下菜園がにぎやかです。
関連記事 秋のベランダ(軒下)菜園 コンテナ(プランター)栽培
11-15
IMG_5008-11-15-2.jpg


12-1
これまで2回、増し土しましたが、もう土を入れる余裕がないので葉っぱを重ねてジャガイモを隠したりしています。日光に当てないようにするためなので、黒いぼろきれでもいいのでは・・・
IMG_5833-12-1-1.jpg


葉っぱを取ってみると、ジャガイモが結構大きく育っています。葉茎の様子が収穫のタイミングです。もういいかな?
12-7
IMG_6183-12-7-1.jpg


まだ育つのに余裕があるようなジャガイモの根の様子。もう外では気温が低くなってジャガイモが育つ環境ではありません。よくここまで頑張ってくれました。軒下だから霜害にも遭わないですんだのでしょう。
12-17
IMG_6611-12-17-1.jpg


12-17
IMG_6611-12-17-3.jpg


そしてジャ~ン o(^▽^)o    んっ、ジャガイモが小さく見えるかな?

12-17
IMG_6612-12-17-3.jpg


ならばアップで ヽ(´▽`)/ヾ♪
右寄りの色の違うジャガイモはもうおわかりでしょうか?はい、そうです。タネ芋でした。
このタネ芋もかなり大きかったのですが、子供は親を抜いて大きく育ちました。

IMG_6614-12-17-2.jpg


さらに洗ってからのアップで~す ━(゚∀゚)━
このくぼみのところから次の芽がでます。
観察したついでに芽が付いているのはどこが多いか見てね!
IMG_7094-1.jpg

ジャガイモは移植しても大丈夫でしたね。

生のノーザンルビー。春のより濃い色になっています。
きっとほとんどの植物は来るべき寒さに対応しているのでしょうね・・
寒さを乗り越えた野菜や果物は甘いですよ。
IMG_7096-1.jpg


ファンヒーターではなく、昔使っていたお湯などが沸くストーブの上で、このジャガイモ(ノーザンルビー)のホイル焼きをしました。よくサツマイモもそうしています。冬の楽しみです。
IMG_7842プランターの-1.jpg


できあがり! 
ジャガイモはバターで食べるのが好きです。 
ホクホク(*⌒ー⌒*) ヤッパ、これだネ・・・幸せってこういうことかなぁ~
IMG_7845-5.jpg

 アントシアニンがいっぱい入っていると思うとさらにおいしくいただけます (o^ー')b♪
    (オバちゃん、絵文字使い過ぎ・・の声がするような・・・!?)


スポンサーリンク