育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 暮らし・料理 > ソラレンを含む野菜や果物、含まない野菜や果物

ソラレンを含む野菜や果物、含まない野菜や果物

ソラレンを含む野菜や果物,含まない野菜や果物

ソラレンを多く含む野菜・果物
紫外線を多く肌に吸収してしまうのは、柑橘系が多いです。
でも食べる時間帯を守れば、ビタミンCを多く含むので、お肌や美容に良い食べ物です。

レモン
オレンジ
ミカン
グレープフルーツ
キウイ
イチジク
アセロラ
スダチ

セリ科や香味野菜がソラレンを多く含んでいます。
セロリ
パセリ
アシタバ
大葉(紫蘇)
三つ葉
パクチー
コリアンダー
ジャガイモの芽、グリーンになった皮(中毒しやすいので、通常は食べませんが・・)
キュウリ
ブロッコリーの茎
ニンジン
クロレラ
春菊
野沢菜
そば粉

紫外線アレルギーの原因になるので、以上の野菜・果物は夕方前には摂らないようにします。
紫外線の感受性が高まると、照明などの可視光でもアレルギーになる人がいるそうです。

そのほかに日焼けによくないものは、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれた加工食品です。
加工食品は肌が日光に過敏に反応しシミができやすくなるといわれています。
安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能性があります。
また、アルコールを摂取したときや、体内にまだアルコールが残っている状態のときも日焼けしやすくなるといわれています。

::::::::::::::::::::::::::::::

ソラレンが少ない野菜や果物
時間帯は関係なく摂取できます。

リンゴ
スイカ
バナナ
イチゴ

ブドウ

大根
ごぼう
かぶ
かぼちゃ
ネギ
レタス
キャベツ
トマト

スポンサーリンク