育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 野菜・肥料・土 > ベビーリーフ栽培記 「焼肉向きサラダミックス」

ベビーリーフ栽培記 「焼肉向きサラダミックス」

ベビーリーフ栽培「焼肉向きサラダミックス」,グリーンロメイン,レッドロメイン,ピノグリーン,廊下,種まき,レジ袋

IMG_1551-2-29-1.jpg
2012-2-29
外は雪ですが、室内(廊下)は暖かいので、キク科やアブラナ科のベビーリーフは簡単に育てられます。


ベビーリーフ栽培「焼肉向きサラダミックス」
ベビーリーフ栽培では色々な種類を育てましたが、今回はグリーンロメイン、レッドロメイン、ピノグリーンの種が入っている 「焼肉向きサラダミックス」です。
グリーンロメイン、レッドロメインはキク科で、ピノグリーンはアブラナ科の野菜です。
1-11
IMG_0748-1-11-1.jpg


グリーンロメイン、レッドロメインはレタスの仲間です。細長い種がそうです。
丸いのはアブラナ科の種なので、ピノグリーンです。ピノグリーンは小松菜の仲間で、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、鉄分が豊富です。
1-11
IMG_0750-1-11-2.jpg


今回は野菜の培養土が無かったので、市販の花の培養土です。
1-11
IMG_0740牡丹園の-1-11-1.jpg


その上に種まき用土を薄く敷いて水をたっぷりかけてやります。
(いろいろな方法があります)
1-11
IMG_0745-1-11-1.jpg


指で3重丸を書き、そこへ 「焼肉向きサラダミックス」をまきました。
種まき後、筋を付けて盛り上がった土を戻し、手の平でとんとんと均しました。
2012-1-11午後-1 時
IMG_0749鹿沼土ベビーリーフ種まき2012-1-11午後-1.jpg


厳寒期のこの季節は 日中は暖かい廊下に置き、さらにレジ袋の中に入れておきます。
簡単な温室のようになります。日中は温度が上がるので、結び目を少し開けておきます。
夜は結び目を閉じて、暖房なしのこの廊下に置いたままです。
1-12
IMG_0751ベビーリーフ-2012-1-12-1.jpg

3日後には皮が膨らんで割れてきました。
1-14
IMG_0807-2012-1-14-2.jpg


待望の発芽です!
動物の出産と同じで、発芽は生命の始まりなので何度見ても感動します。
丸い種なのでピノグリーンと思われます。
1-14
IMG_0809-2012-1-14-2.jpg


次々とピノグリーンが発芽です。キク科よりアブラナ科のほうが発芽が早いようです。
1-15
IMG_0828-2012-1-15-1.jpg


遅れて発芽したのは長い白や濃茶の皮のグリーンロメイン、レッドロメインです。
1-16
IMG_0847-1-16-1.jpg

1-16
IMG_0851-1-16-2.jpg


発芽から1週間後。
真上から見た「焼肉向きサラダミックス」
1-21
IMG_0887-1-21-1.jpg


早く発芽したピノグリーンはヒョロリとしています。温かくし過ぎかな?
1-24
IMG_0918-1-24-1.jpg


でもついつい過保護にしてしまいます。
1-26
IMG_0955-1-26-1.jpg


日がある時にはこのように暖気が逃げるようにします。
キク科やアブラナ科は寒さには強いのですよ。暑いのは苦手です。
1-26
IMG_0957-1-26-1.jpg


普通は葉が振れあうようになったら間引きをするのですが、この寒いときに芽生えてくれたのだから、込み入ったところはそっと取って別の鉢に植えました。
ポカポカ暖かい日にはこのように袋で覆うことはしません。
1-29
IMG_1028-1-29-1.jpg


右上の鉢のアップ。赤く見えるのはレッドロメインかしら・・
2-10
IMG_1184-2-10-2.jpg


もう少し早めに液肥をしたほうがよいのですが、植え替えたので落ち着いてから与えました。
2-13
IMG_1206液肥-2-13-1.jpg


右側はイチゴやワイルドストロベリー、キンジソウです。
2-13
IMG_1209-2011-2-13-2.jpg


小さな鉢の焼肉向きサラダミックス
2-18
IMG_1301-2012-2-18-1.jpg


左が元のプランターの焼肉向きサラダミックス。
もと早めに葉だけをカットすればよかったですね・・・

右は植え替えた焼肉向きサラダミックス。
栄養分のない硬質赤玉にたまに液体肥料を与える程度でした。
植え替えたからなのか用土のせいか育ちが悪いです。
3-5
IMG_1565-3-5-1.jpg

スポンサーリンク