育て方.jp|花、野菜の育て方など

多肉植物

本格的に集め始まったのは2012年からです。2015年現在でその数300種になりました。 皆いっせいにお店よりたくさんある~! お店を開いたら? 2014年は2度ほどオークションに。かなり増えたのでこれからどうしようか・・と嬉しい悩み(*^_^*)

クラッスラ属 神童

クラッスラ属,神刀と呂千絵の交配

神童
入手したばかりの神童。
2016-2-18
DSC_0051◎-2016-2-18-2.jpg

神童
ベンケイソウ科 クラッスラ属
我が家のクラッスラ属 主な種類 

神童は神刀と呂千絵の交配園芸種だそうです。
呂千絵を育てたことがあるのですが、株分けに失敗し、枯らしてしまいました
呂千絵は気難しい気がしますが、神刀はもう2017年で4年目になり、案外育てやすかったです。

上からちょうど1年経ちました。
こちらは親株で、下の画像がさし芽の子株です。
2017-2-12
DSC_0025-2017-2-12-1.jpg

自己流ですが・・多肉植物のふやしかた


さし芽の子株ですが、親と同じような貫禄です。
なんと容器はインスタントの焼きそば (@0@)・・ 
多肉が増えるに従い、容器はいくら用意しても足りなくなってしまいます。
神童の育ちはゆっくりですが、少しずつ生長しています。気長に見守らないと・・
これまで育ててみて、案外丈夫かなと思います。
育ち方がゆっくりな多肉の仲間だけで、寄せ植えを作るとローメンテナンスでいいですね。
2017-2-12
DSC_0023-2017-2-12-1.jpg


茶が混じったようなダークグリーンにほんのり紅葉しているさまがシブくてステキ。
2017-2-12
DSC_0024-2017-2-12-1.jpg

神刀と呂千絵の交配でもグリーンが強く出ていて不思議ですね。どちらもブルーが強いので。
それに呂千絵みたいに葉と葉の間に隙間がないので、カットがうまくできません。


ビラディア属 バテシィ(グリーンペット)

ビラディア属,バテシィ,グリーンペット,セダム属,紅葉

入手時はセダム属グリーンペットとあったので、ずっとセダム属と思い込んでいました。
最近のネット参照で、どうも正しくはビラディア属 バテシィ らしいのです・・・
多肉もそのほかにいくつか何属か混乱しているのがありますね・・
間違っていた時にはその時点で訂正します。

バテシィ(グリーンペット)を上から見ると少し捻じれるように生長しています。
クラッスラ・エリコイデスと似ていて見間違うほどです。エリコイデスより葉が柔らかめですが・・
エリコイデスだってクラッスラ属というけれど、本当にそうなのかと疑ってしまいます・・
2015-5-2
DSC_0033-2015-5-2-1.jpg

納得がいかないので、さらに調べたら、
多くの多肉が属しているベンケイソウ科はクラッスラ亜科とカランコエ亜科とセンペルビヴム亜科の3亜科に分かれるそうです。
バテシィ(グリーンペット)はその中のセンペルビヴム亜科のセダム連に属していて、さらにセダム連の中のビラディア属に属しているそうです。
なので広義でのセダムなら間違いではありませんが、セダム属ではないのです。
ちなみに先ほどの似ているエリコイデスはクラッスラ亜科のクラッスラ属になっています。


さし芽も簡単です。
自己流ですが・・多肉植物のふやしかた
さて、これまでバテシィ(グリーンペット)は、冬の間は室内管理でしたが、翌年のことです・・・
2016-2-11
DSC_0013-2016-2-11-2.jpg


1鉢だけ外に置いてあったバテシィ(グリーンペット)が寒い日が続いたら真っ赤になったのです。
こんなに紅葉するのかとビックリ (◎。◎)!
実際は画像よりもっと赤くなっています。
2017-2-4
DSC_0124-2017-2-4-1.jpg


赤くなったグリーンペット・・・もはや別名はレッドペットといってもいいのでは・・・(* ̄▽ ̄)ニヤリ
2017-2-4
DSC_0125-2017-2-4-1.jpg

多肉もいろいろな条件で育てると思わぬことが起こるものです。
奥深いというか、この変化を楽しみたいですね。


クラッスラ属 高千穂

クラッスラ属,高千穂,青鬼城,紅葉

高千穂
入手直後の高千穂。ほんのり紅葉しています。
2015-1-11
DSC_0023-2015-1-11-1.jpg

高千穂
ベンケイソウ科 クラッスラ属
別名 青鬼城
クラッスラ属 主な種類 

ぎゅうぎゅう詰めの高千穂を株分けし、一週間後に液肥をしました。
液肥は必要なかったかもしれませんね・・
2015-5-2
DSC_0029一週間後液肥-2015-5-2-1.jpg


その後は茎が伸びるだけ・・・
2015-6-11
DSC_0186-2015-6-11-1.jpg


天辺はこんな感じ。
向かい合った葉が行儀よく十文字に並んでいて(対生)、各段の隙間がありません。
クラッスラ属は、このような魅力的な葉の付き方をしているのが多いですね (*⌒ー⌒*)
2015-6-11
DSC_0188-2015-6-11-2.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2016年の高千穂
自己流の分類で火祭り系に入れた高千穂ですが、仲間の赤鬼城はスゴイ紅葉です。
でも昨年の冬越し後でも高千穂は紅葉しませんでした。
入手時はほんのり色づいていましたが、我が家では色づきもしませんでした。
過保護にし過ぎたか・・・? 
別名青鬼城なので、それで正常なのか・・・ 

今年もズンズン伸びています。この時期は葉を外して葉ざしをするのでしょうね・・
でも我が家ではしないでこのまま・・でした。多肉が増えすぎて億劫になってしまったので。
自己流ですが・・多肉植物のふやしかた
2016-7-16
DSC_0031-2016-7-16-1.jpg


台風後の高千穂。過湿になってしまったのか、融けてしまいました (>_<。)〃
2016-9-12
DSC_0072タカチホ台風-2016-9-12-1.jpg


折れた茎の先に白い小さな花が咲いていました。
2016-9-12
DSC_0072タカチホ台風-2016-9-12-2.jpg

もう消滅したかと思っていた高千穂でしたが、2017年2月に2鉢ほど残っていたのを見つけました。
葉ざしをしたらしく、恰好よく育っていました。暖かくなれにつれ、茎が伸び始まるのでしょうが・・・