育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 野菜・肥料・土

野菜・肥料・土

約42年間(2014年現在)、自宅近くの畑で、主に自家消費するだけの色々の野菜を栽培してきました。 ブログを書き始めた2006年あたりから、毎年試行錯誤でこれまでとは違った野菜作りをしています。成功のときもあれば失敗するときもあるので、そのときの様子を記しています。

ソラレンを含む野菜や果物、含まない野菜や果物

ソラレンを含む野菜や果物,含まない野菜や果物

ソラレンを多く含む野菜・果物
紫外線を多く肌に吸収してしまうのは、柑橘系が多いです。
でも食べる時間帯を守れば、ビタミンCを多く含むので、お肌や美容に良い食べ物です。

レモン
オレンジ
ミカン
グレープフルーツ
キウイ
イチジク
アセロラ
スダチ

セリ科や香味野菜がソラレンを多く含んでいます。
セロリ
パセリ
アシタバ
大葉(紫蘇)
三つ葉
パクチー
コリアンダー
ジャガイモの芽、グリーンになった皮(中毒しやすいので、通常は食べませんが・・)
キュウリ
ブロッコリーの茎
ニンジン
クロレラ
春菊
野沢菜
そば粉

紫外線アレルギーの原因になるので、以上の野菜・果物は夕方前には摂らないようにします。
紫外線の感受性が高まると、照明などの可視光でもアレルギーになる人がいるそうです。

そのほかに日焼けによくないものは、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれた加工食品です。
加工食品は肌が日光に過敏に反応しシミができやすくなるといわれています。
安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能性があります。
また、アルコールを摂取したときや、体内にまだアルコールが残っている状態のときも日焼けしやすくなるといわれています。

::::::::::::::::::::::::::::::

ソラレンが少ない野菜や果物
時間帯は関係なく摂取できます。

リンゴ
スイカ
バナナ
イチゴ

ブドウ

大根
ごぼう
かぶ
かぼちゃ
ネギ
レタス
キャベツ
トマト

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記 

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記 2010年
2010年はクウシンサイを苗から畑に植え付けました
多分種でまいたであろうクウシンサイが1ポットに6本植えてありました。
1ポット6本のまま畑に植えました。
2010-5-22
IMG_5221-2010-5-22-1.jpg


植えてから間もないクウシンサイの2本が倒れているではありませんか!
2010-5-27
IMG_5440-5-27-1.jpg

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)の育て方 栽培記
クウシンサイの栄養・クウシンサイ料理

クウシンサイの栄養・クウシンサイ料理

クウシンサイの栄養・クウシンサイ料理

クウシンサイの栄養
緑黄野菜のクウシンサイの栄養価は高く、カルシウム、ビタミンA、B、C、タンパク質、鉄分、葉酸を豊富に含むそうです。
繊維質も多く含んでいるので、腸内細菌のバランスを整えて活性酸素を減らし老化の防止、便秘や大腸がんの予防、視力、粘膜や皮膚の健康維持などに役立ちます。

クウシンサイの料理
日本国内でも沖縄県で従来より栽培されていたほか、九州などの温暖な地域で栽培が広がりつつあり、ヨウサイ栽培農家も増えている。消費者が入手または栽培するのも容易になりつつある。エスニック料理店や中華料理店でメニューに載ることも増えている。