育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 野菜・肥料・土

野菜・肥料・土

約42年間(2014年現在)、自宅近くの畑で、主に自家消費するだけの色々の野菜を栽培してきました。 ブログを書き始めた2006年あたりから、毎年試行錯誤でこれまでとは違った野菜作りをしています。成功のときもあれば失敗するときもあるので、そのときの様子を記しています。

サラダカボチャ「コリンキー」栽培記

サラダカボチャ栽培,コリンキーの料理

サラダカボチャ「コリンキー」と頂き物の「すくなかぼちゃ」?
2016-12-31
DSC_0040-2016-12-31-1.jpg

彼岸明けの日、薄く張った水の容器にコリンキーの種を一晩浸しておきました。
翌日、培養土を入れたビニールポットに2粒ずつまいたら、2週間過ぎたところで発芽しました。
2016-4-8
DSC_0220-2016-4-8-1.jpg


寒い日にはレジ袋で被いましたが、注意すべきは中が暑くなったときには上を開けておきます。
日中、留守にする場合は、レジ袋の上の結び目を緩くすると、熱気が抜けていい塩梅になります。
その結び目で温度調整をするというわけです (*^―^*)
この画像の場合は左側に結び目がありますが、通常は上で結んでいます。
春・秋に寒い時期に、早めに発芽させるときに、よくこの方法でしています。
2016-4-13
DSC_0227サラダカボチャ-2016-4-13-1.jpg


本葉が少し見えてきたとき、根を崩さずに1株ずつ分けました。
どうかと思いましたが、一方をカットするにはもったいない気がしたので慎重に分けました。
初めから1粒ずつまけばよかったですね。その時には2株あれば十分かと思ったものですから。
2016-4-13
DSC_0229サラダカボチャ-2016-4-13-1.jpg


カボチャは生長が早いですよ。もう本葉が黄色くなってしまって、根詰まりに近い状態かな・・
手前は発芽したばかりのオクラです。
コリンキー、オクラのどちらも欲しい人には徐々にあげています。
我が家でだめになっても、誰かがうまく育ててくれれば賞味できるかと・・・
2016-5-2
DSC_0181-2016-5-2-2.jpg


5-8 にひとまわり大きいポットに植え替えをしてあります。
2016-5-15
DSC_0103-2016-5-15-1.jpg


5-21 になってから、ようやく定植しました。
かなり遅くなってしまいましたが、合計4軒に苗をあげました。
・・
そして7月になり、もう弟からは収穫したコリンキーとショウガが届いています。
今年家庭菜園2年生の弟は、張り切っていて早め早めの管理で、なかなか上手に育てることができるのです。
40年以上は経つベテラン?の私は最近の足のケガで思うように動けず、大分遅れ気味や省略した管理になっています。
いわずがもや、収穫の出来高は歴然 (≧_≦)
でも弟には手伝ってもらって大分助かりました。↓これは2回目にもってきてくれたもの。
遊びにきていた娘の猫のつうちゃんが「このカボチャ変わっているね~」なんて言ったのを聞いたような・・?
2016-7-16
DSC_0066-2016-7-16-1.jpg


さて我が家のコリンキーは穴を掘って植えただけで、耕してもいない、石灰、肥料、腐葉土も無しです。
植えた当時はかなりいじけていたので、もう諦めてしまいました。
やがて、雌花が株元に付いたので、さすがにそれは摘み取りました。
いじけている上に実が付いたら、それで終わってしまいます。

でも10日ほど経ってから、肥料を少しだけ施したら見る間に勢いが出てきたのです。
滅多に来ない場所で、久しぶりに来てみたら、少しだけカボチャらしく育っていました。
右側にはルバーブが植えてあり、左奥には福来みかんや早生みかん、甘夏、柿4本植えてあります。
2016-7-18
DSC_0064◎-2016-7-18-1.jpg


そしてよく見たら、ナント嬉しいことに淡く色づいたコリンキーが、2個ほど実が付けていました。
若取りして食べるというけれど、もう収穫してもいいのか、もう少しおいたほうがいいのか・・・?
開花後10日前後、大きさ500~1,000gぐらいの未熟果を収穫すれば美味しいとのこと。
いつ開花したのかわからないので、もう少し色づいてからにしよう・・・
枯れ木は福来みかんを剪定し、置きっぱなしにしたもの。そこへコリンキーが這っていってしまったのです。
2016-7-18
DSC_0053-2016-7-18-1.jpg

このコリンキーは霜が降りるまで次々となってくれました。合計3回ほど追肥しました。
スタートが遅れた分だけ、遅くまで活躍してくれたのかな・・? 
伸びるに任せ、整枝は一度もしません。その方法でよいようです。
でも元々丈夫な体を持っているのでしょうね。こんなお粗末な栽培法でも、期待以上の収穫ですから。
最後のころは、ジャムにするため収穫しなかっので、皮がかなり赤くなっていました。(一番上の画像)
片親の加賀野菜「打木赤皮甘栗南瓜」にソックリ!
食味は落ちてもこの色はすばらしく何か利用できるかも・・

もちろんジャム作りもしましたが、年末のお餅つきで、最後の臼のときにコリンキーで色付けをしました。
結果、黄金に輝くすばらしいお餅ができましたよ。
2016-12-31
DSC_0036-2016-12-31-1.jpg

縁起が良いお餅のようで、光輝いています・・・  キラ*。・+(*゚∀゚*)+・。*キラ
いいことがある年になるといいな~  親戚、知人は少しずつでしたが、あげたら大喜びでしたよ。

****************


コリンキーの料理
和洋中の料理に利用できそうです。
◆若果実はレモン色で、皮ごと食べられるので、まずはサラダでお試しあれ!
  ドレッシングはお好みで。旅番組では酢味噌を勧めていました。

◆歯ざわりがよく、くせがないのでサラダのほかは浅漬け、ぬか漬けなどにも。
関連記事 サラダ感覚の簡単お漬物

コリンキーのお餅
コリンキー 適量
皮ごと細かくカットしたコリンキーを、(茹でる、蒸す、レンジでチン)などして、柔らかくしておきます。
つぶしておけばなお良いです。
お餅が大体6~7割ぐらいついたところで、柔らかくしたコリンキーを入れます。
これは色が薄かったので、再びコリンキーを入れたところです。
コリンキーをたくさん茹でて、好みの色に染まるまで調節するといいかも。
残ったコリンキーは何でも利用できますよ。
DSC_0033-2016-12-30-1.jpg


◆コリンキーのジャム
 砂糖や蜂蜜を加えてジャムにすると、色も綺麗で上品なカボチャの味で美味しかったです。

◆一般的なカボチャと同じ食べ方も
 コリンキーは薄く切って炒め物に使ったり、天ぷらやフライ、煮物などにして食べても美味しいです。

◆完熟したコリンキーをお味噌汁やカレーに入れましたが、それほど硬くなくて美味しかったですよ。
DSC_0031-2017-2-6-1.jpg

材料はコリンキーの薄切り、ネギの白みや青み部分をぶつ切りしたもの、パック入りの茹で大豆だけです。
たまたまお肉もなかったので、入れずに作りました。時間もかからないし、おいしかったですよ!

ソラレンを含む野菜や果物、含まない野菜や果物

ソラレンを含む野菜や果物,含まない野菜や果物

ソラレンを多く含む野菜・果物
紫外線を多く肌に吸収してしまうのは、柑橘系が多いです。
でも食べる時間帯を守れば、ビタミンCを多く含むので、お肌や美容に良い食べ物です。

レモン
オレンジ
ミカン
グレープフルーツ
キウイ
イチジク
アセロラ
スダチ

セリ科や香味野菜がソラレンを多く含んでいます。
セロリ
パセリ
アシタバ
大葉(紫蘇)
三つ葉
パクチー
コリアンダー
ジャガイモの芽、グリーンになった皮(中毒しやすいので、通常は食べませんが・・)
キュウリ
ブロッコリーの茎
ニンジン
クロレラ
春菊
野沢菜
そば粉

紫外線アレルギーの原因になるので、以上の野菜・果物は夕方前には摂らないようにします。
紫外線の感受性が高まると、照明などの可視光でもアレルギーになる人がいるそうです。

そのほかに日焼けによくないものは、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれた加工食品です。
加工食品は肌が日光に過敏に反応しシミができやすくなるといわれています。
安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能性があります。
また、アルコールを摂取したときや、体内にまだアルコールが残っている状態のときも日焼けしやすくなるといわれています。

::::::::::::::::::::::::::::::

ソラレンが少ない野菜や果物
時間帯は関係なく摂取できます。

リンゴ
スイカ
バナナ
イチゴ

ブドウ

大根
ごぼう
かぶ
かぼちゃ
ネギ
レタス
キャベツ
トマト

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記 

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)栽培記 2010年
2010年はクウシンサイを苗から畑に植え付けました
多分種でまいたであろうクウシンサイが1ポットに6本植えてありました。
1ポット6本のまま畑に植えました。
2010-5-22
IMG_5221-2010-5-22-1.jpg


植えてから間もないクウシンサイの2本が倒れているではありませんか!
2010-5-27
IMG_5440-5-27-1.jpg

ヨウサイ(クウシンサイ)(エンサイ)(朝顔菜)の育て方 栽培記
クウシンサイの栄養・クウシンサイ料理