育て方.jp|花、野菜の育て方など

庭づくり

ヒイラギナンテン 

ヒイラギナンテン,日本庭園,紅葉,黄色の花,紫色の果実

ヒイラギナンテン

IMG_4365-5-13-12.jpg
初夏のヒイラギナンテン(右)  2012-5-13
斜めにして植えた赤松も植えてからもう何年になるのかしら? 
玄関前の小さくても凝縮された日本庭園になっています。このあたりが一番好きな場所です。

ヒイラギナンテン
メギ科 ナンテン属
原産地 中国・台湾
ヒイラギナンテンは葉っぱがヒイラギ、実の付き方がナンテンに似ているためので、この名前が付きました。
原産は中国・台湾ということですが、日本庭園にも似合う木で、『難転』から縁起木としても人気があります。
あまり日の当たらない場所でもよく育つ常緑低木で、寄せて植えるとナンテン同様に生垣にもなります。
ヒイラギナンテン属 関連記事 
マホニア・コンフーサ
マホニア・チャリティー

紅葉しているヒイラギナンテン
上の画像と同じ場所ですが、我が家のヒイラギナンテンを義妹の庭に移植しました。
別の場所には黒松やワビスケなども。
義弟がサラリーマン時代からこつこつと造ったこの日本庭園。
庭づくりにじつに(2012年現在)20年もかけてほぼ完成しました。(まだ継続中・・

なんと樹木集め、通路の石敷き、水琴窟(すいきんくつ)作り、塀の外の石張りや塀の瓦の屋根までひとりでやってのけたのです!
さぞや我が家から引っ越したこれらの樹木たちも喜んでいるでしょう・・・
右側の落葉樹木はロウバイです。なかなか育ってくれないと嘆いていました。
※追記
我が家のロウバイは義弟に移植してもらってから数年経ちましたが、最近は勢いが付き過ぎて乱れるようになりました・・
関連記事 落葉樹「株立ロウバイ」の移植 
2012-3-16
IMGこの_1824◎2012-3-16-2.jpg


冬は日当たりのよいところで、我が家からのヒイラギナンテンはとても鮮やかに紅葉していました。
同じところでも紅葉はその年の天候によって大分違ってきます。
2012-3-16
IMG_1824-3-16-2.jpg


近所の家の門まわりに植えられている黒みがかった紅葉のヒイラギナンテン。
2009-1-17
DSC06732-1-17-1.jpg


ヒイラギナンテンは黄色の花を多数咲かせます。
葉は上部の枝に互生してつき、照り葉の先が尖っています。
2014-4-8
_DSC0057-2014-4-8-1.jpg


最初は白い果実ですが、徐々に紫色の果実になります。
2014-5-13
IMG_4341-5-13-1.jpg

ヒイラギナンテンは日本庭園には欠かせない樹木のひとつになっていますね。

大谷石 騒動

大谷石,

大谷石

大谷石は栃木県宇都宮市で採れる石として有名です。
くすんだ白っぽい色で、茶色の斑点が特徴的で味わい深い雰囲気があります。
このあたり(つくば市)では主に塀として使われていますが、飛び石、アプローチに使っても趣がありいいな・・・と思っていました。
とれる場所によって色の違いがあるようです。憧れの石です。

そうこうしているうちにあの東日本の大震災が起こりました。
震災から一年後のこと、崩壊した大谷石があるのでいらないかといわれました。
私は二つ返事でもらいましたよ o^□^o

大谷石を購入したら、それこそかなりの金額になると思います。
ホクホクして喜んでいたら、なんということでしょう!
一年ほど経ったある日、旦那がお酒の席で友人にあげるといってしまったそうです。

夢だった大谷石の敷石が露となって消えてしまったのです  。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
私にしたらそれはそれは大ショックですよ。夫婦間の深い溝ができてしまいましたね。
こんな旦那はもう要らない・・・という気分です o(`Д´*)oプンスカプンプン!


ただ大谷石は敷石にすると、黒ずんでくると思います。
塀でも雨水が伝わるところは黒ずんでくるので、それがイヤなかたは向かないかな。
その黒ずんだのがいい味と思う人にとっては、是非使いたい資材かと思います。

まだ我が家に大谷石は積んでありますが、どうしたものか・・・
そのかたにわけを話し、あげる約束をなかったことにしたほうがいいのかな。
そのかたにお話をすることに躊躇している奥ゆかしい私なのであります。

ボーダーガーデン(境栽花壇)

ボーダーガーデン,シェードガーデン,花壇造り

ボーダーガーデンとは、イングリッシュガーデンの代表的な庭園スタイルのひとつです。
塀やフェンスなど境界線に沿って、草花や樹木などを配した帯状に細長い花壇のことです。
背の低い種類から背の高い植物へと立体的に植物を植えるので境栽花壇とも言います。
庭を表情豊かな自然な風景になるように配置するので、いろいろな種類の樹木や草花を楽しむことができます。

門から玄関に続くアプローチの両側
一方から鑑賞するタイプは背の高い植物は後ろに植栽し、手前には草丈の低い植物を配置していくのが基本です。

でも中央に幅がなく高さがある樹木を植えて、左右の奥に小型から中型の植物を植えても自然風の立体感が出てきて、いい雰囲気になります。
個人的には生け花を参考にすると、奥深いボーダーガーデンができると思います。
私は生け花は(も・・かな)中途半端で終わってしまいましたが、それでも樹木の剪定やら植栽方法にその美的センスが多少は生かされていると思います。
英国のボーダーガーデンと日本の生け花・・・全く違うようでも美的センスは相通じるものがあると思います・・・

両側がオープンになっているボーダーガーデン
基本的に背の高いものを中央に植え、両側にある通路側には丈の低い植物を植えます。
でもその通りに植えると、自然な雰囲気が損なわれるので、少し部分的に変化を持たせるといいのでは・・・
あくまでも素人の個人的な考えですが・・・

狭いボーダーガーデンなら、花の色を少なくするだけでスッキリとまとまります。
草花だけでは花の季節が終わるとまた別の草花を植えるということになり、花壇をきれいな状態で維持するのもなかなか大変です。
色々な葉物や球根類、多年草を上手に利用すると管理が楽になります。
草花を植えるスペースには、季節の草花のほかに花期が長い草花を使うという方法もあります。
広いボーダーガーデンなら草花、葉物、球根類、多年草、樹木のほかに果樹を取り入れると、四季折々の移りゆく季節を楽しむことができます。

英国のボーダーガーデンをそっくり真似しても、高温多湿になる日本では植物によっては過酷な環境です。
適応した植物を植えることが失敗しない一歩かと思います。
まずは昔からその地域にある植物や丈夫な植物などを多く取り入れてみたらいかがでしょうか。
イングリッシュガーデンを夢みているかたにとっては・・・?でしょうが。


2015年の我が家のボーダーガーデン花壇
奥行きが約1,8メートル、植栽幅50メートルの細長ボーダーガーデンです。
左側は家屋があり、砂利があるところが車の通路になっています。
手前に車庫があればよかったものを・・・この右の狭いところが花壇というわけです。
奥行きが約1,8メートルしかないのですから、少ない知識でのデザインは限られてきます。