育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 庭づくり > ボーダーガーデン(境栽花壇)

ボーダーガーデン(境栽花壇)

ボーダーガーデン,シェードガーデン,花壇造り

ボーダーガーデンとは、イングリッシュガーデンの代表的な庭園スタイルのひとつです。
塀やフェンスなど境界線に沿って、草花や樹木などを配した帯状に細長い花壇のことです。
背の低い種類から背の高い植物へと立体的に植物を植えるので境栽花壇とも言います。
庭を表情豊かな自然な風景になるように配置するので、いろいろな種類の樹木や草花を楽しむことができます。

門から玄関に続くアプローチの両側
一方から鑑賞するタイプは背の高い植物は後ろに植栽し、手前には草丈の低い植物を配置していくのが基本です。

でも中央に幅がなく高さがある樹木を植えて、左右の奥に小型から中型の植物を植えても自然風の立体感が出てきて、いい雰囲気になります。
個人的には生け花を参考にすると、奥深いボーダーガーデンができると思います。
私は生け花は(も・・かな)中途半端で終わってしまいましたが、それでも樹木の剪定やら植栽方法にその美的センスが多少は生かされていると思います。
英国のボーダーガーデンと日本の生け花・・・全く違うようでも美的センスは相通じるものがあると思います・・・

両側がオープンになっているボーダーガーデン
基本的に背の高いものを中央に植え、両側にある通路側には丈の低い植物を植えます。
でもその通りに植えると、自然な雰囲気が損なわれるので、少し部分的に変化を持たせるといいのでは・・・
あくまでも素人の個人的な考えですが・・・

狭いボーダーガーデンなら、花の色を少なくするだけでスッキリとまとまります。
草花だけでは花の季節が終わるとまた別の草花を植えるということになり、花壇をきれいな状態で維持するのもなかなか大変です。
色々な葉物や球根類、多年草を上手に利用すると管理が楽になります。
草花を植えるスペースには、季節の草花のほかに花期が長い草花を使うという方法もあります。
広いボーダーガーデンなら草花、葉物、球根類、多年草、樹木のほかに果樹を取り入れると、四季折々の移りゆく季節を楽しむことができます。

英国のボーダーガーデンをそっくり真似しても、高温多湿になる日本では植物によっては過酷な環境です。
適応した植物を植えることが失敗しない一歩かと思います。
まずは昔からその地域にある植物や丈夫な植物などを多く取り入れてみたらいかがでしょうか。
イングリッシュガーデンを夢みているかたにとっては・・・?でしょうが。


2015年の我が家のボーダーガーデン花壇
奥行きが約1,8メートル、植栽幅50メートルの細長ボーダーガーデンです。
左側は家屋があり、砂利があるところが車の通路になっています。
手前に車庫があればよかったものを・・・この右の狭いところが花壇というわけです。
奥行きが約1,8メートルしかないのですから、少ない知識でのデザインは限られてきます。


ケガのために2~3年ほど手入れをしなかった、我が家のボーダーガーデン花壇です。
手前の花はカノコユリです。球根なので、毎年同じところから出てきます。
2015-8-6
DSC_0072◎-2015-8-6-5.jpg


少し進んだところからの様子です。上の画像の1本目はロウバイで、2本目はハナユズです。
↓そこを過ぎたところからの画像です。
手前の花はこぼれ種のルドベキアと青シソハナミズキの株元には赤い実のヒペリカムや赤紫の葉のメギがあります。
その他にホリホック、アナベル、シランホスタハナニラシュンラン、エビネなど多種類の草花や山野草があります。
関連記事 シェードガーデン(日陰の庭)
最近は樹木も大きくなってきたので、半日蔭に適した多年草が多くなりました。
足のケガで手入れできず、ほとんどほったらかし状態でもまぁなんとか・・・本当にこのシェードガーデンの庭で助かりました。
2015-7-18
DSC_0334◎-2015-7-18-1.jpg


上の画像で奥にある傘仕立てのキンキャラの辺りとここルドベキアの花が咲いているところが唯一日の当たる花壇です。
毎年ここの日当たりの良いところに一年草を中心に草花類を植えています。
関連記事 
・この花壇の移り変わり製作中
ボーダーガーデン関連記事 ・リクニス(コロナリア)とばあちゃんのボーダーガーデン

ここはキンキャラのところですが、ときにはカラーリーフ中心の花壇だったり・・・セダム中心だったり・・
「アカプルコゴールド」 春夏秋冬画像
2008-9-28
DSC05457-10-2-3.jpg

最近はホワイトとブルーの花壇や冬越しした観葉植物やハイビスカスやプルメリアを植えて夏の花壇を楽しんだりしています。


狭いところですが、ここだけは変化を楽しむ花壇にしたいと思っています。
これでセンスがあればステキな空間になるのでしょうが・・・
でも自分で楽しければと居直り、ウキウキと婆ちゃんガーデナーとして花壇造りに勤しんでいます。
好きなことを思い切り楽しむ・・・私のモットーです ┗(`・∀・´)ヨッシャ! キマった・・?

スポンサーリンク