育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹 > オウゴンキャラ(キンキャラ)の育て方 剪定

オウゴンキャラ(キンキャラ)の育て方 剪定

オウゴンキャラ,キンキャラ,剪定,移植

剪定前のオウゴンキャラ(キンキャラ)

剪定前のオウゴンキャラ(キンキャラ)  2007年5月
左にもう1本あっったのですが、距離が近く2本で1本のようになっていました。
移植は難しいと聞き、断念して3年前に左のキンキャラを切りました。


なお畑で15年感ぐらい育てていたキンキャラはまだ若いし柔らかな土だったので移植しました。
これは実家に植えたのですが、植え付け後は小さく刈り込んでおき、2~3年経ったら畑に植えてあったときより大きくなりました。筑波石を並べてから、土盛りをしてそこへキンキャラを植えてあります。


オウゴンキャラ(キンキャラ)
オウゴンキャラ(キンキャラ)とはイチイの変異種「キャラボク(伽羅木)」の新梢が黄金葉になる園芸品種ですが、キャラボクより更にコンパクトな樹形です。
金伽羅(キンキャラ)、黄金伽羅木(オウゴンキャラボク)、金芽伽羅木ともいいますが、このあたりではキンキャラといっています。
キンキャラは枝は横に広がりやすく、樹高は1m弱ぐらいです。
枝が横に伸びる性質なので剪定しないとかなり幅をとるようになります。


キンキャラは木の姿が整えやすいので庭木にしたりまたは生垣にします。
このあたりではキンキャラは筑波石と組み合わせているのが多いように見受けられます。

関連記事 庭づくり 生垣の役目 生垣の画像

キンキャラはは日当たりがよいほど、新梢が黄金葉になるようです。
陰になっているところでは黄金色というより黄緑色になっています。

これはさし木をして何年も畑で育てている近所のキンキャラです。
2010-6-8
IMG_5948-2010-6-8-1.jpg

イチイには葉、幹、種子には毒性の強いアルカロイド系のタキシンというものが含まれているそうです。
イチイの変種であるキンキャラにはどうなのかしら?  
もし含まれていても葉を食べる人っているのかしら? キンキャラの種子はまだ見たことがありません。


キンキャラの育て方
耐暑性や耐寒性に優れています。 ◆場所   保水・排水ともに良い過湿にならないように栽培します。 植え付けのときは腐葉土や堆肥などをすき込んでおきます。

◆肥料
施肥しなくても栽培は可能ですが、やせた土地の場合は寒肥を施します。
寒肥は有機物(油粕など)を施します。

◆剪定
新梢が出る前や新梢が固まった夏は弱剪定(整姿)をして、晩秋から初冬に剪定をします。
2月に行なったのですが、強く剪定してもキンキャラは大丈夫でした。


下は我が家のキンキャラです。小さな苗を植えてから40年経ちます。
考えてみれば私より早くこの家に来たのです。先輩なのです。
でもキンキャラは生長がゆっくりですね・・ 縦の生長ではなく、横の生長だからそう感じるのかな?
年に1~2度しか剪定をしませんが、他の庭木に比べると低い位置での剪定だから楽です。
春には目が覚める黄金色になって手入れもむずかしくなく、キンキャラは我が家にとっては最高の庭木です。


キンキャラはいま流行のコニファーの部類にはいるのでしょうね。
キンキャラは我が家で植えた40年前から流行始まり、ず~っと人気があるのもうなずけます。


キンキャラの剪定 2-23

キンキャラの剪定 2008/2-23

通路にのびている枝が邪魔になり、大きく剪定しました。
1/3ぐらい切ったかと思うほどの大剪定でした。
キンキャラをノコギリで切ったときに堅い木だと感じました。
径5cmぐらいの細い枝でもなかなかスンナリとはいきませんでした。
子供のころからノコギリで木を切るのが好きで何種類ものの木は切ってきましたが、堅いほうだと思います。生長の遅い木は堅くなるのでしょうか?


キンキャラの剪定 

東から見ると不恰好になってしまいました。
今まで丸く剪定していたので中の枝は葉が全然ありませんでした。



 キンキャラの剪定 2-23

西から見るとまぁまぁの格好です。2~3年かけて気長にまた剪定するつもり。



5月のキンキャラ 5-11

5月になるとこのような感じになりました。
キンキャラのすぐ東はミヤコワスレの花が咲いています。
ちょうど昼からキンキャラの木が陰になって涼しくなり、ミヤコワスレには快適な環境のようです。
キンキャラのすぐ下にはブルンネラ・ジャックフロストコクリュウが植えてあります。
ブルンネラ・ジャックフロストはどこか別のところに移植し、コクリュウを殖やすつもりです。
キンキャラとコクリュウはなかなかイイ感じのコンビだと思うけど・・・


◆病害虫
参考書にはやや病害虫が発生しやい傾向があるので低温の冬季に石灰硫黄合剤を一度散布とありますが、我が家では今まで病害虫の被害はありません。したがって消毒は1回もしたことがありません。

 

スポンサーリンク