育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 観葉植物(コケ類・シダ類。グラス類など含)

観葉植物(コケ類・シダ類。グラス類など含)



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
室内の観葉植物だけではなく、葉がきれいな植物も含まれています。

プルメリア栽培記  育て方・管理

プルメリア栽培記, 育て方・管理,

我が家(つくば市)のプルメリアは長女からもらったもので品種はわかりません。
関連記事 熱帯花木 プルメリア

育て方もよくわからないまま真冬でも出窓に置いたままで管理。
そこは日中はよく日が当たるので気温が上がるのですが、夜間は暖房なしでかなり冷え込むと思います。
冬は葉は落ちてしまいましたが、6月になると新芽が出てきました。
品種によって耐寒の温度が違うかもしれませんね。
プルメリアは南国の花なので、冬の間は休眠状態になるとのことです。
2014-6-8
_DSC0012-2014-6-8-1.jpg

2014年初夏~秋までは鉢植えのまま軒下で管理していましたが、とうとう花が咲きませんでした。
日光不足? 夏は軒下はそれほど直射日光が当たりません。明るい日蔭程度です。
または肥料不足? 液肥はほんの少しだけだったかもしれません。


*******************************


プルメリア栽培記 2015年
鉢植えだと水の管理も面倒だし、夏の間だけ花壇に植えることにしました。
植えてから1ヶ月過ぎたところです。
左上からコニファー・フィリフェラオーレア、ブロックスに絡まっているピンクの葉はハツユキカズラ、右端の白い花は宿根フロックスです。
左下はユーホルビア・地中海スパージウールフェニー?かな。
黄色の葉はサルビア・ゴールデンデリシャス、手前右側の細長葉はこの後に畑に植え替えたコバルトセージです。
2015-7-18
DSC_0346-2015-7-18-1.jpg


上の画像ではわかりませんが、よくみるとつぼみがあります!
2015-7-18
DSC_0345-2015-7-18-1.jpg


つぼみも徐々に大きくなっています。この様子ではたくさん花を咲かせてくれそうですね (^ー^* )
2015-7-29
DSC_0025-2015-7-29-1.jpg


\(o⌒∇⌒o)/ 待ちに待っていたプルメリアの花はいい匂い ・:*♪:.:♪*:・'
関連記事 香りのよい花木
2015-8-12
DSC_0052-2015-8-12-1.jpg

庭植えにした場合は、根づいてしまえば特に水やりをする必要はないとのことですが、ついつい水やりをマメにしていました。
プルメリアは乾燥に強いとのことです。


黄色~オレンジ赤の微妙なグラデーションがすばらしい (* ̄∇ ̄*)
2015-8-18
DSC_0031◎-2015-8-18-2.jpg


ハイビスカスと。鉢植えの花と違い、大きく咲いたプルメリアの花。
よいのかどうかわかりませんが、化成肥料をパラパラとマメにまいていました。
2015-8-18
DSC_0033-2015-8-18-1.jpg


初めて我が家で咲いた記念の花なので、落ちてからもチャワンバスの容器に入れたりして楽しみました。
水は汚れていましたが・・・
2015-8-18
DSC_0043-2015-8-18-1.jpg


8月中旬のプルメリアのまわりの花壇の様子です。
プルメリアと赤のハイビスカス・・・ハワイとは縁がない私ですが、南国気分を味わいました
2015-8-19
DSC_0059-2015-8-19-1.jpg

その後も次々に咲き続き、9月初めの最後の花まで楽しませてくれていました。

日暮れ時なので、暗く写っています・・・
庭植えにしたプルメリアの株は手でウントコショと引っ張って抜きました。ハイビスカスも一緒です。
水をマメに与えたせいか根があまり張っていませんでした。
お陰で抜くのは簡単でしたが、育て方としては乾燥気味ということなので×だったのでしょう。
通常庭植えにした場合は、10月中に掘り上げ室内の明るい場所で冬越しさせるとのことです。
我が家では遅かった感もあります。
2015-11-26 15時43分
DSC_0006-2015-11-26-1.jpg

プルメリアの株を新聞紙に包んでからバケツに入れて玄関に置き、翌日になってから花の培養土を入れた鉢に植えました。
そのとき水をたっぷり与えましたが、必要なかったかも。その後、葉は全部取れてしまいましたから。
長い棒のようなままのプルメリアを息子の仕事場に置いて、水なしで越冬させました。
こちらのほうが夜遅くまで暖房が付いているのでいいかなと思ったわけです。

翌2016年初夏になって芽が出たので、再び花壇に植えました。
昨年同様ハイビスカス2種と一緒です。
それほど大事にしたわけではないのに、プルメリアとハイビスカスは思いのほか丈夫です。
今度は3つに枝分かれしたプルメリア・・・昨年の3倍は咲くかな・・?

丈が高くなり過ぎた感があるので、今度は低く整えないと・・・
大きくなりすぎた株は、室内に取り込む前の9月~10月に切り戻しを行うといいらしい・・・
または間のびしていたり、先端が枯れている場合は、冬越し後の春に好みの位置で切り戻しをしてもいいそうです。

でも切り戻しをすると新たな芽が出ますが、すぐには開花を望めないらしいです。
だったら毎年行なわずに大きくなりすぎたときにだけ切り戻しを行ったほうがいいですね。
その場合には切り口に保護剤を塗っておくとよいとのこと。
この次は切り戻しをしないと、高くなりすぎて花が見えないかもしれませんね・・・

****************


プルメリアの育て方
◆場所
日光がよく当たる場所で育ててください。

◆用土(鉢植え)  
水はけのよい用土が適します
・市販の観葉植物用培養土
・または赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土など。

◆水やり
鉢土の表面が乾いてから水を与えます。
過湿にすると徒長しやすく、また根腐れを起こしやすいので、水の与えすぎに注意します。
特に冬は乾かし気味に管理します。葉が落ちてからは全く与えなくても大丈夫です。

◆肥料  
植え付けや植え替えの際には緩効性肥料を混ぜ込んで植えつけます。
春から秋の成育期にはリン酸がやや多めの液肥や置き肥を規定量施します。

◆病害虫
・病気は特になし。
・害虫
カイガラムシ、アブラムシ、ハダニ
葉や茎にカイガラムシ、ハダニなど、蕾などにアブラムシが発生することがあります。

◆植え替え  
2~3年に1回は、植え替えを行います。根詰まりすると生育が衰え、花つきが悪くなります。

◆切り戻し
樹高が高くなった場合など。

◆ふやし方
さし木
5月~9月にかけて、枝を2節ほど切ってさし穂とします。
さし木する際は、切り口から白い樹液が出るので、液をよく洗い流してからさします。
なお、葉や枝を切ったときに出る白い樹液は有毒なので皮膚に触れないように注意してください。

◆冬越し方法
この品種は下記のようで大丈夫でした。
1)最初の年は早めに取り込み、出窓に置く。真冬に10日の一度ぐらいの割合で水やりをした。
2)次の年は上に書いてある通りです。

アイビー(ヘデラ)の浮き花アレンジ

水盤に花を浮かべる,アイビー(ヘデラ),浮き花アレンジ,

水盤に花を浮かべてアイビー(ヘデラ)の浮き花アレンジ
アイスランドポピーアグロステンマが入っています。
2007-5-20
DSC02629-19-5-20-2.jpg

庭や畑に植えてある草花で自己流フラワーアレンジメントをしています。↓
・バラの花のフラワーアレンジ(自己流)    
・ 菊(キク)の花のフラワーアレンジ

上のアイビー(ヘデラ)はそのままで,、バラ(名前不明)、ヤグルマギクが入っています。
アイビー(ヘデラ)は2種類入っています。
2007-5-26
DSC02804-19-5-26-1.jpg
※上と同じアレンジが自己流フラワーアレンジメントの中にもあります。


バラ「アイスバーグ」と黄とオレンジの名前不明のバラ、アイビー、アグロステンマなどが入っています。
2007-5-20
DSC02632-19-5 20-2.jpg


コケ植物 キンシゴケ?

コケ植物,キンシゴケ,金の糸,蒴柄

キンシゴケ?
2013-1-30
DSC_0015◎キンシゴケ?-2013-1-30.jpg

キンシゴケ
生育地 裸地 
分布 日本全土

長い茎のようなものを蒴柄(さくへい)というそうですが、まるで金の糸のように
細く長いことからキンシゴケという名になったとか。

植木畑の日の当たる場所にありました。
あまりりにきれいだったので、庭のロウバイのところに植えました。
もっと日の当たるところのほうがよかったかも。
ロウバイやホスタが大きくなり、キンシゴケが日蔭になってしまいました。
数年のちに消滅してしまいました。
2013-1-30
DSC_0017◎-2013-1-30-1.jpg

間違っていたらごめんなさい! コメント欄にご教示ください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11