育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 観葉(グラス)植物・多肉植物

観葉(グラス)植物・多肉植物



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
室内の観葉植物だけではなく、花より葉がきれいな植物と多肉植物になっています。

観葉植物 葉の洗浄剤「リーフクリン」

観葉植物,葉の汚れ,葉の洗浄剤,リーフクリン,モンステラ,ホコリ,光沢,

観葉植物の葉の汚れや埃が気になってきて、園芸センターに行ったときに「リーフクリン」(住友化学園芸)という葉の洗浄剤を入手しました。
汚れを落とすだけでなく、埃もつきにくくなるそうで、葉の光沢剤も兼ねているという優れモノです。
スプレーすると、ほとんどの観葉植物がいきいきと輝きだし、ホコリが2週間以上つきにくくなるとのことです。

まずは、こちらから・・・
どんどん新しい葉っぱを出して、成長を続けるウチのモンステラ
10月に入ってからも新葉が伸びてきました。
1枚の葉の面積が広いので、埃がすぐにたまり、1枚ずつ水ぶきするのが結構大変でした。
画像 モンステラ
観葉植物(リーフクリン-2.jpg


ドキドキしながら、葉っぱにシューっと吹きつけて待つこと数分。
まるで店頭で売られているもののようなテカテカした光沢感!
画像 モンステラ
観葉植物(リーフクリン-3.jpg


葉に光沢があるだけで、活き活きと見えますね。
画像 モンステラ
観葉植物(リーフクリン-4.jpg


さて次は、ハイドロカルチャーだったものを最近土植えにしたストレリチア・ニコライ(オーガスタ)。
ディープグリーンが印象的ですが、やはり埃や水あかがついてしまいます。
画像 ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)
観葉植物(リーフクリン-5.jpg


こちらにも、シューっと吹きつけてみました。
画像では分かりづらいかもしれませんが・・・きれいなディープグリーンが復活!
画像 ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)
観葉植物(リーフクリン-6.jpg


そして、こちらはポトスです。
カイガラムシが発生していて、毎日の格闘の末、根絶したものと思われますが、
カイガラムシ特有の白っぽいものとか水あかなどがついていて、なんとなくくすんでいました。
画像 ポトス
観葉植物(リーフクリン-7.jpg


全体的にシューっと吹きつけてみると・・・ くすみがとれてクリアな葉色になりました。
画像 ポトス
観葉植物(リーフクリン-8.jpg


その他、ペペロミア・グリーンゴールド、シェフレラなどにも試してみました。
画像 ペペロミア・グリーンゴールドとシェフレラ
観葉植物(リーフクリン-9.jpg


ちょっとわかりにくいですが、実際見ると一目瞭然。テカテカ輝いています。
画像 ペペロミア・グリーンゴールドとシェフレラ
観葉植物(リーフクリン-10.jpg


葉の洗浄剤「リーフクリン」は、本当に便利ですね。
無臭だし、べとつきもありません。植物への害もほぼないとのことです。

ただし、このリーフクリンは、葉の表面がツルツル系のものにしか使えません。
多肉類の汚れも気になっているのですが、多肉には使えないようです。
園芸センターの人に確認したところ、植物は葉の裏側で呼吸しているので、裏側への吹きつけてはNGとのこと。

水で希釈して散布するタイプや外国製もあるようです。
葉の洗浄剤は葉が柔らかいもの(幼葉)は避けたほうがよいようです。

木立ベコニア ヴェノーサ

木立ベコニア,ヴェノーサ,肉厚の葉,産毛

ヴェノーサ
2012-10-28
DSC_0118ヴェノーサ-2012-10-28-1.jpg


初めて見る珍しい植物を発見! なんだろう~
「木立ベコニア ヴェノーサ」とありました。こんなベコニアがあったんだ・・・

帰ってからネットで調べたら「ヴェノーサ」の原産地はブラジルだそうです。
ベコニアもたくさんの種類がありますね。最近は覚えきれないほどです。
2012-10-28
DSC_0119ヴェノーサ-2012-10-28-1.jpg


肉厚の葉の表裏のどちらにも産毛が生えています。
どんな花が咲くのでしょう?
案外花は小さく、その肉厚の葉を観賞するだけかも?
それとも意に反し、すばらしい花が咲くのでしょうか。
未知の花に期待し、いまかいまかと待っているのも楽しいかもしれませんね。
2012-10-28
DSC_0118ヴェノーサ-2012-10-28-2.jpg

観葉植物 モンステラ

観葉植物,モンステラ,気根,つるが伸びる,切れ込みや穴ができる

モンステラ
サトイモ科 モンステラ属
原産地:熱帯アメリカ

引っ越したばかりの娘のマンションの観葉植物のモンステラです。
まず最初はこのモンステラ1鉢と数種類の観葉植物を購入したそうです。やはりグリーンがなければ味気ないと思ったそうです。
モンステラはつるが伸びる植物ですが、生長するにつれて葉に深い切れ込みや穴ができます。
2011-8-14
IMG_5507-2011-8-14-1.jpg


モンステラの葉が開きはじまったところ。
2013-8-17
_DSC0046-2013-8-17-1.jpg


同じ切れ込みや穴はふたつとないぐらい変化に富んでいます。その葉を見比べても面白いものです。
6-20
IMG_6696-6-20-1.jpg

再び行ったときにはビックリしました。いろいろなモンステラが部屋中にいっぱいあるのです。
まずはカーテンの模様がモンステラ。それに殖えた本物のモンステラがこの2鉢とベランダに2鉢。
2013-9-7
_DSC0054モンステラづくし-2013-9-7-1.jpg


カーペットもモンステラの大きな模様です。
2013-9-7
_DSC0058-2013-9-7-1.jpg


キッチンの敷物もモンステラ模様。
2013-9-7
_DSC0061-2013-9-7-1.jpg


小テーブルもモンステラ模様。
2013-9-7
_DSC0059-2013-9-7-1.jpg


その小テーブルに載せたトレーも、モンステラ模様。
2013-9-7
_DSC0060-2013-9-7-1.jpg


数年前に友人からもらった、手作りのハワイアンキルトのクッションカバーにも、モンステラ模様。
2013-9-7
_DSC0057-2013-9-7-1.jpg


ハワイアンキルトは初めてみましたが、1針1針丁寧に縫ってあったので感激しました。
いまは出来上がっている製品を手っ取り早く購入してしまいがちですが、手作りはやはり想いが込められているのがわかります。
2013-9-7
_DSC0057-2013-9-7-2.jpg


壁にもモンステラの模様の小物が下がっていました。
2013-9-7
_DSC0055-2013-9-7-1.jpg


こちらにも小さなモンステラの模様。
どうしてこんなにモンステラに凝ってしまったんでしょうね・・・
2013-9-7
_DSC0056-2013-9-7-1.jpg


現在(2014年春)、株わけしたモンステラは3鉢とも我が家にあり、玄関で無事冬越しできました。
シクラメンが冬越しできるところなら大丈夫みたいですね。
モンステラは薄暗いジャングルに生息するため、直射日光を嫌い、乾燥にもまあまあ強いといいます。
またモンステラは生長が進むと茎が木質化して、気根(空気中に伸ばす根)をたくさん出します。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11