育て方.jp|花、野菜の育て方など

黒リュウ(コクリュウ)の育て方

黒竜(コクリュウ),株分け

庭の黒竜(コクリュウ)

庭の黒竜(コクリュウ)

黒リュウ(オオバジャノヒゲ) 
学 名   Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'
科 名   スズラン科(ユリ科) ジャノヒゲ属
耐寒性常緑多年草
原産地   日本
草 丈   20~30cm
開花期   6~8月

黒竜(コクリュウ)は光沢のある黒の葉色が美しいリュウノヒゲの仲間です。
日本庭園の下草としてもいいし、また洋風の庭にも合うのではと思っています。
黒竜(コクリュウ)はモダンな雰囲気でもあるので、いろいろな植物と組み合わせられます。
日なたや半日陰どちらもに植えられし、積雪にも耐えます。
急な斜面の被覆用やロックガーデンの材料にも用いられているようです。
耐寒性、耐暑性、耐雨性、耐乾性が強く、年間を通して植え付け可能です。

植え付け後はほとんど手間がかかりません。
我家の黒リュウ(コクリュウ)は地植えのほうは半日陰と日なた両方に植えてあります。
やや半日陰に植えたほうがコクリュウがのびのびしているような気がします。

シェードガーデン(日陰の庭)にある黒リュウ(コクリュウ)。
2008-4-26
DSC02832◎-2008-4-26-2.jpg


黒竜(コクリュウ)のふやし方
このようにランナーが出てきます。株元より離れたところに根付きます。
2011-6-18
IMG_2974◎-6-18-1.jpg


また黒竜(コクリュウ)は株元が殖えてくるので、株分けによりふやすことができます。
2008-6-4
黒竜(コクリュウ)株分け 6-4

3株に分けようとして、下の1本は簡単に分けられたのですが上の部分が根が絡まって分けることができない。
↓上の部分の根を洗い、じっくりと絡まった毛糸を解くようにしたら、根を切らずにきれいに分けられた。

黒竜(コクリュウ)の株分け


↓黒竜(コクリュウ)株元はこんなふうになっています。分けるのが大変でした。 
下の白くなっている部分は切れてしまった後。取れたコクリュウは根っこが付いていませでした。
2008-6-4
 黒竜(コクリュウ)株元 6-4


あきらめないで鹿沼土に挿しておいたらどのくらい経ったか忘れましたが、根っこが1本だけ出てきました。このコクリュウはその後ポリポットに植え替え、その後また日当たりの良すぎる畑に植え替えられ、育ちが悪いので再度畑の2時間ぐらい朝日の当たる場所に植え替えました。
2008-6-10
DSC04365-1.jpg

そうしたら最後の場所は大変居心地が良いらしく2009年6月現在で、子株が2~3本出てきました。


おまけの画像
露地植えにしてあるコクリュウに霜が降りた朝の画像。
2008-12-10
DSC06531-12-10-4.jpg
黒と白の世界
予想以上によく写っていたので、ものすごく嬉しい気持ちになった瞬間です。
一眼レフのデジタルはまだ使いこなせなく、いつも娘のデジタルカメラで・・・
2008-12-10
DSC06531-12-10-3.jpg


※追記
2018年1月11日のあさイチで霜の写真をインスタなどで流行だしたといっていました。
この写真よりさらにアップにするとすごくきれいです。
携帯でも100均などにあるスマート用のマクロレンズを付けるときれいにアップできるそうです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このころになるといっぱいふえてきたので、あちこちに植えてあります。
黒リュウ(コクリュウ)の入った寄せ植えも作りました。
コクリュウの寄せ植え
2012-5-31
IMG_5655◎-2012-5-31-1.jpg


犬走りのところに芝を植えていたのですが、全部剥がして石を並べ、黒リュウと八重咲ベコニア、ユーフォルビア・ダイアモンドフロストを植えてみました。
2012-6-15
IMG_6367◎-2012-6-15-1.jpg

現在、この場所は多肉植物のセダムなどに占領されています。
もちろん黒リュウも端のほうで、殖えもせず減りもせず頑張っています。
グランドカバー セダムと猫


わかりづらいですが、黒リュウの薄紫の花です。
2012-6-15
IMG_6812-6-22-1.jpg


別の花壇でも年々少しずつは殖えている黒リュウですが、爆発的には殖えないです。
大事にしていますと言いつつ肥料は植えてから全然施していません。
これではいけない育て方ですね。今度は春と秋にやってみます・・

スポンサーリンク