育て方.jp|花、野菜の育て方など

庭づくり

リシマキア・シューティングスター 管理・育て方

リシマキア・シューティングスター,管理・育て方,葉と花の色,黄色い花

夏のリシマキア・シューティングスター
2015-7-13
DSC_0189-2015-7-13-2.jpg


リシマキア・シューティングスター
サクラソウ科オカトラノオ属(リシマキア属)
常緑多年草

リシマキアは、世界には約200種が分布し、茎が直立するものと匍匐(ホフク)するものがあるそうです。
リシマキア・シューティングスターはミッドナイトサンの枝変わりとのことです。
我が家には長年育てているレモン色のリシマキア・ヌンムラリアオーレアがありますが、その色違いバージョンといったところでしょうか?
横に広がりながら生長するタイプで、庭のグランドカバーとしても利用できそうです。
リシマキア・シューティングスターは銅葉の葉が特徴的で、不規則にピンクの斑が入り、シックでおしゃれな雰囲気があります。
なお直立するものは胴葉のリシマキア・ファイアークラッカーがそうかと思います。
畑のバラのまわりに昨年植えたシックでおしゃれな葉と花のリシマキア・ボジョレーも今年2016年の楽しみになっています。

5月~6月頃に咲くリシマキア・シューティングスターの星型の黄色い花はとても小さいけれど美しいです。
リシマキア・ヌンムラリアオーレアの花と葉は同じような色なので目立たず、うっかり見過ごしてしまいがちです。
でもリシマキア・シューティングスターは葉色が濃いので黄色の花がとても目立ちます。
花の咲く時期は胴葉より深いグリーンに近いですが・・・
2015-6-8
DSC_0053-2015-6-8-2.jpg

庭のグランドカバープランツや寄せ植えに、ハンギング仕立てにすればその特徴が生かせます。
伸びすぎたら、適宜に刈り込んで形を整えてください。
性質も暑さ寒さに強く育て易い品種で、葉色も季節ごとに違うので周年楽しむことができます。

2014-8-29
_DSC0106-2014-8-29-1.jpg

冬は葉が枯れますが、春になると新芽が出てきますよ。
枯れたと思って根を撤去しないように


リシマキア・シューティングスターの育て方
日当たりのよい場所で、少し湿り気がある所を好み、水辺などでもよく育ちます。
とても丈夫な植物なので、植えてからは形を整えるほかは手間要らずです。
場所などを変えるときの撤去も簡単ですし・・・

モグラ対策あれこれ

モグラ,アシナガコガネムシの幼虫, イカの塩辛, ミミズ, モグラ対策, 花壇

モグラ
家から近い畑際でモグラが横たわっていた。もちろん既に死んでいました。
我が家の猫が捕ったのだろうか?
以前は畑にいるときには、夕方になるとモコモコと土が動く時にチョッカイ出していました。
捕ったところは見たことはありませんが、モグラを捕まえて庭まで持ってきたことはあります。
猫は獲物を捕らえたときは飼い主に褒(ほ)めて貰えたいのでしょう・・

DSC09015-1.jpg

モグラの硬くて鋭い長い爪。これで土を掘っているのですね。

DSC09015-2.jpg

モグラのとがった鼻
目はちょっと見ではどこにあるのかわからない。暗闇生活なのでほとんど必要なしか?

DSC09015-3.jpg


つくば市は日本一の芝の生産地。
つくば市関連記事 チューリップの育て方 つくば市は良いところ

芝の根を食べるアシナガコガネ。その幼虫を食べるモグラはアシナガコガネの天敵なのです。
ありがたいようですが、芝の生産農家にとっては一概に喜べないのです。
関連記事 
アシナガコガネ


↓これはまだ栽培途中の芝ですが、モグラは冬に活動が目立ちます。

DSC00939-2008-12-.JPG


出荷直前の春。防虫対策をしていないととんでもない目に遭います。
芝を切る段階になってから芝の根が少なくなったのに気づきます。ほとんど根がないときもあります。
さらにアシナガコガネムシの幼虫(サナギ?)を求めてモグラが右往左往するので、芝がボロボロと崩れてしまって、束がまとまらなくなってしまうのです。

芝ばかりではありません。モグラは野菜や草花のまわりにもミミズを求めて右往左往します。
我が家ではぼかし肥料や米ぬかを畑に施すためミミズが多く、モグラがそのミミズをねらってやってきます。
モグラのねぐらは多分、畑の境になっている桑の株の下かと思っているのですが・・・
片側は芝栽培、我が家の畑のほうは野菜や草花、果樹、バラなどの混色栽培をしています。
消毒無しで有機栽培している畑ほどミミズがたくさんいて、モグラが繁殖するわけです。


花壇やその中にあるブルーベリーの株の下もよくモグラの穴道があります。
そこに水遣りをしても、水がモグラの穴に入ってしまうので根に回りません。
もぐらの嫌う音波を発生するというステンレス製の筒状の器械を土中に埋めておいたりもしました。
効果があったとは思いますが、電池が切れたままにしておいたら、またモグラが入ってきてしまいました。
現在は器械は弟のブルーベリー畑に貸し出してあります。

その後は花壇にはトイレットペーパーの筒を半分にカットし、その中にイカの塩辛を入れて花壇のモグラ道に入れておきました。
6個ぐらい入れておいたのですが、置きっぱなしにしておき、イカの塩辛を食べたかどうかは確かめてはいません。
イカの塩辛はモグラの好物らしく、でも塩辛いので食べると死んでしまうらしいのです。
それからはモグラの土盛りが全くないので、もしかしたら効果があったのかもしれません。
現在モグラが花壇にいるかどうかはまだわからない状況です。土盛りはありません。

2015年は畑にバラを植えたのですが、まわりをモグラによって荒らされたので、根が浮き上がってしまい、2株枯れてしまいました。
そんなわけで畑でもう一度イカの塩辛を試してみたいと思います。

そのほかのモグラ対策は彼岸花も効果があるようです。リコリンという物質があるそうですが、モグラ対策によいそうです。
畑に彼岸花を数種植えてありますが、まだそれほどは株数がないので効果のほどはわかりません。
リコリンという物質は雑草に対し抑制する作用があるそうですが、キク科の植物を強く抑制し、イネ科には弱いらしいです。
彼岸花のまわりではキク科の野菜は作れませんね。注意しないと・・・・

その他に直接モグラを捕る型のいろいろなモグラ捕り器が販売されています。
経験では仕掛けるところはよくモグラが通るモグラ道。土を盛ってあるところは案外捕れることが少ない。

スティパ・アランディ

スティパ・アランディ,イネ科,葉物だけの花壇,カラーリーフガーデン

スティパ・アランディ
今年はこの花壇は葉っぱだけ。カラーリーフの花壇です。
2011-8-27
IMG_5702-2011-8-27-2.jpg
中央はスティパ・アランディ。はっきりした名前がわかりません。スティパ・アランティかもしれません。
左側はコリウスと大葉シロタエギク、奥の赤い茎の植物はケイトウ「レッドスティック」、
右側の幅広く長い葉はニューサイラン、グランドカバーになっているのはセダム「アカプルコゴールド」です。
関連記事 シロタエギク(白妙菊)の四季の移り変わりの画像 シロタエギクの種類と育て方
スティパ・アランディ
イネ科 スティパ属

もう少し引いてみると手前の銅葉のオキザリス「トリアングラリス紫の舞」があり、左手前には2種類のタイムがあります。
奥のカンナみたいな幅広の葉は紫ウコン(ガジュツ)です。
スティパ・アランディは金色に光っています。銅葉のカラーリーフが多いので、まるでスティパ・アランディにスポットが当たっているようです。
2011-8-27
IMG_5698-2011-8-27-1.jpg


スティパ・アランディは秋になっても全然殖えませんね・・
コリウスは秋になると一段と冴えた色になってきます。
ケイトウ「レッドスティック」は高く育ちすぎて倒れてしまいました。
2011-9-26
IMG_7156-2011-9-26-1.jpg

2011-10-16
IMG_8224-2011-10-16-1.jpg


:::::::::::


翌年の雪の日のスティパ・アランディ。枯れた色になっています。耐寒性はどうなのか?
2012-2-17
IMG_1282-2-17-2.jpg


葉を刈り取らずにそのままにしたら、なんかグリーンが現れてきました。
このあとは寄せ植えに使おうと掘りあげ鉢に植えてあったのですが、さてどうなったかは定かではありません。
年はとりたくありませんね・・・
葉物だけの花壇、シックなカラーリーフガーデンをもっと自然風に作りたいです。
2012-4-1
IMG_2225-2012-4-1-1.jpg