育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹

花木・樹木・果樹

我が家の庭や畑にある花木・樹木・果樹でしたが、身近にあるよく見かけるものも追加しました。 造園のかたや深い知識がある義弟の協力、自分でもネットや本で相当調べていまが、間違っていたらごめんなさい。

バラ  ベルベティ・トワイライト?

バラ,ベルベティ・トワイライト,吉谷桂子さん,オマージュ,

ベルベティ・トワイライト?
2012-5-14
IMG_4532ベルベティ・トワイライト?-2012-5-14-1.jpg

これは2012年の国際バラとガーデニングショウで撮った画像です。
名前不明で早4年が経過。ようやくこれかなと思うバラを見つけました。
多分、間違いがないと思いますが、まだ出来立てホヤホヤのバラだったんですね・・

バラ  ベルベティ・トワイライト データ
フロリバンダ(FL)半直立性
四季咲きで早咲き性 一輪もしくは数輪の房咲き 花径8cm
咲き始めは波状弁カップ咲きで、ロゼット咲きへと変化
花弁は、厚くしっかりとしていて、雨でもほとんど傷みませんとあり、栽培側には(゚∇^d) good♪
光沢のあるパープル系の花色は、開花後にブルーイングをして深みのある紫色に変化
作出  2010年 河合伸志 日本 
香り ダマスク系の強い香り
樹勢 強い
花保ち、花付きともに良い。満開になるとロゼット咲きに変化し、中心にボタン・アイが現れる。

ガーデン&プロダクトデザイナーの吉谷桂子さんへのオマージュで、ベルベティ・トワイライトの名前は吉谷さん自身が命名されたとか。

バラの名前を捧げてもらえるなんて最高ですね (*' '*)いいなぁ...
でもそれだけ尊敬されているお仕事ぶりやお人柄なのでしょう・・・

オマージュがわからなくて調べたら、尊敬とか敬意の意味がありました。
最近になって思うことは高校までの英語はいったいなんだったのでしょう・・・?
難しい文法などを一生懸命習って、結局何の役にも立ちませんでした。
長い間そういう環境にいたせいもありますが・・・
高校を卒業して早50年・・・あれから40年はとうに過ぎてしまいました。

現在の環境といえばここはつくば市の片隅ですが、畑では実に国際色に溢れていますよ。
まず隣に家に住んでいるのはラオスからの人たち、前の畑では中国の人たち、近所の芝造園はカンボジアからの人たちが働いています。
若いので、すぐに日本がが上達しているようです。
あれ、バラからなんでこういう話になってしまったのかな ?(゚_。)?

バラ  ラバグルト

バラ,ラバグルト,フロリブンダ系,四季咲き,中輪,黒味がかった赤

ラバグルト 
2015-6-15
DSC_0076-2015-6-15-1.jpg


バラ  ラバグルト データ
樹形:フロリブンダ系(FL)半横張り性
四季咲き 中輪 丸弁平咲きの半八重 
花 ビロードの光沢で濃い赤色
開花時期:5~11月
別名:フォルム。
作出:1978年 コルデス ドイツ
香り:微香
樹高:1~1.5m
強健

とても花保ちがよいのが特徴で切花にもよいかと思います。
畑でもこのきれいな状態でしばらく鑑賞できました。
ラバグルトの意味は「灼熱の溶岩」ということで、真っ赤に焼けた溶岩のイメージなのでしょう。
黒味がかった赤で、黒バラの色に近いかも知れません。

最近はこの真っ赤なバラばかり集めています。そのわけは・・・
つくば市は日本一の芝生の産地なので、芝の根が好物のアシナガコガネ(コガネムシの一種)の被害が甚大なのです。
特に淡い色のバラの被害が多く、不思議なことに赤はほとんどありません。
なので必然的に赤だけをせっせと植えることになってしまいます。
2015-6-20
DSC_0037-2915-6-20-1.jpg


真夏でもたくさんの花が咲いています。夏のほうがやや黒みが薄くなっているかも。
夏のバラは、通常は樹勢が弱くならないようにつぼみや花は摘んでしまいますが・・・
2015-8-27
DSC_0049-2015-8-27-1.jpg


秋も遅くまで咲いていて、初冬にはつぼみもたくさん付きました。霜が降りてダメになってしまいましたが・・・
ケイトウの赤や黄色に負けてしまい、ラバグルトが目立ちませんね。
どちらも雑草の中に一生懸命に咲いています。
畑は足のケガで2年間畑荒れ放題になってしまいました。
2015-10-21
DSC_0023-2015-10-21-1.jpg

ピンクノウゼンカズラ(ポドラネア・リカソリアナ)

ピンクノウゼンカズラ,ポドラネア・リカソリアナ,つる性,冬越し

ピンクノウゼンカズラ

DSC_0008-2015-8-22-1.jpg

ピンクノウゼンカズラをゲット。正式名はポドラネア・リカソリアナというらしい。
淡いピンクの花が咲きます。黄色やピンク、花の大きい園芸品種もあるとのことです。
一般的なノウゼンカズラは橙色というかオレンジです。夏の花というイメージがあります。
アメリカノウゼンカズラという小ぶりの品種もあり、最近はホームセンターで見かけます。

2015年はノウゼンカズラ科のピンクの可愛い花が咲く インカビレア・ピンクフェアリーも育てました。
寄せ植えにしましたが、よかったですよ。

ピンクノウゼンカズラ(ポドラネア・リカソリアナ)
ノウゼンカズラ科 ポドラネア属
原産 南アフリカ
常緑蔓性低木
栽培適地:東北以南

ピンクノウゼンカズラ(ポドラネア・リカソリアナ)はノウゼンカズラ同様につる性ですが、インカビレア・ピンクフェアリーは草花といった感じです。

ピンクノウゼンカズラの冬越し
ピンク系のものは寒さに弱いらしく、暖地以外の露地植えには寒さから保護する必要があります。
地上部が枯れても、翌年は根から新芽を出して夏には開花するようになるとことです。

茨城県つくば市に住んでいますが、軒下で入手した鉢植えのまま無事に一冬を越しました。
とりあえず2016年は一回り大きい鉢に植え替えて、鉢植えで育ててみるつもりです。