育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹

花木・樹木・果樹

我が家の庭や畑にある花木・樹木・果樹でしたが、身近にあるよく見かけるものも追加しました。 造園のかたや深い知識がある義弟の協力、自分でもネットや本で相当調べていまが、間違っていたらごめんなさい。

オリーブの寄せ植え コンテナ(プランター)栽培記

オリーブの寄せ植え,コンテナ(プランター),マンザニロ,ミッション,ネバディロブロンコ

我が家では2012年に3本のオリーブを入手。
左から赤いポットがマンザニロ、黒いポットがミッション、白いポットがネバディロブロンコです。 
これでオリーブの寄せ植えをしたいと思っています。
関連記事 
オリーブの育て方 庭植え
鉢植えのオリーブの育て方

2012-10-30
DSC_0016白ネバディロブロンコ 赤マンザニロ 黒ミッション-2012-10-30-1.jpg

ヒペリカム 2

ヒペリカム,つぼみと花,赤い実,フラワーアレンジ,剪定,切り戻し,うどん粉病になりやすい

その後のヒペリカム 2010~2015年

IMG_7583-2012-7-3-1.jpg
関連記事 
ヒペリカム さし木と育て方の画像
ヒペリカム「ゴールドフォーム」栽培記

2010年のヒペリカム
昨年の枝をそのままにしていたために、枝の上部分から出ている新枝。
後にわかったことですが、株元からバッサリ切り戻してもよかったみたい・・・
2010-5-8
IMG_4274-2010-5-8-1.jpg


そのままでもほどよい高さに育ち、つぼみもいっぱい出てきました。
幅はかなりあるのですが、奥行きがない我が家の庭。
ブロック塀と通路までヒペリカムの枝が花壇いっぱいに広がっています。
我が家のボーダーガーデン(境栽花壇)

株元にはリシマキア・ヌンムラリアオーレア、奥にある黄色いのグランドカバーはセダム・アカプルコゴールドです。
細長の葉はパンパスグラスで、その手前なので見えませんがトウテイランがあります。
関連記事 トウテイラン(洞庭藍)の育て方 トウテイランの受難
2010-6-9
IMG_5960-2010-6-9-3.jpg


ヒペリカムのつぼみと花。
2010-6-17
IMG_6637-2010-6-17-1.jpg


これは色がまだ薄いですが、きれいに発色したら枝ごと切るとアレンジなどに使うことができます。
2010-6-25
IMG_7351-6-25-2.jpg


最初の花が咲いたときから一ヶ月でヒペリカムの実が残っているのに新枝が出てきました。
こぼれ種から毎年レドベキアの花が咲きます。
2010-7-17
IMG_8806-2010-7-17-2.jpg


なので、急いでカットしてアレンジしないと色がぼやけてしまいます。
新枝が出ているので、実の部分の枝は少ししかありません。

2010-7-19
IMG_8991-2010-7-19-1.jpg


****************

2011年のヒペリカム
東日本大震災のあった年です。
我が家でも屋根瓦がほとんど落ちてしまい、ブロック塀、室内なども被害がかなりありました。
庭や畑の写真を撮る余裕はありませんでした。
右下の黄色の葉はコリウスで、左上にはツワブキシュウメイギクがあります。
※2014年春にはここにオオスズメの女王が来てウロウロしていました。
巣作りを検討していたみたいでしたが、幸い適していなかったらしくどこかに飛んでいってしまいました(ホッ
ピンボケですが、そのときの様子 庭にいたオオスズメの女王

2011-8-14
IMG_5471-8-14-2.jpg


7月には恐ろしげな毛虫も発生。これは最近我が家のまわりで多く見かけるようになったナシケンモンです。
関連記事 虫が苦手なかた注意! ナシケンモン 製作中
2011-7-26
IMG_4588-2011-7-26-2.jpg


ヒペリカムの熟した実。まいたら発芽しました!
でも同じ実ができるとは限らないので、お粗末にしてしまい枯れてしまいました。
2011-9-10
IMG_6311-2011-9-10-1.jpg


****************

2012年のヒペリカム
ヒペリカムの花が咲く頃は梅雨の時期・・・
シェードガーデン(日陰の庭)の西側に植えてありますが、この時期は草木が繁茂してきます。
初夏は色々な花も咲き、葉っぱもみずみずしく艶があり、最も好きな季節です。
2012-6-13
IMG_6257◎-6-13-2.jpg


ヒペリカムの実。たくさん付いた赤い実はなかなかきれいなものです
大震災で3段ほど崩れてしまったブロック塀が痛々しいです。
ここはどれほどのグランドカバーが植えてあるか・・・ぎっしりと隙間無く蔓延っているので白絹病も発生してしまいました。
※この後、石灰を多めに散布したら2015年現在は発生していません。
植えたわけではないのですが、青紫蘇もこぼれ種から毎年困るくらい出ています。
右側には塀に気根を出してよじ登っている名前不詳のツルマサキらしいものがあります。
2012-7-3
IMG_7581◎◎-2012-7-3-2.jpg


左下の銅葉のメギも覆われてしまいそう・・・
2012-7-13
IMG_7999-2012-7-13-2.jpg


****************


2013年のヒペリカム
冬には寒肥をしておきます。この年は初めて元から剪定しました。
そしてこの年は足の怪我もありました。ますます手入れができませんでした。
2013-4-11
_DSC0020-2013-4-11-1.jpg


収穫?が遅れて色あせてしまったヒペリカムの実。
2013-7-7
_DSC0173-2013-7-7-1.jpg


****************

2014年のヒペリカム
株元から切り戻ししたばかりのヒペリカム。株が徐々に増えています。
2014-3-17
_DSC0165-2014-3-17-1.jpg


相変わらずごちゃごちゃしたヒペリカムの周辺です。塀際にある白い花は宿根フロックスです。
フロックスはうどん粉病になりやすく、殺菌剤が欠かせませんでしたが、天敵のお陰?で現在は殺菌剤無しです。
本当に自然の営みとは不思議なことです。
関連記事 キイロテントウと「うどんこ病」 虫に学ぶ知恵
2014-7-20
_DSC0028◎-2014-7-20-1.jpg


****************

2015年のヒペリカム
ヒペリカムは昨年と同じで変わり映えがしませんが、メギは剪定したのでこじんまりとまとまっています。
ヒペリカムは丈夫でそれほど病虫害がありません。一本あるとフラワーアレンジや花びんに飾っても心豊かになれます (*⌒ー⌒*)
2015-7-13
DSC_0183-2015-7-13-1.jpg


****************

2016年のヒペリカム

今年もヒペリカムは昨年と同じで変わり映えがしません。
でもまわりの白いフロックスやゆり「カサブランカ」の白や赤の花がきれいに咲いています。
2016-7-20
DSC_0025-2016-7-20-1.jpg


一番果がきれいなうちに切り取るといいのですが、つい実をつけたままにしてしまいます。
晴れた日に撮ったのと白に花と一緒だったからなのか、暗い感じのヒペリカムになってしまいました。
2016-7-20
DSC_0025-2016-7-20-2.jpg

椿 清正

椿,清正,唐子咲き,

椿 清正 2014-3-1
_DSC0089清正公-2014-3-1-1.jpg

花弁が数枚反り返っていて、唐子弁も外側に向かって放射状に広がっています。
花弁より唐子弁に特徴があり、とても目立っていますね。
通常はセンテッド・ジェム仙人卜伴、日光のように唐子弁は中心に密集するものが多いです。
花色が朱紅色とありますが、これは濃いピンクに写っています。


椿 清正
ツバキ科 ツバキ属
耐寒性常緑小高木
花色 朱紅色
花形 唐子咲き
花の大きさ 中大輪
栽培適地 東北地方以南
産地 熊本