育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 動物(虫・鳥・猫など) > ユウマダラエダシャクの幼虫

ユウマダラエダシャクの幼虫

ユウマダラエダシャク,幼虫,シャクガ科,黒地に黄模様,マサキ,ウメエダシャク,苦手な虫

ユウマダラエダシャクの幼虫

シャクガ科エダシャク亜科Abraxas属
分布:北海道~沖縄の日本、朝鮮、中国の平地や人家の庭など
活動期  春(5~7月)秋(9~10月) 
全長(前翅長) 20~25mm 
開張  40~45mm 
食草  ニシキギ科:マサキ、コマユミ、ツルマサキなど

成虫はこちら ユウマダラエダシャク(成虫)

2012-7-3
IMG_7488-2012-7-3-3.jpg

シャクトリムシやイモムシ系は子供の頃は一番苦手な虫でした。
今でも苦手ですが、写真を撮ったり、その画像を見られるほど慣れてきました。自分でも信じられないほどの進歩です。最初は鳥肌が立ちますが、とにかく見続けること・・・でしょうか。

※どうしても虫の苦手なひとはこれより下は見ないほうがよろしいかと・・・

ある幼虫が我が家の塀に沿わせて植えてあるつる性のマサキに似た葉をかなり食べ尽くしていた。マサキと黒地に黄模様の虫で検索したらこの虫「ユウマダラエダシャク」にヒットした。多分、これで正解かと思いますが・・・

※庭の梅の木にユウマダラエダシャクにそっくりな幼虫ウメエダシャクが時々出現します。

2012-7-3
IMG_7484-2012-7-3-1.jpg


触れるか触れないかのときにポロリと下に落ちてしまった。
ユウマダラエダシャクの幼虫は危険を察するとすぐ落ちるようです。
2012-7-3
IMG_7487-2012-7-3-1.jpg


ユウマダラエダシャクの幼虫は、震災で壊れたブロック塀には1匹だけいました。
下の方をみたら小さなマサキの一種に6~7匹以上はいたでしょうか・・・
そのまま今日は放置してしまったので、明日はきっとかなり葉っぱが食べられているでしょうね。
2012-7-3
IMG_7488-2012-7-3-2.jpg


スポンサーリンク