育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 球根・多年草 > チオノドクサの育て方

チオノドクサの育て方

チオノドクサ,球根ユキゲユリ,雪解百合,雪の輝き

DSC02308-4-1.JPG
チオノドクサ・ギガンティア

チオノドクサ
ユリ科:チオノドクサ属
原産地:地中海東部小アジア


チオノドクサは「雪の輝き」という意味で、ユキゲユリ「雪解百合」とも呼ばれ、草丈が低く小さなかわいい花を咲かせます。
我が家のチオノドクサの開花は3月下旬~4月上旬で、紫がかったブルーの花が咲きます。草たけは6~8cmしかありません。ほかにピンク・ホワイトの花色があるとのことです。
DSC02041-3-21-1.jpg


チオノドクサの育て方
◆ 植えつけ:9月上~10月下旬

◆地植え
自生するのは高山なので耐寒性があり、半日陰でも花を咲かせます。
暑さにはやや弱いので、夏涼しい落葉樹の下などに植えると最適で、球根もふえるし手間要らずです。
チオノドクサは水はけの良い土壌を好みますが、地植えの場合は肥料もほとんど必要ありません。

◆鉢植え
鉢土が乾いてから水やりをします。
肥料は液肥を規定の倍率に薄め、水やりを兼ねてときどき与えます。花後にはカリ成分を多く含む液肥や化成肥料あるいは草木灰などを施します。(球根を太らせる)

◆夏は休眠します。休眠中は水や肥料は与えません。

◆来年の花が咲くために、葉は必要なので、花が終わっても葉は切らないようにします。


チオノドクサ開花寸前の様子
クロッカスとの混植なので白の筋の葉はチオノドクサではありません。
DSC02151-3-24-2.jpg


チオノドクサの花(チオノドクサ・ギガンティア)
チオノドクサ 4-1


DSC02273-4-1-1.jpg


鉢植えもいいけど耐寒性のある球根を地植えにすると毎年季節を感じる楽しみができます。そう考えて地植えにしたような記憶がありますが、現在は行方不明になってしまいでもました。
春になるときっとどこかでひょっこり芽をだしてくれるしょう。

スポンサーリンク