育て方.jp|花、野菜の育て方など

アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ

ハーブ・タイムの花に止まっていたアオモンイトトンボ
細長の体で、名の由来のようにまさに糸のようなトンボで、これまではうまく撮れたことがありませんでした。
目立たないために見逃してしまいがちですが、タイムの花をアップして撮ろうと構えたら偶然にいたというわけです。
2017-7-27
DSC_0104◎-2017-7-27-1.jpg


アオモンイトトンボは体長30mm前後のイトトンボ。
オスのお尻の部分に青い(水色)の紋があり名前の由来となっています。
同じ「アオモンイトトンボ属」のアジアイトトンボというのもいてよく似ているそうです。
見分け方は第8、9節が青いのがアオモンイトトンボで、アジアイトトンボは第9、10節が青いとのことです。

アオモンイトトンボの未成熟なメスは胸部が鮮やかなオレンジ色をしているそうです。
↓しばらく前に撮ったものですが、これが未成熟なメスなのかしら?
成熟すると褐色になり、中にはオスと見分けがつかないような黄緑色の個体もいるそうです。
2009-8-26
DSC05011-8-26.JPG


上と同じ個体。
2009-8-26
DSC05012-8-26.JPG


上より4年後の偶然にも同じ日付ですが、このイトトンボはアオモンイトトンボとは違うのかしら?
2013-8-26
_DSC0022カランコエに-1.jpg

似たもののたくさんいる昆虫の世界・・・ 間違っていたらごめんなさい m(_ _)m

スポンサーリンク