育て方.jp|花、野菜の育て方など

クサカゲロウの幼虫

クサカゲロウ,優曇華の花,うどんげのはな,卵,幼虫アブラム,ハダニ,天敵

IMG_6804-1.jpg
アブラムシの天敵 クサカゲロウ
するどい大きな顎(あご)でアブラムシやハダニなど捕食します。
天敵関連記事
テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
ヒラタアブ類

さて昨年種をまいて育てていた鉢植えのハボタンです。 5/27

IMG_5423-2.jpg


このハボタンは何年も踊り葉牡丹にしていましたが、今回で終わりにしようと殺虫剤を撒かないで放置していました。
そうしたらアブラムシ類がまたたく間に増えてしまって、たくさんのアブラムシが気持ちが悪いほど付いていまったのです。

IMG_6221-6-12-1.jpg


さらに放置したらクサカゲロウの卵が産み付けられています。優曇華の花(うどんげのはな)ともいわれています。
アブラムシがたくさんいるところではよくクサカゲロウの卵が産み付けられています。

6-15
IMG_6514-6-15-1.jpg


孵化した後かもしれません。
IMG_6515-6-18-1.jpg


バラの葉にもよく付いているクサカゲロウの卵

IMG_6037-1.jpg


クサカゲロウの幼虫は今まで見たことがありませんでしたが、今回初めてハボタンの放置でめぐり合うことができました!

アブラムシを食事中のクサカゲロウの幼虫。クサカゲロウはアブラムシの天敵なのです。
中には体の回りにゴミをしょっているタイプもあるようです。このタイプは何も身に着けていません。

IMG_6547-1.jpg


ムシャムシャとお食事中かな・・・かなり大食漢らしくアブラムシがすぐにいなくなってしまうのです。

IMG_6619-1.jpg



クサカゲロウの幼虫の腰あたりがコブがあるようになっていて湾曲してます。

IMG_6944.JPG


IMG_6688-1.jpg


6-18
IMG_6812-6-18-1.jpg


IMG_6725-1.jpg


IMG_6712-6-18-1.jpg


これは同じところにいたクサカゲロウらしき幼虫。弱齢期?
茶色のクサカゲロウとは同じ種類かどうかはわかりません。

IMG_6814-6-18-1.jpg


これはまた別のタイプのクサカゲロウ。
左はキイロテントウの蛹。
IMG_7763-2.jpg

クサカゲロウの幼虫はあれほどのアブラムシをわずか数匹で食べつくしてしまいます!
アブラムシにとってはおそるべき天敵なのです。
クサカゲロウの成虫の画像はありませんが撮れたときにはアップします。

スポンサーリンク