育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹 > マホニア・コンフーサ

マホニア・コンフーサ

マホニア・コンフーサ,細葉ヒイラギナンテン,業平柊南天,常緑,和風、洋風,庭,黄色い花

マホニア・コンフーサ
メギ科 ヒイラギナンテン(マホニア)属
原産地: 中国
常緑低木

2012-10-30
DSC_マホニア・コンフーサ0034-2012-10-30-1.jpg


マホニア・コンフューサはヒイラギナンテンの仲間です。
最初は細葉ヒイラギナンテンかと思いましたが、ナリヒラ・コンフューサ(業平柊南天)に近いかもしれません。
マホニア・チャリティーはよく見かけますが、マホニア・コンフーサを見たのははじめてです。即ゲット!
※追記 ナリヒラ・コンフューサはマホニア・コンフューサの園芸品種だそうです。(ネットにて)
でも我が家のはマホニア・コンフューサかナリヒラ・コンフューサかは少し疑問が残ります。
(最近、正しい名前のネームプレートでないのもありますから・・)

これは購入したばかりのマホニア・コンフーサですが、棘(トゲ)はなく柔らかな細い葉です。膨らんだつぼみがあります。
2012-10-30
DSC_マホニア・コンフーサ0034-2012-10-30-2.jpg


ほどなくマホニア・コンフーサの黄色い花が咲き始まりました。
花の時期はマホニア・チャリティーが真冬の12~2月頃に咲くのに対し、コンフーサは1ヶ月ほど早く咲きます。。
2012-11-3
DSC_0005-2012-11-3-1.jpg


秋~冬も紅葉はしないで、チャリティー同様に常緑のままでいました。
日向でも日陰でも育ちますが、適湿な場所を好み、乾燥させると葉が黄ばんでくるそうです。
枝が込み合ったときは剪定を行って通風をよくするとのことです。

いずれは庭に植えるつもりですが、数年はコンテナ(プランター)に植えておくつもりです。
強い日差しに気を付けなければならないので、どこにおきましょうか・・・
和風、洋風のどちらの庭にも似合う植物らしいので、寄せ植えや庭、花壇でも気楽に楽しめそうです。

翌年(2013年)のマホニア・コンフーサです。
新葉が展開しています。低木とありますが、伸びがいいような気がします。
ネットで見たら2メートルぐらいに(別のサイトでは1メートルとも)になるようです。
いずれにせよ低木らしくもう少し高くなるチャリティーとは違います。
観葉植物みたいにしてあるのもあるし・・・種類がたくさんあるのかしら?
2013-6-5
マホニア・コンフーサ-2013-6-5-1.jpg


マホニア・コンフーサとヒューケラ(ツボサンゴ)、カレックス (ベアグラス)との寄せ植えです。
花も咲いています。
2013-10-23
_DSC0099-2013-10-23-1.jpg


2014年のマホニア・コンフーサ
地際から3本出てきたので、合わせて4本の株立ちになりました。
2014-9-14
_DSC0044-2014-9-14-3.jpg


2015年のマホニア・コンフーサ
今年は地植えにしようと思います。毎年少しだけ高くなっています。
2015-5-10
DSC_0031露地植えに-2015-5-10-1.jpg


2016年のマホニア・コンフーサ
地植えにして1年が過ぎましたが、それほど高くなっていないマホニア・コンフーサです。
入手したときのままで、剪定も何もしていません。手間が全くかからない樹木だと思います。
これからの管理は地際から出ている枝が、うるさくなってきたらカットするだけかな・・・?
よそで見たマホニア・コンフーサも、そこだけがモジャモジャとしていて樹高は低いままでした。
2016-4-3
DSC_0024-2016-4-3-1.jpg

スポンサーリンク