育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 草花   ア~サ行 > ★コレオプシス 「ハルシャギク」 (ライムロック ドリーム?)

★コレオプシス 「ハルシャギク」 (ライムロック ドリーム?)

コレオプシス,ハルシャギク,ジャノメソウ,ライムロック ドリーム

DSC04273-7-8-5.jpg
2008/7/8
コスモスに似ている花で、赤(ピンク)と黄色の混じりで、離れて見るとオレンジにも見えます。  

友人からのプレゼントで品種が分かりません。
春にはこんな色で、 現在咲いている色とは違って紫がかった赤です。チョコレートコスモスにも似ています。
2008/5-1
春のコレオプシス・ライムロック ドリーム 5-1.jpg


苗の状態の時にどこかで見たような?と思っていたのですが、花の咲くころになって葉の形がだんだん細くなりコレオプシスに似ているのに気がつきました。
調べてみるとどうやらコレオプシス・ライムロック ドリームかも?
名前が分からないでモヤモヤしていますが、私の中ではコレオプシス・ライムロック ドリームということにしておきます。
ウリドリーム サンセットとかトロピカルレモネードなど似たような品種がありますが・・・

花壇のライムロック ドリームは6月から徐々に咲き始め、7月に入ったら満開の状態でとってもきれい!
コレオプシス(コレオプシス・ライムロック ドリーム?)の径3~4cmの小さな花。春も数個は咲いていたのですが、ここにきて一斉に開花。
2008/7/8
花壇のコレオプシス


コレオプシス(コレオプシス・ライムロック ドリームの花。ライムロックドリームは複雑な色合いですね。
2008/7/8
宿根草花で一度植えれば何年も育ち、年々株が大きくなっていくそうです。
コレオプシスの花 7-8


秋になるとやっぱり赤くなってきます。後で画像を見たときには、別種かと思いましたが、季節で色変わりするのかな・・?
2008/10-23
DSC05803-10-23-2.jpg


ピンチしたものはさし芽もできます。いっぱいさし芽をしてふやすと、翌年はお花畑にすることができます。
2008/11-5
DSC06015-2008-11-5-1.jpg


コレオプシス 多くの品種があるようです。
キク科 ハルシャギク属(コレオプシス属)
多年草 品種によっては一年草
花期:6月~10月。

このコレオプシス・ライムロック ドリームの育て方もが分からないので、一応花壇に植えてぼかし肥料を少々と時折液体肥料を規定に薄めて与えていました。
でも見事に開花したのでこの育て方でよかったみたい。場所は日当りがよく水はけ、水もちのよいところです。
調べると暑さに強く、初夏から晩秋まで長期に渡り開花し、耐寒性も強く非常に丈夫な宿根草ですと紹介されています。
満開なのでもう終わりかと思っていたのですが、まだまだこれからも咲くみたい・・・
本当に晩秋まで咲いたらこれはおすすめです!
これだけ花が咲くのですから、植え付け時に緩行性化成肥料を入れるといいのではないかと思います。
それと随時肥料切れにならないようにすれば、多分ず~っと咲いていてくれると思いますが・・・

■コレオプシスの剪定
ただいま草丈は40cm~50cmになっています。
花が咲き続けるのですからそのままにしておくと今の花の位置より高いところにまた花が咲くことになります。
ですから最終的には倒れて横になって伸びる形になるのでしょう。
秋まで咲くのでしたら、小型とはいえきりなく伸びるということでしょうか? 初めてなのでどうなるか・・・

さてこれから私はこんなふうに管理していこうと思います。
梅雨時、うどんこ病に注意します。茂り過ぎると発生するので風通しをよくし、コンパクトにするため半分ぐらいバッサリとカットします。
それにもちろん花後の花がらは時々摘んでいきます。
タネができるかどうかは分かりませんが、そのままだと見苦しいしもしタネができたら花が咲かなくなってしまいますから・・・

下のコレオプシス「オオキンケイギク」は一部雑草化して問題になっていますが、ライムロック ドリームの場合はどうでしょうか?
関連記事
特定外来生物 オオキンケイギク
緑肥植物 ヘアリーベッチ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::


毎年こぼれ種で生えるこちらのコレオプシス(ジャノメギク)↓は草丈が高く根が浅く張っているので支柱をしなければ倒れてしまいます。
支柱も軟弱では支柱ごと一緒に倒れてしまうのです。
苗のうちに花壇の後方に植えなおすのですが、花壇では肥沃なため伸びすぎてしまいます。
我家のこのタイプのコレオプシスは2mにもなってしまうのです。
ジャノメギクもオオキンケイギクのようにたくさんのタネができて発芽率もいいのでしょうね・・・

コレオプシス(ジャノメギク)
秋(春)播き一年草
原産:北米西部
別名:ジャノメソウ(蛇目草)、ジャノメギク、ハルシャギク(波斯) 
花期:6月~7月

2012-7-2
IMG_7256-2012-7-2.jpg 


花の大きさは5~6cmで、舌状花になっていて先端側が黄色で基部が紅褐色。
蛇の目模様に見えることから、ジャノメギクの別名があります。ジャノメギクがわかりやすくていいですね。
各地の空き地で群生しているらしいのですが、たくさんのタネができて発芽率もいいのでしょうね・・・
2012-7-1
IMG_7252-2012-7-1-1.jpg


イトバハルシャギクもコレオプシスの仲間です。宿根コウモスの別名があります。
2株もらったすごく殖えてしまったので、それ以後は鉢植えにしています。
コレオプシス関連記事 
イトバハルシャギク (宿根コスモス)
夏~秋の寄せ植え(コレオプシス、観賞用とうがらし、ケイトウ、コリウス、ベコニア) 製作中

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


コレオプシス属は、大きく分けると三種類あるそうです。
・「ハルシャギク」と呼ばれるティンクトリア
・「キンケイギク」と呼ばれるドラモンディー
・「オオキンケイギク」と呼ばれるランセオラータ
※分け方は現在混沌としていて、素人には全くわからなくなってしまいました m(_ _)m。
 簡単に原種交配種というわけ方もあるようです。

「オオキンケイギク」が2006年2月より、特定外来生物に指定され、栽培・補完・運搬・輸入・植栽が原則的に禁止されることになりました。
この近辺でも「オオキンケイギク」がずいぶん見かけるようになりました。
最初はきれいだなと思っていたのですが、そんなに雑草化しているとは・・・・

キンケイギクとオオキンケイギクの見分け方
キンケイギクとオオキンケイギクは似ていて区別がつかないこともありますが、見分け方は
花の大きさが3cm程度で花の中央部まわりに紫色の模様があるのがキンケイギク、花の大きさが5cmほどでしたらオオキンケイギクで花びらに切れ込みがあります。

蕾の様子で中央がちょこんと尖っているように見えるのはキンケイギクでオオキンケイギクは鏡餅のような形で平らになっているそうです。
またキンケイギクが一年草なのに対し、オオキンケイギクは多年草です。

スポンサーリンク