育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 園芸・ガーデン用語

園芸・ガーデン用語

日本庭園 東屋

日本庭園,東屋,公園,小さな建物,寄せ棟,ガゼボ

東屋(あずまや)とは庭園や公園に設ける休憩用の小さな建物で、柱だけで壁面をほとんど持たないか、壁面を持っていても簡素な造りのものが多い。
屋根は萱(かや)・藁(わら)・杉皮などで葺いた寄せ棟形式で四方を吹き放しにしたもの。

中国では寄棟造を「四阿頂」という。
西洋では「ガゼボ」という。


つくば市(旧茎崎町)「高崎自然の森」の東屋

DSC03364-2.jpg

つくば市(旧茎崎町)「高崎自然の森」の東屋
DSC03364-1.jpg

つくば市のお隣の土浦亀城公園にある池

DSC03907-1.jpg

池のそばにある東屋
このように大抵池のそばに東屋があります。池と東屋は対になっているようです。
DSC03906土浦-1.jpg

雨引山にある東屋
2010-4-10
DSC04369-1.jpg

つくば市松見公園にある東屋

matsumikouen2-1.jpg


↓これは東屋とはいわないのでしょうか?
壁面を持っていても簡素な造りのものが多いというから、東屋でしょうね。
前面にすてきな庭があります。
2007-6-6
DSC03216-19-6-6-5.jpg

グランドカバー(ブルーベリーの木の下で)

グランドカバー,ブルーベリーの木の下で,クローバー,プレクトランサス・ヌンムラリウス,トラデスカンチア( コチョウノマイ),インパチェンス

関連記事
クローバー 我が家のクローバー 3種
クローバー「ティント ワイン」の寄せ植え
グランドカバー 姫イワダレソウ

ブルーベリーの木の下は毎年のように色々なグランドカバープランツを植えています。
すぐそばにはクチナシやキンキャラ、ジューンベリーなどもあり、最近は密集状態になっています。

クローバー
クローバーは日向が良いのでしょうが、春過ぎにブルーベリーの木の下に植えました。
ブルーの花が咲くクローバーです。
2008-6-6
DSC03750-6-6-1.jpg


条件がよかったのか最初はグランドカバーとしての役目を果たしていました。
6-6
DSC03751-6-6-5.jpg

*******************************


プレクトランサス・ヌンムラリウス
関連記事 プレクトランサス・ヌンムラリウス(スウェディッシュ・アイビー)
晩秋から初冬の様子です。ブルーベリーがきれいに紅葉しています。
プレクトランサス・ヌンムラリウスも木の下なので、少しぐらいの霜では影響ないです。
2009-11-23
IMG_0877-11-23-2.jpg


この頃にプレクトランサス・ヌンムラリウスが咲きます。
2009-12-22
IMG_0872-2009-12-22-6-1.jpg

犬矢来(いぬやらい)

犬矢来(いぬやらい),割り竹,御簾垣,手作り

犬矢来(いぬやらい)とは

「犬矢来」は割り竹や丸太を組んで軒下に置く垣です。

「犬走り」を覆い、風雨による外壁の泥よけ防止のほか、犬猫の糞尿除けや立ち小便防止、人の侵入の阻止、聞き耳を立てられないなどを目的に主に京の町家などに残っています。
各地の料亭や個人の日本式家屋に配しているようです。
現在の目的は多分風情をかもしだすツールとして・・かな?


義妹の家の窓下にある古くなってしまった犬矢来(いぬやらい)です。
義弟が手作りしてから、もう15年になるそうです。
定年退職になったので、そろそろ新しい犬矢来(いぬやらい)を作るかな・・・?
そばにある御簾垣は徐々に作り直しをしているようですが・・・

犬矢来(いぬやらい)という言葉は最近になって知りました。
「犬走り」や犬矢来(いぬやらい)と軒下には犬が関係ありますね。
軒下でなくても犬と付くのがあるでしょうか?(ちょっと思い浮かびません)
犬は昔から人間と関わりがあり、家のまわりにいたからかもしれませんが、猫もいたはずです。
なぜ猫走りや猫矢来と言わなかったのでしょう?

2012-5-13
IMG_4384-2012-5-13-2.jpg


この這っている植物はフッキソウ(富貴草)です。
手作りの日本庭園なので、造った本人は毎日気持ちの良い日々を過ごしているでしょう。
ここには我が家から移植した樹木(ヒイラギナンテン、ワビスケ、黒松)もいくつかあります。