育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 暮らし・料理

暮らし・料理

チューリップ つくば市は良いところ

チューリップ,つくば市は良いところ,花壇(露地),災害

IMG_3033◎-2012-4-22-1.jpg
我が家の畑の春の花々 2012-4-19

関連記事
チューリップの寄せ植え・栽培記(画像いっぱい)
チューリップの育て方 
チューリップの開花後の管理


我が家(茨城・つくば市)では花後の管理をしているので、毎年球根が殖えてちゃんと咲いていますよ。ここ辺りが南限なのかな?
ムスカリヒヤシンススイセンなども植えっぱなしです。4~5年に一度植え替えています。
2012-4-22
IMG_3026◎-4-22-1.jpg


前年の鉢植えのインカゴールドを花が終わったらすぐに畑にそっくり移植したものです。
花後の管理は畑に肥料をパラパラまいて後はおまかせ! 
2012-4-19
IMG_2857◎昨年のインカゴールド-4-19-1.jpg


つくば市ではミカンでは北限、りんごでは南限なので、どちらもよく実りますし、いろいろな果物を栽培することができます。
筑波ミカン(福来みかん)
2015-11-13
DSC_0095-2015-11-13-1.jpg


おまけに平野なので土砂災害の心配が無く、川の氾濫もありません。
ただ最近は東日本大地震や竜巻がありました。でも自然災害の心配は極少ないほうかと思います。

つくば市でも西側の農村地帯に住んでいるので、発展した街とは程遠い昔と変わらずの日々の暮らしです。
でも車で5~6分走れば近代化されたおシャレな街に行くことができます。
街の空気を吸いたい時はちょっと走れば、すぐそこは近代的な未来型都市(大げさ?)なのです。
計画された新しい街なので、道路はとても広いし、商業施設も最先端の趣きがあって、就職先もまぁまぁあるほうかと思います。
こんなによいところはないのではと思っていますが、住めば都なのでだれでも住んでいるところが一番良いところでしょう。

引越しをお考えのかたは、新旧入り混じった都市のつくば市はいかがですか?
チューリップとは直接関係がない余談が長すぎで m(_ _)m ごめんなさい

※この記事を書いてすぐ「地域ブランド調査2013」で、茨城の「魅力度」が都道府県別で最下位になっていた・・・(@□@;)
知らなかったが、それも毎度のことらしい・・・Σ( ̄□ ̄;)
茨城の「魅力度」で、茨城人の「魅力度」ではないと解釈していますが・・・

豊かな土壌の関東平野に住んで食べ物が豊富なためか、のんびりした性格が代々受け継がれているのでしょうか。
アピールすることが苦手で、積極的に何かをすることができない感があるのは否めません。
   それを奥ゆかしいと思うのは私だけ?  


※つい最近のことですが、堤防が決壊して大変な災害に遭った常総市は小貝川を挟んで隣の市になります。
 つくば市のすぐ近くでこんな災害があるなんて考えてもみなかったことでいまだに信じられません。

2015-9-22のNHK再放送の「シリーズ巨大災害」では地球全体が巨大災害が起こる時代になるのでは・・・というものでした。
近年の世界規模の巨大災害は大気や海の変動がいくつも重なったためで、今後は温暖化によって、異常気象が頻発するのではないかと考えられているそうです。
降雨量が考えられないほど多くなった場合、関東平野はほぼ沈んでしまうとか・・・
つくば市は良いところだなんてのん気なことは言っていられませんね。

1000年に一度とかいわれた東日本大地震があり、今度は2000年に一度、いや5000年に一度の巨大災害が来る時代に突入してしまったのか・・・
6000年に一度の「スーパー台風」や「巨大地震」、「火山大噴火」、「豪雨」といった巨大災害の脅威に我々はどう向き合ったらよいのか?
あまりに巨大なため向き合うどころではなく、自然まかせでなすすべがないのか・・・? 
※追記
「豪雨」といえばお隣の常総市の鬼怒川決壊がありました。
一年後に常総市のコインランドリーに行ったとき、つくば市はいいわね・・・川の氾濫の恐れが無くて・・・と言われました。

これからの時代はこわいね。
地球全体が協力し知恵を出して、巨大災害になる前の対処法を考えなくては、人類が滅びてしまう。人間同士が争うどころではないよ。
大げさなと思うかもしれないけれど、動物は何度も滅びてしまった過去があるので将来はそういう時代になるかもしれないと個人的に思う。
でも現実的に恐怖心を抱いて生活する性分ではないし、毎日を心豊かに過ごして人生を全うしたいと思っていますが・・・


タマネギの栄養・効能

タマネギの栄養,効能,冷凍したタマネギ,LOH症候群,うつ病,やる気,スライスしたタマネギ

タマネギの栄養
玉ねぎの主な成分は、硫化アリルケルセチンです。
タマネギのピリッとした辛みは、硫化アリルで、ビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。
ビタミンB1を多く含む食品(豚肉など)と一緒に食べるのがお勧めです。

◆タマネギ料理
タマネギは一年中保存ができ、料理法も生、煮る、揚げる、焼くなどのほとんどの調理に使えます。
サラダにしたり、キツネ色に なるまで炒めて、ハンバーグやシチューの材料になります。
水溶性のケルセチンを効果的に摂取するには、煮込み調理やカレー、シチュー、ポトフ、スープなどがおすすめです。
加熱する場合は切った後、15分以上放置してからのほうが効果が失われないということです。
水溶性なので、油で揚げる料理などは摂取できますね。


※耳寄り情報1
ガッテンでタマネギの冷凍法を放映していたのを試してみました。
スライスして冷凍したタマネギをフライパンで炒めるというもの。
冷凍したほうが時間短縮になってオニオンスープやハンバーグの材料のときに手早く出来て便利ですね。
これはタマネギの細胞が冷凍によって壊れるために早くできるのだそうです。
スライスしたタマネギを15分以上放置してから冷凍したものでも、タマネギの栄養・効能が失われないのかしら?  
よくわからないけれど、タマネギがたくさんあるときはお試しあれ!

関連記事(我が家のタマネギ栽培です)
タマネギ栽培 詳しいタマネギの育て方と画像
タマネギのプランター栽培記

*******************************


タマネギの効用・効能
高血圧の人は、玉ねぎのうす茶色の皮5-10gを煎じたものを、一日に何回かに分けて飲むと、動脈硬化の予防にもなります。
また上記のようにタマネギをスライスして15分以上おいても効果があるということです。
ケルセチンポリフェノールの一種で、抗酸化作用、抗アレルギー作用があり、熱に強い性質があります。

※追記 
テレビ(2015年11月 林修の今でしょ講座再放送)ではケルセチンは活性酸素を弱らせて血管をしなやかにする作用があるので、血管年齢が若返るということです。
タマネギは食材の中で一番ケルセチンが多いとか言っていました。
タマネギの皮をむいて1週間ほど日光にあてるとケルセチンが4倍にも増えるとか・・・
(緑になる部分がそうです。ニンニクも日光に当たると緑色になるのですが、これもケルセチン?)

活性酸素や抗酸化力関連記事
トマトと活性酸素 アンチエイジング期待
アスタキサンチン 最強の抗酸化力


※耳寄り情報2
LOH症候群(加齢性性腺機能低下症候群)
「謎の不元気症候群」
として、ガッテンで放映したものです。
40代以降の男性に多く見られる「なぜだかわからないけど、元気が出ない」という症状。
その原因の一つとして男性ホルモン低下があげられるとのことです。
タマネギを切ってすぐ加熱することで、男性ホルモン「テストステロン」量が約2倍にアップとのことです。
お父さんにはいつまでも元気でいてもらいたいもの・・・タマネギ食べて頑張って!

目的に応じて、切ったらすぐ加熱をしたり、スライスして15分以上おいたり、日光にあてたり、冷凍したりと・・・
頭がごちゃごちゃしてしまいまとまりませんが、紙に書いてキッチンに貼っておけば覚えられるかな?


これは親しい知人の話ですが、うつ病でアルコール依存症の旦那様に、スライスしたタマネギにかつお節とお醤油をかけて、毎日夜の食事前に出したそうです。これは旦那様のリクエストだったので、飽きないで食べ続けたそうです。

そして7ヶ月後、なんと仕事をやる気になって出かけたそうです。(自営業)
タマネギの効能かどうかはわかりませんが、知人はもう20年近くほとんど仕事らしい仕事をしていない旦那がそうなったのは、タマネギを食べ続けたことしか思い当たることがないと言っていましたよ。もしそうだったらタマネギ様々ですね!(2013年記)
なお多少の時間はズレていてもいいと思いますが、食べる5~10分前のスライスしたタマネギだったそうです。
ダメ元のつもりで試してみる価値がありそうですよ。

でも本当にうつ病なのかどうかも判断が難しいと言っていました。もしかしたらうつ病ではなくて長い期間のLOH症候群(加齢性性腺機能低下症候群)だったかもしれないですね。この知人の旦那さまは長い間(18年前後)うつ病の治療を受けていました。知人はうつ病と診断されても本当にそうなのか・・・絶えず疑問に思っていたそうです。
このことは知人の了解のもと、詳しく公開するかもしれません。

またアルコール依存症の必殺技もあります。(制作中なので、後で公開します)

サンショウ(山椒)

サンショウ(山椒),ミカン科,雌雄異株,サンショウの品種,アゲハチョウ,ブドウザンショウ,アサクラザンショウ

サンショウ(山椒)
ミカン科サンショウ属の落葉低木。
別名:ハジカミ。
分布:日本の北海道~屋久島。朝鮮半島の南部

サンショウ(山椒)は雌雄異株で、樹高は剪定次第ですが2~3m程度が多いです。
我が家にあったのは斑入りのサンショウ(山椒)で、お隣からのこぼれ種からのものです。
ある程度の大きさになるまで育てていましたが、手を伸ばせばお隣にあるものですから不要とばかり処分してしまいました。
それ以後も毎年のようにこぼれ種から出ていましたが、ついにお隣は大きなサンショウ(山椒)の木を伐採してしまいました。
それ以来とんと縁がなかったサンショウ(山椒)でした。
現在は我が家に鉢植えのムラサキサンショウがありますが、いじけてしまったので庭に植えました。
どうなることやら・・・ 紫葉山椒(カラス葉サンショウ)栽培記

↓近所にあったサンショウの木。このサンショウの品種はわかりません。
サンショウの若葉は「木の芽」として利用されます。
2010-4-24
IMG_3203-4-24-5.jpg


花は4月〜5月頃に小さな花が咲き、直径5mmほどで黄緑色です。
サンショウ(山椒)の雄花は「花山椒」として食用にされ、雌花は若い果実のときと完熟したものを利用することができます。
2010-4-24
IMG_3206-4-24-2.jpg

ミカン科なので、アゲハチョウ科のチョウの幼虫の食草であります。
2010-4-24
IMG_3207-4-24-3.jpg

我が家には珍しいムラサキサンショウの小さな鉢植えがあります。それに大きなアゲハの幼虫がいました。
取らなければと思いつつ忘れてしまい、一枝だけきれいに食べ尽くしてどこかにいってしまいました。大きかったので蛹化するのでしょうか・・・