育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 暮らし・料理

暮らし・料理

セリ

セリ,あぜ道,沢,春の七草,七草粥,水田,水耕栽培

セリ
セリ科の多年草
別名、シロネグサ(白根草)
土壌水分の多い湿地、あぜ道や沢などに繁殖しています。
競い合う(競り)ように群生していることにセリの名の由来とか。
またセリは春の七草の一つで、正月7日に七草粥を食べると万病を防ぐと伝えられています。

独特の香りを持つセリは春先の若い茎を食用とし、霞ヶ浦、北浦の湖岸や河川流域の水田での栽培風景はテレビでよく放映される冬の風物詩でもあります。
また近年は暖地での水耕栽培も行われているようで、通年出回っています

こちらは個人所有の造られた小川に植えたと思われるセリです。
近辺では小川もコンクリート造りになってからセリの姿がなくなってしまいました。
車で7~8分走れば小貝川に着きますが、そこではセリがたくさん群生しているとか・・・
今度摘みに出かけてみたいものです。
2012-6-9
IMG_6091-2012-6-9-1.jpg


もっさりと茂っています。これから茎がやや立ち上がり一ヶ月後から花が咲きます。
2012-6-9
IMG_6086-2012-6-9-1.jpg


セリの花期は7 - 8月
茎を伸ばし、その先端に傘状花序をつけますが、花はとても小さくて老眼には見えません。

※注意
有毒なドクゼリもセリと同様小川のそばや水田周辺の水路沿いなどで見られます。ドクゼリは地下茎は太くタケノコ状の節があり、セリ独特の芳香もないので区別できます。

キツネノボタンも同じような場所に生育する毒草ですが、こちらは葉が細かく裂けないので区別できると思います。

クリスマス・フレッシュ(生)リース

クリスマス・フレッシュ(生)リース,土台,コニファー,ゴールドクレスト,杉の葉,リースの土台

コニファーでリフォームしたクリスマス・フレッシュ(生)リース

昨年の古い土台のリースをリフォーム
我が家のコニファー「ゴールドクレスト」やヒイラギの枝先をリースの隙間に挿してみました。 
生の葉を使ったので、ゴージャスなクリスマスツリーになりました。
やはり本物の葉だとグレードアップするね(⌒▽⌒)V
2006-12-7
P1010005-091.jpg


そしてこのクリスマスリースは長くいつまでもそのままの状態を保っていました。
コニファー類は葉が厚みがあるので、ゴールドクレストに限らず皆同じように持ちがよいのかしら?

こちらも昨年のリースの土台に「ゴールドクレスト」の枝先を挿したものです。
ゴールドクレストの寄せ植えが大きくなりすぎたので、この時期に少し剪定したのです。
金物で切ったところが茶色くなるので、剪定は芽が伸びてくる春先に切るとすぐに目立たないからいいにですが・・・・少しなので目立たないところを切りました。
昨年よりかなり高級になりました。
古い土台でもコニファーの枝先を挿しただけでこんなにも甦るものでしょうか・・
2006-12-10
P1010005-91.JPG

こちらは友人と一緒に作ったクリスマス・フレッシュ(生)リースです。
土台はアケビのツルで、ゴールドクレストとスギの葉を使っています。
その他にバラ(バレリーナ)の実、松ぼっくりやスギの実など
2013-12-3
すみません、画像紛失です。

クリスマスリースはやっぱ生だね(生ビール?)
もみの木でなくてもコニファーなら何でも合うようです。
また月桂樹、ヒイラギ、ユーカリなどもクリスマスリースにできるようですね。
いずれの木も我が家にあるので試してみたいです。

土台になるアケビやキウィは友人の家にあり、藤は実家にあるのですが、リースの土台になようなものは我が家には何もありません。唯一長い枝が伸びるのは萩だけです。
これはスッと伸びた枝なのであまり味がでないかな? 全面を葉で隠したリースならいいかな?

ツルウメモドキは種をまいたばかりなので、リースになるほど枝が沢山できるのはまだまだ先になりそうです。いやそれより芽がでるかな?

近くの山林に入るとヤマフジなどありそうですが、現在荒れているので中には入れそうにありません。
その他に土台になりそうなのを見つけられたらいいですが・・・

雑草対策 除草剤

雑草対策,除草剤,手間要らず,長期間効力,多年生雑草,防草効果,木や植込みのまわりにも使える

2012年は7月頃から熱中症でほぼほったらかしだった畑や庭。
庭の様子は一時はつぶれ屋敷のようで、雑草のごとくたくましくとはよく言ったものです。
そして足のケガで畑や庭が草ぼうぼうになってしまった2013年。
梅雨時期から夏場にかけて最も雑草が成長するシーズンはお手上げ状態でした。
健康なときでも除草作業が間に合わないのに、こうなったら黙ってみているだけです。
2013-7-6
_DSC0098-2013-7-6-1.jpg

上はエノコログサやメヒシバが生い茂る野菜・花・果樹の畑。
秋になって痛い足を引きずりながらの除草作業でしたが、もう既に雑草の種がこぼれているのでこれから先が思いやられます (;-_-;)
年ごとに体の機能が衰えるのを感じる昨今ですが、さてこれから効果的な雑草対策はどうするか・・・
(雑草対策には防草シートや草刈機、動物(兎、ヤギ、鶏)、庭には固まる土)なども考えています)

防草効果の第一に考えられるのは長期間雑草を抑えて、尚且つ手で撒く手頃な除草剤です。
(除草剤を散布する簡単な器械があったのですが、散布しなくなって早5年。器械はただいま故障中)

野菜畑の中はバラが20本ほど、果樹(ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類、ヤマモモ、サクランボ、イチジク、ミカン類などその他多数)、花木(シダレモモ、アジサイ類、ネムノキ、シャラノキ)、植えっぱなしの球根(サフラン、クロッカス、グラジオラス、スイセン、チューリップ、ムスカリ、ユリ、アマリリスなど)もあります。
また宿根草も多数あります。
アスチルベ、オダマキ、シラン、シャクヤク、スズラン、トリトマ、マーガレット、ガウラ、宿根カスミ草、カライトソウ、シュウメイギク、バーベナ、姫ひまわり、都忘れ、ルドベキア、ルリタマアザミなど・・・

庭にはハナミズキやキンキャラ、クチナシ、サルスベリ、シデコブシ、ヒメシャラ、ヒペリカム、ボケ、牡丹(ボタン)、メギ、ヤマブキ、レンギョウ、ロウバイ(蝋梅)、シモツケ「ライム・マウンド」、センリョウ、マンリョウ、ヤブコウジ、南天(ナンテン)などや宿根草がかなりあります。


長年にかけて懸命に集めた植物を枯らしたり失くしたりしてしまうのは残念なので、これまでも他の人には任せられませんでした。


庭や畑の樹木、花木、果樹、球根、宿根草のまわりにも影響を及ばさないで使えるもの、尚且つ手軽に手で撒けて効果も長期間続く防草効果の高いものを望んでいますが、そんな都合の良い除草剤なんてあるのでしょうか?

「一年生雑草から多年生雑草など広範囲の雑草に効力を発揮する除草剤はどんなものがあるでしょう・・・さらに人畜・魚介類に安全性の高い除草剤は?


芝を生産していた時には長年いろいろな除草剤を使用していました。芝畑は芝を切ったあとは土だけ(空地)になってしまうためすぐ雑草が生えてきます。雑草が生えるのを阻止する除草剤と雑草を直接枯らす除草剤がありますが、雑草発生前の土壌処理で効果が高い除草剤(シマジン水和剤、粒剤)を使用していました。
チガヤなどの多年生雑草も葉から入ってから根まで枯らすのでピンポイントに筆で使用していました。(吸収移行型(全草型)のグリホサート(ラウンドアップなど)

でも野菜畑には除草剤は難しいです。
これまでは野菜畑には除草剤を一切使わないできましたが、こんなに種をこぼしてしまったので、何が一番良い雑草対策なのか・・・春までには雑草対策をまとめないと来年が大変なので、只今考え中のこの冬です。


荒れ放題の畑を目の当たりにして誰か教えて!と泣きたい気分です 。・゚゚・(>_<)・゚゚・。