育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 暮らし・料理

暮らし・料理

靭帯損傷? 闘病記

靭帯損傷,急性期は安静,こぶのような腫れ,キチンと治療,自己流リハビリ,

2013年1月下旬のことです。
お勝手口に掛けてある車のカギを取ったとき、慌てていたので姿勢を急に変えたら足を捻ってしまい、突然の痛みで動けなくなってしまったのです。
もう痛くて痛くてしばらくその場を離れることができませんでした。そのときに立ったままなのか座っていたのかも思い出せません。
右足の外側で、膝の上あたりが痛みが特に強いです。

中年時代にバレーボールで右小指を骨折したことがあったのですが、痛いのはこの比ではなく、こんなに痛くて動けないのはお産以来の経験です。
小指を骨折したときはそのまま試合を続行、骨折した手をテーピング無しでサーブやブロックまでやってしまいました。

話を戻します。足を上げたり歩こうとすると痛みが半端でなく、病院にも行こうとしても車に乗れず行けない始末です。
今回は多分骨折とか靭帯が切れたのではなく(プツンと音がしなかったので)靭帯損傷かと思い、ネットで調べたら靭帯損傷の急性期は安静とあったので、行かないで安静にしていようと素人判断しました。
痛みがある程度収まったら病院に行こう・・・(これ、考え方が逆かな?)

最初の10日間は丸いす(小さくて軽い)に両手を乗せて、痛みのある右足は全然使わずに左足だけに重心をかけて前こごみになり、パタンパタンと歩きました。そのときは多分これは松葉杖より楽なのではと思いましたよ。
ケガ当日を除き、その丸いすで風呂の縁まで行き、右足が痛くないように左足と両手を上手く使い、何とか風呂も入ることができました。
何をするのもままならなくなってしまい、初めて体が不自由な人の気持がわかった次第でした。
翌朝には大きなこぶのような腫れが膝上に出来ていました。

立ったり座ったりする動作が特にきつく、日常生活が不便なことといったら・・・
ケガ直後は料理も出来ず、2~3日はスーパーやコンビニで調達してもらい、なんだかんだと我が家はてんてこまいでした。
普段は当たり前と思っていることがケガをしたことで改めて五体満足に感謝です。
常時痛みがあり、痛みがなんとか治まるまでには3週間ほどかかってしまいました。
1週間ぐらい過ぎたら、診てもらい適切な対処をしてもらおうと思っていたのに、軽くなったらなったで行けないものですね・・・
・・・とうとう病院には行くことができせんでした。

痛みがある程度治まったら自己流リハビリです。これまでにはっきりとした期間は思い出せませんが、3ヶ月は要したと思います。
※注)これはまねしないで下さいね。やはり専門家に診ていただいたほうがいいに決まっています。

最初は100メートルぐらい歩いてみたら足がパンパンに張ってしまいましたが、一日おきにゆっくりウオーキングしていたらいつの間にか張らなくなりました。
長男が室内自転車をネット注文してくれて、それから毎日短時間ですが(5~6分)足を動かしていました。
なんと自転車こぎだけで大分スムーズに足が動くようになりましたよ。
あとは以前数年間していたストレッチ体操を思い出し、無理が無い程度に足を動かしたりしていました。

どうしても座った姿勢から立つのができないので、風呂でお湯に浸かった状態なら浮きやすいかなと両手でお風呂の縁に摑(つか)まりながら立ったり座ったりしてみたり・・・
2年かけてなんとか不自由の無い生活が送れるようになりました。
キチンと病院で診てもらい、リハビリも教えてもらったのをしたほうが早く元通りの生活ができたことでしょうね。


そういうわけで2013~2014年の庭や畑は荒れ放題になってしまいました。
草丈の低いものは埋もれてなくなってしまったのもあります。うまい具合に生き延びた草花もあります。
でも荒れ放題になっていいこともあります。
いろいろな虫たちを見ることが出来たり、あるいは天敵の活躍をみることができました。
自然ってなんとすばらしい!と感動したり・・・なんでも無駄なことはないなと思ったり・・・

きちんと整理された草1本もない畑では虫たちを見ることができず、天敵の活躍をみることができません。
代表的なものはテントウムシです。テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
その他カマキリヒラタアブ類ニホンカナヘビなどです。
期待以上にハナグモも活躍してくれています。ハナグモとその獲物たち

荒れ放題になってしまいましたが、以上はケガしたお陰で、また別の世界をよく見ることができました。
怪我の功名とまではいきませんが、たまには寄り道もいいものです。

キリ(桐)

キリ(桐),箪笥(タンス),下駄(ゲタ),仲買い

キリ(桐)
DSC04266桐-2007-8-6-1.jpg
2007-8-6
散歩道にあったキリ(桐)の木。いまではあまり見られなくなってしまいました。

キリ(桐)
ゴマノハグサ科 / ノウゼンカズラ科 / キリ科
キリ属の落葉広葉樹

日本国内でとれる木材としてはキリ(桐)は最も軽く湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴があり、高級木材として重宝されてきました。
また燃えにくいことから耐火性能が求められる金庫の内張りなどにも使われます。
昔は女の子が産まれたらキリ(桐)の苗木を植えたものでした。
結婚する際にはそのキリで箪笥(タンス)を作り嫁入り道具にするという風習がありました。
キリは成長が早いためこのようなことが可能なのです。

我が家は2代続いてのキリ(桐)の仲買いや下駄(ゲタ)を作る職人であったので、キリ(桐)とは深い関係がありました。
今でも下駄(ゲタ)を作る道具や作った製品の下駄(ゲタ)も残っています。
そして屋号も下駄屋。今でもそう呼ばれています。

キリ(桐)の仲買いというのも面白いもので、飲み屋で会った人たちでキリ(桐)を売った、買ったで結構な相場になったようです。
落語のような話で、商売をしているのか飲みにいっているのか、儲けた代金をみんな飲み屋に置いてきたとか・・・
したがっていつも貧乏で、妻たるものも知恵を絞ってへそくりをしてなんとか生活をしていたみたい・・・
その昔話を義母から聞いたときは、江戸時代の長屋風景を思い出しました。
でも私が子供のころはまだ下駄をはいていたのですから、そこまで古いことではありません。
光陰矢の如し・・・月日が経つのはあっという間ですから、後悔の無いように毎日を過ごしたいものです。

健康ダイエット 4分で美ボディ

健康ダイエット,4分で美ボディ,4分運動,タバタ式トレーニング,20秒運動して10秒休む,8セット,健康寿命

youtubeで広がっているという海外で大人気の立命館大学の田畑先生考案の「4分運動、タバタ式トレーニング」
朝一でもやっていましたね。
20秒運動して10秒休むを1セットとし、8セットをすると合計4分間という簡単なものです。

運動の種類
ランニング、エアロバイク、その場足踏み、ジャンピング、スクワットなどなんでもよく、時間をきっちり守って行います。
毎回同じ運動でなくてもいいようです。

自転車こぎ運動なら、この4分運動がなんと1時間の自転車こぎ運動に匹敵するそうで、1日1回、週に3回でもOKなんだそうです。
朝に行うのが効果的で、一日を通して体脂肪を燃焼することができるそうです。

続けると、持久力や瞬発力がアップするそうです。
田畑先生によると、「20秒の運動と10秒の休息を繰り返すことによって、心臓が鍛えられます。
心臓が鍛えられると、心臓が1回に送り出す血液量が増えていきます。
その結果、持久力が高まっていきます」とのことでした。

もともとはこの運動はアスリート用に考案されたもので、筋力と持久力を同時に鍛えることができるそうですが、ダイエットにも効果があるそうです。

その効果については海外メディアでも報道されるほどで、イギリス大手新聞では、「驚異的な結果」と絶賛されたそうです。
マドンナも実践してる?とか。


ペットボトルを持ったスクワット
1)500mlペットボトルに水を入れたものを両手に持って、腕を真上に上げる。
2)腕を曲げながら、(少し肘を内側に閉めるように)ゆっくり足も曲げてスクワットを行う。
3)腕をまっすぐ上に上げ、まっすぐ立つ。
この時関節を痛めないように腕を伸ばしきらないようにすることがポイントとか。


その場足踏み
水の入った、500mlのペットボトルを持った状態で、大きく手足を振って、その場で足踏みをするだけ!
ポイントは、膝を腰の位置まで高く上げることと、重心を真ん中にもってくることなんだそうです。
20秒で辛いと感じで、4分でヘトヘトになればちょうど良い強度とか。

※4分運動をする前には、十分なストレッチをしてくださいとのことでした。
また、お子さんの持久力を上げるために、その場で駆け足を20秒、休息10秒でも効果的なんだそうです。

※トレーニング前のウォームアップ、トレーニング後のストレッチをしておくことを忘れずに。

一人で行なうとつい忘れてしまうというかたは、朝に決まった時間を決めて家族と一緒に、また昼休みなどに職場の同僚と一緒にやるというのも、長くやり続けられる秘訣かもしれないですね。

※心臓病・高血圧・関節に痛みがある方は、医師にまず相談してから実践してくださいとのことでした。たった4分だけど、最後のほうは結構きついみたいです。それがいいのでしょうが・・・
週3回、1日1回、たった4分なら誰でもできそうです。忙しいなんて 言い訳できませんね。

個人的にも昨年の足のケガ以来運動らしきものが一切できませんでした。
そして太る、太る・・・なんとかしなきゃと思っていた矢先のこの「4分運動、タバタ式トレーニング」
これほど簡単でしかも効果的な運動はありませんね。

私たち団塊の世代が健康的で楽しい生活をしていたら、医療費も大幅に削減されて日本の未来も明るくなりますね。
運動に加え、趣味や実益などでルンルン気分を味わう毎日があれば、病気など吹っ飛んでいきますね!


肝心なのは平均寿命でなく、健康寿命です!
健康寿命とは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のことです。
我々団塊の世代の高齢者は運動、食事、趣味などで健康寿命が延ばし、長寿のお祝いをしたいものです。
関連記事 団塊の世代 高齢者と健康あれこれ