育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 暮らし・料理 > タマネギの栄養・効能

タマネギの栄養・効能

タマネギの栄養,効能,冷凍したタマネギ,LOH症候群,うつ病,やる気,スライスしたタマネギ

タマネギの栄養
玉ねぎの主な成分は、硫化アリルケルセチンです。
タマネギのピリッとした辛みは、硫化アリルで、ビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。
ビタミンB1を多く含む食品(豚肉など)と一緒に食べるのがお勧めです。

◆タマネギ料理
タマネギは一年中保存ができ、料理法も生、煮る、揚げる、焼くなどのほとんどの調理に使えます。
サラダにしたり、キツネ色に なるまで炒めて、ハンバーグやシチューの材料になります。
水溶性のケルセチンを効果的に摂取するには、煮込み調理やカレー、シチュー、ポトフ、スープなどがおすすめです。
加熱する場合は切った後、15分以上放置してからのほうが効果が失われないということです。
水溶性なので、油で揚げる料理などは摂取できますね。


※耳寄り情報1
ガッテンでタマネギの冷凍法を放映していたのを試してみました。
スライスして冷凍したタマネギをフライパンで炒めるというもの。
冷凍したほうが時間短縮になってオニオンスープやハンバーグの材料のときに手早く出来て便利ですね。
これはタマネギの細胞が冷凍によって壊れるために早くできるのだそうです。
スライスしたタマネギを15分以上放置してから冷凍したものでも、タマネギの栄養・効能が失われないのかしら?  
よくわからないけれど、タマネギがたくさんあるときはお試しあれ!

関連記事(我が家のタマネギ栽培です)
タマネギ栽培 詳しいタマネギの育て方と画像
タマネギのプランター栽培記

*******************************


タマネギの効用・効能
高血圧の人は、玉ねぎのうす茶色の皮5-10gを煎じたものを、一日に何回かに分けて飲むと、動脈硬化の予防にもなります。
また上記のようにタマネギをスライスして15分以上おいても効果があるということです。
ケルセチンポリフェノールの一種で、抗酸化作用、抗アレルギー作用があり、熱に強い性質があります。

※追記 
テレビ(2015年11月 林修の今でしょ講座再放送)ではケルセチンは活性酸素を弱らせて血管をしなやかにする作用があるので、血管年齢が若返るということです。
タマネギは食材の中で一番ケルセチンが多いとか言っていました。
タマネギの皮をむいて1週間ほど日光にあてるとケルセチンが4倍にも増えるとか・・・
(緑になる部分がそうです。ニンニクも日光に当たると緑色になるのですが、これもケルセチン?)

活性酸素や抗酸化力関連記事
トマトと活性酸素 アンチエイジング期待
アスタキサンチン 最強の抗酸化力


※耳寄り情報2
LOH症候群(加齢性性腺機能低下症候群)
「謎の不元気症候群」
として、ガッテンで放映したものです。
40代以降の男性に多く見られる「なぜだかわからないけど、元気が出ない」という症状。
その原因の一つとして男性ホルモン低下があげられるとのことです。
タマネギを切ってすぐ加熱することで、男性ホルモン「テストステロン」量が約2倍にアップとのことです。
お父さんにはいつまでも元気でいてもらいたいもの・・・タマネギ食べて頑張って!

目的に応じて、切ったらすぐ加熱をしたり、スライスして15分以上おいたり、日光にあてたり、冷凍したりと・・・
頭がごちゃごちゃしてしまいまとまりませんが、紙に書いてキッチンに貼っておけば覚えられるかな?


これは親しい知人の話ですが、うつ病でアルコール依存症の旦那様に、スライスしたタマネギにかつお節とお醤油をかけて、毎日夜の食事前に出したそうです。これは旦那様のリクエストだったので、飽きないで食べ続けたそうです。

そして7ヶ月後、なんと仕事をやる気になって出かけたそうです。(自営業)
タマネギの効能かどうかはわかりませんが、知人はもう20年近くほとんど仕事らしい仕事をしていない旦那がそうなったのは、タマネギを食べ続けたことしか思い当たることがないと言っていましたよ。もしそうだったらタマネギ様々ですね!(2013年記)
なお多少の時間はズレていてもいいと思いますが、食べる5~10分前のスライスしたタマネギだったそうです。
ダメ元のつもりで試してみる価値がありそうですよ。

でも本当にうつ病なのかどうかも判断が難しいと言っていました。もしかしたらうつ病ではなくて長い期間のLOH症候群(加齢性性腺機能低下症候群)だったかもしれないですね。この知人の旦那さまは長い間(18年前後)うつ病の治療を受けていました。知人はうつ病と診断されても本当にそうなのか・・・絶えず疑問に思っていたそうです。
このことは知人の了解のもと、詳しく公開するかもしれません。

またアルコール依存症の必殺技もあります。(制作中なので、後で公開します)

スポンサーリンク