育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹 > カラタネオガタマ(唐種招霊) 育て方

カラタネオガタマ(唐種招霊) 育て方

カラタネオガタマ,唐種招霊,モクレン科,常緑樹,芳香花木,バナナの香り

IMG_4360カラタネオガタマ-5-13-1.jpg
2012-5-13

カラタネオガタマ(唐種招霊)
モクレン科 オガタマノキ属
原産:中国
別名:トウオガタマ、バナナノキ、バナナツリー
常緑小高木 樹高 3~5m
開花時期=4~5月(関東)
関連記事 我が家の香りのよい花木

神霊を招く木として神前にお供えした樹木で、名前の由来は招霊(オギタマ)から。
カラタネオガタマの木は大きくなりにくく場所をとりません。
これで2mぐらいです。半日陰のところに植えてあります。
2012-5-13
IMG_4358-5-13-1.jpg

カラタネオガタマの花はバナナのようないい香りがします。

2012-5-13
IMG_4360カラタネオガタマ-5-13-2.jpg

カラタネオガタマの木の育て方

◆冬の北風と西日の当たらない場所が適地です。
関東以南の地域なら寒さは特に心配しなくてもいいでしょう。
日当たりを好みますが、半日陰でも大丈夫です。
冬の寒さで落葉するときもありますが、春には芽吹いてきます。

◆植え付け時期
常緑樹なので、基本的に移植や植え付けは10月~入梅までに行います。
厳寒期は避け、適期は5~6月ごろです。

◆植え付け用土
水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。(腐葉土堆肥を入れます)

◆水管理
鉢植えは土が乾いたらたっぷりと与えます。
露地植えではよほど乾いたときだけ水やりをします。

◆剪定時期・方法
剪定時期は4~5月で、花の直後に込み合う枝を間引く程度に整えます。
花芽が確認できる冬の剪定でもかまいません。

◆肥料
2月ごろに寒肥として油かすなどを株まわりりに埋め込みます。

◆消毒
病害虫はほとんど見られませんが、もしあったときには適した薬剤を用います。

スポンサーリンク