育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 寄せ植え・フラワーアレンジメント

寄せ植え・フラワーアレンジメント

素人の寄せ植えです。購入したものや自宅にあるものでつくりました。 フラワーアレンジメントも主に自分で育てた花を使っています。

ふやした多肉植物で寄せ植え♪♪

殖やした多肉植物で寄せ植え

我が家でふやした多肉植物で寄せ植え♪♪
これまではチョコチョコと室内用の小さな寄せ植えは作ってはいました。
今回は外に置く中ぐらいの木製のプランターの寄せ植えを作りました。
この木製のプランターは底が抜けたり合わせ目がズレたりと壊れていたのを直しました。
2016-6-12
DSC_0144maru -2016-6-12-2.jpg


冬に寄せ植えをし、溶けずに残って生長した多肉です。
左上からシルバーペット、その下は月花美人(見返り美人)、小さめは秋麗。
隣のピンクはパールフォンニュルンベルク、その右隣のグリーンはゴールデングロー(枯れたのですが株元から芽が出ました)
パールフォンニュルンベルクの奥は火祭り、その右隣は天狗の舞(枯れたのですが株元から芽が出ました)
八千代、紅稚児、若緑、クーペリー、万宝があります。

右側全体はセダム系が多いです。
ホワイトストーンクロップ、隠れていて見えない黄麗(月の王子)、パリダム、
ドラゴンズブラッド、乙女心、名前不明のグリーンのセダム。
このグリーンのセダムは改めて早春にパラパラと空いているところに散らしたものです。

百日草(ジニア)のフラワーアレンジ

百日草(ジニア),フラワーアレンジ,

ヒャクニチソウ(百日草)のアレンジメント

2011-7-18
IMG_4236-7-18-2.jpg


黄色一色はマリーゴールド、ヒメヒマワリ、ヒマワリなどで、赤や黄色系で元気がでるような気がします。
赤と黄ばかりでしつこい感じがしないでもありませんが・・・
グリーンの細葉は食用のアスパラガスです。グリーンが欲しいので畑から摘んできました。


このアレンジメントをアップするとヒャクニチソウ(百日草)もなかなかきれいでしょう。
中輪のこのヒャクニチソウ(百日草)はジニア・ハーゲアナ (メキシコヒャクニチソウ)という品種のようです。
2011-7-18
IMG_4242-7-18-2.jpg

秋の寄せ植え コスモス、アガスタチなど

秋の寄せ植え,コスモス,アガスタチ,ヒューケラ,ステビア

秋の寄せ植え
関連記事
秋の寄せ植え コスモスの花
秋の寄せ植え(フジバカマ、ケイトウ、宿根ロベリア、コリウス)              
夏~秋の寄せ植え ケイトウ、コリウスなど
夏~秋の寄せ植え  ワレモコウ、カルーナ、コリウス、センニチコウ


コスモスアガスタチヒューケラステビアが入っています。
2015-10-22
DSC_0053◎◎-2015-10-22-1.jpg


一番草丈があるのは葉や花が甘いステビアで、小さな花が咲いています。
コスモスは中段で、白い花が咲いています。コスモスが入ると秋らしい寄せ植えになりますね。
2色のアガスタチは両サイドにあります。
一番下にあるのはヒューケラで、我が家にお迎えしてからもう何年になるのかしら?

このプランターは古くなったので、100均スプレーでシューっと一吹きしたものです。
ピンクと黄色を重ねました。ふたつと同じものがないオリジナル作品です (= ̄▽ ̄=)
というか2個同じものを作りました。グラデーションが少し違いますが・・・
もう一つの100均スプレーの寄せ植え→アスターの寄せ植え

寄せ植えの材料もなるべく繰り返し利用しています。
愛着がわいて、まるで家族のような気持ちになるものです。

その後、遅い時期に挿した菊が低く咲いたので、寄せ植えに入れました。
寄せ植え全体の盛りは過ぎていますが、晩秋~初冬のにぎやかな寄せ植えになりました。
我が家の寄せ植え 晩秋のフェステバル・・・といったところでしょうか v(。・ω・。) ィェィ♪
2015-11-13
DSC_0047-2015-11-13-1.jpg


これまで毎年ステビアは一年草と思って購入していたのですが、多年草だったのです。
なので、初冬にアガスタチ、ステビアの花茎をカットしておきました。
コスモスは一年草なので、種を取って翌年にまけばまた発芽します。


**************


さて翌2016年の春・・・この寄せ植えはどうなったでしょうか・・・
鉢の向きが反対ですが、アガスタチは片方は芽生えていません。
アガスタチは黄色のだけ芽が出て、赤いほうは枯れてしまいました・・
コスモスは一年草なので芽生えていません。鉢の中にこぼれ種で芽が出ることもありますが・・
赤の葉のヒューケラが一番奥で、その手前はアガスタチ、一番手前の小型のものがステビアです。
2016-4-9
DSC_0227-2016-4-9-.jpg


上と鉢が向きが反対ですが、黄色のアガスタチが鉢いっぱいになっています。ステビアは右側です。
2016-6-24
DSC_0109-2016-6-24-1.jpg


この日、アガスタチとステビアの切り戻しをしました。
ステビアはさし芽をしましたが、途中で水やりを忘れて失敗してしまいました。
2016-6-24
DSC_0112-2016-6-24-1.jpg

また秋までは変化があり、昨年同様楽しめそうです (⌒▽⌒)
ステビアは昨年のようには草丈が高くならないで、株数も増えると思います。