育て方.jp|花、野菜の育て方など

チョウセンアサガオ

チョウセンアサガオ,華岡青州,麻酔,毒草

チョウセンアサガオ
ナス科
原産地:南アジア
別名:ダチュラ、マンダラゲ(曼陀羅華)、キチガイナスビ
関連記事
ナス科  キダチチョウセンアサガオ(エンゼル・トランペット) 
ヒルガオ科 キダチアサガオ 
近所の家の塀沿いにあるチョウセンアサガオ。
当時は名前も知らないし、ましてや毒草とはつゆ知らず、きれいなので苗をもらって畑に植えたのです。花だけを摘んでコップに飾って楽しんでいました。
2007-8-28
DSC00166-8-28.JPG


チョウセンアサガオは華岡青州が世界で始めて、乳がんの全身麻酔の手術に用いました。
舞台や映画で有名な話ですが、まさかこのチョウセンアサガオだとは思いませんでした。

この頃になると大株になり、つぼみもたくさんついてきました。
2007-8-28
DSC00166-8-28-2.jpg


こちらのチョウセンアサガオも別の家の塀際にありました。
2007-7-25
DSC04034-19-7-25-1.jpg


夕暮れには花の白さが際立ってきてうっとりしたものです。
夕方に咲き始め、朝には花が萎んでしまう夜の花です。
2007-7-25
チョウセンアサガオ-19-7-25-2.jpg


花後のチョウセンアサガオの種です。
2009-9-1
DSC04799-9-1-1.jpg


皮が破けるとこげ茶の粒がたくさん顔を出します。
翌年には雨であちこちに流され、思わぬ所から生えてきます。
2009-9-2
DSC04800-9-2.jpg

最近は自然消滅してしまい、近辺では見かけなくなってしまいました。

スポンサーリンク