育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 草花  タ~ワ行 > フィーバーフュー(ナツシロギク、マトリカリア)育て方

フィーバーフュー(ナツシロギク、マトリカリア)育て方

フィーバーフュー,マトリカリア,ナツシロギク,育て方,多花性,ハーブ

フィーバーフュー
DSC_0152-2015-6-11-1.jpg
キク科
原産地 西アジア、バルカン半島
別名 ナツシロギク、マトリカリア
花色 白、黄
草丈 20~100cm

一重咲き、八重咲きのほか、変わり咲きの品種もあるそうです。
ハーブとしてフィーバーフューの名があるのかしら?
以前にマトリカリアの名で入手し、種から育てたものは草丈が低く(20cmぐらい)、黄色のポンポン咲きでした。

我が家のキク関連記事 
キク(菊)の花の画像 小菊、夏ギクの育て方

遅い時期に入手したフィーバーフュー。まだつぼみも出ていない・・
2014-6-29
_DSC0126-2014-6-29-1.jpg


通常は初夏に花径2㎝ぐらいの清楚な花を咲かせるフィーバーフュー。
小さい苗を遅く植えたので、真夏にもかかわらず遅れて咲いています。
ここはホワイトガーデンを目ざし、色々な白い花が咲く植物を植えてあります。
その中にフィーバーフューもあります。さし色にするつもりの左の観賞用とうがらし、右はケイトウです。
2014-8-15
_DSC0072-2014-8-15-1.jpg


フィーバーフューの花と花後の種の変化いろいろ。
2014-8-15
_DSC0071◎マトリカリア-2014-8-15-5.jpg


いろんな葉をかじるオンブバッタもいます。
2014-8-15
_DSC0071マトリカリア-2014-8-15-2.jpg


:::::::::::::::


2015年のフィーバーフュー(ナツシロギク、マトリカリア)
昨年のこぼれ種からの苗数本を畑に植えておきました。
初夏になると、つぼみをいっぱい付けて枝も立ち上がってきたフィーバーフュー。
バックの大きな葉はインドハマユウ。
2015-5-29
DSC_0018-2015-5-29-1.jpg


苗も充実していたので、花がいっぱい咲いたフィーバーフュー。
小花なので、花壇では引き立て役になりそうです。
これまで育てた花木、樹木、果樹、草花・野菜など12年間の栽培記録(2018年現在)
我が家の混植菜園&花壇 栽培備忘録
2015-6-11
DSC_0151-2015-6-11-1.jpg


葉裏にはアワダチソウグンバイ?らしきものが・・ 
以前にこの辺りでキク科の百日草ヒマワリ、野菜の金時草を育てた時にアワダチソウグンバイの被害がありました。
2015-6-11
DSC_0155◎-2015-6-11-3.jpg


:::::::::::::::::::

2016年のフィーバーフュー
こぼれ種で自然に生えてくるが、よく似たカモミールみたいには増えない。
タネを取ってまけば発芽率はいいのでしょうが・・・まわりにはグラジオラスやバラの木があります。
2016-7-2
DSC_0090◎-2016-7-2-3.jpg


やはりこぼれ種からのルドベキア・高尾と。どちらも一重で、可愛い小花なので大好きです。
2016-7-2
DSC_0086-2016-7-2-1.jpg




フィーバーフュー(ナツシロギク、マトリカリア)の育て方
日当たりと水はけのよい場所に堆肥や牛糞などを入れてから苗を植えつけます。
連作は生育が悪いので別の場所に植えます。

開花までは育てやすいですが、一度花が咲くと高温多湿に弱くなり腐りやすいようです。
肥料は控えめのほうがよく、多いと茂ってしまい、倒れやすくなります。

花が終わっら切り戻して新芽の発生を促しますが、さし芽やタネまきも簡単なので更新したほうがいいような感じがします。
タネをまくのは秋か春です。
いろいろ試してみるといいでしょう (*^_^*)

灰色かび病やさび病が出やすいので殺菌剤で予防しますが、我が家ではまだ殺菌剤は使用していません。

スポンサーリンク