育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 草花   ア~サ行 > 秋の寄せ植え 菊(キク)のさし芽

秋の寄せ植え 菊(キク)のさし芽

秋の寄せ植え,キクのさし芽,イソギク,ハナイソギク(花磯菊)

菊(キク)の花は春に植えたままにしておくと、秋には倒れるほど長くなってしまいますね。
寄せ植えに使うときにとても便利で簡単な方法があります。

8月下旬、菊(キク)のさし芽をしようとして、一旦水に入れておきました。 
鹿沼土にさし芽をしようとしたのですが、水に入れたままになってしまいました。
左はイソギク、右は交雑したものでハナイソギクというそうです。
9-10
菊(キク) 9-10


なんと1ヶ月以上そのまま外で水挿し状態に・・・でもちゃんと発根したのです。
簡単なさし芽です! よくポトスなどはこの方法でしますが・・・菊では偶然のことです。
ズボラなことをしているとよくこういうことがあります・・・
菊(キク)は季節がくるとチビでも花が咲きます。寄せ植えにはちょうどいい草丈になります。
この菊は2~3本まとめて蕾が見えるまで小さなポットに仮に植えておきます。
キクの発根 10-2
キクの発根 10-2

さて家にあったものを寄せ集めて、上の菊を入れて秋の寄せ植えを作りました。
関連記事 秋の寄せ植え コスモスの花

イソギクと家菊の交配種(交雑)はハナイソギク(花磯菊)というそうです。イソギクの花に白い花びらをくっつけた感じです。
葉はイソギクは縁の白がはっきりしたラインですが、ハナイソギクは全体的にぼけています。
イソギクと家菊の交配種は一昨年から偶然に畑のイソギクの脇に咲いていました。

イソギクもハナイソギクも開花が遅いので、秋の寄せ植えにちょうどいいかな・・
花が咲いているのが本来はグリーンですが、黄色く写っている小菊です。
花が咲いていませんが、右中央がさし芽したイソギクと家菊の交配種、下がさし芽のイソギクです。

菊(キク)とゴールドクレスト、モミジバゼラニウム、ピンクのニューサイランの寄せ植え 
11-16
DSC06300-11-16-1.jpg


ほかにニューサイラン(右)とハツユキカズラ(下)が入っています。

イソギクやハナイソギク(花磯菊)も草丈も寄せ植えにピッタリな上、可愛い小花がビッシリすき間なく咲いてよかったですよ。
上に花が咲いたハナイソギク(花磯菊)で、下がイソギクです。
12-20
DSC06522-12-20-3.jpg


お正月近くまで寄せ植えのキクの花が持ちました。
地植えのイソギクやハナイソギク(花磯菊)は11月下旬~12月上旬まででした。
約1ヶ月近くさし芽の菊のほうが花が遅くまで咲いていました。もちろん開花も遅いですが・・・
この頃になると気温が低いので、寄せ植えに使うと花が長持ちするのです。

↓同じ寄せ植えですが、こちらにもあります。
イソギク (磯菊)のアレンジ 寄せ植え 育て方
イソギク (磯菊)の入ったアレンジがいくつかあり、菊のアレンジもわりといいものですよ。
菊(キク)の花のフラワーアレンジ

現在はいろいろな菊の種類があります。
菊は仏花というイメージがありますが、それだけではなく菊をもっとアレンジや寄せ植えに利用したいものです。

スポンサーリンク