育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 球根・多年草

球根・多年草

球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。

ヒナソウ

ヒナソウ,星ヒナソウ,花

ヒナソウ
2010-12-1
IMG_5841-12-1-3.jpg

ヒナソウは小さな可愛い花をたくさん咲かせる常緑の多年草で、日本には明治時代に観賞用として入ってきたそうです。
北米大陸東部の砂質の土地にある森林の開けた場所や草原にヒナソウが生えるとのことです。

このヒナソウは冬に花が咲いていたのを購入しました。
十字形をした淡い藤色の花を上向きに咲かせていますが、白や青紫の花もあるそうです。
2010-12-1
IMG_5865-2010-12-1-1.jpg


ヒナソウの花。 
花の形がナズナに似ていることから、トキワナズナの別名がありますが、ヒナソウは花弁がつながっています。
2010-12-1
IMG_5842-2010-12-1-2.jpg


小さな葉がびっしり付き、株姿はこんもりとしています。
小スペースのグラウンドカバーになりそうですね。
2010-12-1
IMG_5844-2010-12-1-1.jpg

翌2011年はヒナソウを盆栽風にして育ててみました。11月中旬にはつぼみが出てきましたよ。
加温しなくても12月には花が咲くのですね・・・
このヒナソウの花期は11月中旬~5月です。
関連記事 ヒナソウ 栽培記・育て方 製作中

ヒナソウ にはフーストニア・セルフィリオレア(H. serpyllifolia)とフーストニア・セルレア(H. caerulea)があるそうです。
ヤサシイエンゲイさん参照

我が家で最初に購入した上の画像のヒナソウは、フーストニア・セルフィリオレアでしょうか?
セルフィリオレアはヒナソウに比べると草姿が一回り小さく、こんもりしています。
ネームプレートにはヒナソウとありましたが・・

*****************

ヒナソウ データ
学名:Houstonia caerulea
アカネ科 ヒナソウ属(フーストニア属)
常緑多年草
原産地 北アメリカ
草丈 3~5cm
別名 アオバナヒナソウ(青花雛草)、トキワナズナ(常盤薺 )、学名よりフーストニア・セルレア
花期 2~6月
花色 白,青、紫
耐寒性、耐暑性  強い

******************

こちらはネームプレートには星ヒナソウとありました。
葉や株姿は上と比べるとこんもり型ではなく、つる性のようにのびのびしています。
2012-6-24
IMG_6914-2012-6-24-2.jpg


花は5片あり、別れているように見えます。花を見ると上のヒナソウと品種が違うようです・・・
2012-6-24
IMG_6913-2012-6-24-2.jpg


・・・むずかしい。やはり上の画像が本物のヒナソウなのか・・・?
2012-6-24
IMG_6912-2012-6-24-2.jpg

アンゲロニアの咲く夏の花壇

アンゲロニアの咲く夏の花壇

アンゲロニアの咲く花壇
2014-8-31
_DSC0081◎-2014-8-31-1.jpg
白いアンゲロニアとブルー系のアンゲロニア・エンジェルフェイス


このページは特別大きい画像です。
2014年の白いアンゲロアが小さな画像ではチカチカと変になってしまうのです。
この白とブルーの花壇はとても清々しく、お気に入りの夏の花壇でしたが、写真の腕が悪いためにアップするのをあきらめていました。
画像を大きくすればなんとか実物に近づいた画像になります。今度から他の花もそうしましょう・・・


秋の花壇になりましたが、アンゲロアは衰えずにエキナセアやケイトウの花を引き立てています。
まわりには観賞用トウガラシやブリエッタ・アメジストブルー、ネコノヒゲ、ルドベキア・タカオ、ハーブ・カラミンサがあります。
2014-10-4
_DSC0047◎-2014-10-4-2.jpg

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ
IMG_3955-7-10-3.jpg
ブロック塀の上で咲いていたノウゼンカズラの花。夏の代表的な花ですね・・・

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ(カンプシス)属
つる性落葉樹
原産 中国 
栽培適地 東北地方以南 ピンク系は関東地方以南
開花 6月~9月
別名 トランペットフラワー、チャイニーズ・トランペットフラワー
和名 漢名の凌霄(りょうしょう)~ノウセウ~ノウセウカズラ~ノウゼンカズラとなったようです。

平安時代には薬用として栽培されていたそうで、花や樹皮は漢方薬では利尿や通経に使われています。
オレンジのほかにアメリカノウゼンカズラとの交配種もあり、黄色やピンク、花の大きい園芸品種などもあります。
我が家にはピンクノウゼンカズラもありますが、こちらは寒さに弱く、関東地方以南での露地植えが可能です。
ノウゼンカズラ科のインカビレア・ピンクフェアリーも寄せ植えにしましたが、草花系の感じです。


ノウゼンカズラは丈夫で生育旺盛なので、公園や塀、民家の庭などに植えられています。
気根を出しながら木や壁や塀によじ登り、垂れ下がった枝にラッパ型の花をたくさん咲かせます。
ひとつひとつの花は短命ですが、開花期には絶え間なく新しい花を咲かせます。
ノウゼンカズラの育て方 製作中


その他の仲間
アメリカノウゼンカズラ
北アメリカに分布するノウゼンカズラの仲間で、野生種は本種とノウゼンカズラの2種だけだそうです。
花色は赤いオレンジで、花茎は短くて垂れ下がりません。生育旺盛でつるは10mにも伸びます。

タグリアブアナ
ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの雑種です。
花の形はノウゼンカズラ、色はアメリカノウゼンカズラの性質を強く受け継いでいます。
代表的な品種の'マダム・ガレン'は赤みの強いオレンジ色での花を咲かせます。