育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 多肉植物 > グラプトベリア属 デビー

グラプトベリア属 デビー

ベンケイソウ科,グラプトベリア属,デビー,形も色も一番,

デビー
DSC_0020-2015-1-8-1.jpg

デビー
ベンケイソウ科 グラプトベリア属
グラプトペダルム・アメチスチヌムとエケベリア(何かは?)の交配種らしい。
多肉は交配が容易らしくたくさんの品種ができています。


デビーを入手したのが2013年。
白い粉が表面を覆っています。ブルーベリーのブルームみたいです。
紫外線あたり(?)から身を守る働きがあるのでしょうか。
2013-5-26
_DSC0127-2013-5-26-1.jpg


パールフォンニュルンベルクと似ているので比べてみました。
右は葉先が丸くなっているパールフォンニュルンベルクで、左のデビーは葉先と葉元が狭くなっていて葉長です。
紅葉もデビーのほうが赤くなります。
2013-11-13
_DSC0199-2013-11-13-1.jpg


カイガラムシ(ワタムシ)の被害も受けやすいのかな・・うっかりするとたちまち汚くなります。
浸透移行性の殺虫剤(オルトランDX粒剤など)を植え付けや植え替えのときに混ぜておきます。
効果が薄れてきたら、上に置いてから水やりをしました。
2013-9-13
_DSC0025-2013-9-13-1.jpg


葉ざし、さし芽など簡単にできます。
自己流ですが・・多肉植物のふやしかた
2015-4-18
DSC_0181-2015-4-18-1.jpg


同じデビーを比べててみました。左はよく日の当たるところに置いたもの。
右は頭をチョンパ後の株から出た仔たちで、少しだけ日の当たるところに置いたものです。
このデビーと同じようにたくさんの仔吹きがあっても、日当たりが良いところのデビーは濃いピンクパープルでした。
茎もほとんど伸びませんでした。
2016-9-12
DSC_0043-2016-9-12-1.jpg


こちらのデビーは日当たりがよい場所で、土が1センチの深さしかなくてほぼ軽石でした。
多肉類はいじめて育てたほうが、本来の環境になっていてちょうどいいのかな・・?
たくさん増えた中でも形も色も一番のミス・デビーの面々です (*⌒ー⌒*) パチパチ イエーイ♪
まわりにあるのはルンヨニー・トップシータービーや火祭りです。
2016-9-12
DSC_0086-2016-9-12-1.jpg


デビーはかなり耐寒性もあり、軒下に置きっぱなしで室内に取り込まなくても大丈夫でした。
霜には当てませんでしたが、あたっても大丈夫らしく、マイナス1~2℃まで耐えられるそうです。
今度は軒下に置きっぱなしの寄せ植えに入れてみたい・・・
関連記事 
多肉寄せ植え 古瓦を利用②
ふやした多肉植物で寄せ植え♪♪

スポンサーリンク