育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 多肉植物 > 多肉植物 クロホウシ(黒法師)栽培記

多肉植物 クロホウシ(黒法師)栽培記

クロホウシ(黒法師)、多肉植物,寄せ植え,栽培,銅葉色,半耐寒性

IMG_4857-5-17-3.jpg
5-17 銅葉色のクロホウシ(黒法師)
光沢のある黒紫色(銅葉色)の葉のシックな感じの多肉植物です。

クロホウシ(黒法師)
ベンケイソウ科 アエオニウム属
原産地:地中海西部
別名:エオニウム・アエオニウム・アルボレウム、サンシモン
耐寒温度:0度以上半耐寒性
関連記事 ベンケイソウ科 アエオニウム属の主な種類

***********************************

多肉植物 クロホウシ(黒法師)栽培記

2008年のクロホウシ(黒法師)

このクロホウシ(黒法師)は2007年秋に購入のものです。
クロホウシ(黒法師)を真上から見たところで、枝が3本に別れています。
葉が茶色っぽいタイプ、葉が真っ黒いタイプがあるようですが、これはどのタイプでしょうか?
多分銅葉色のときもあるので、黒いタイプなのでしょうか・・・
2008-4-22
DSC02747-2008-4-22-1.jpg


その当時の2008年頃は多肉植物は過湿が苦手とは知らないで、同じ多肉植物のアカプルコゴールドの中に植え込みました。黄色の花が咲いているのがアカプルコゴールドです。
梅雨を迎える時期なのに、ここがいいと思い込んでいたのですから、わからないということは怖いものです。
関連記事 「アカプルコゴールド」 春夏秋冬画像
2008-6-10
DSC03878-6-10-2.jpg


クロホウシ(黒法師)は夏の暑さが苦手ということです。
おまけに南に塀もある風通しも悪い場所に植えてしまいました。
本来は夏の暑さを嫌い、日当たりがよく涼しい環境を好みます・・・とあります。
左側の中央にちょこんとあるのが、クロホウシ(黒法師)です。
クロホウシ(黒法師)の上方はラムズイアー、その下はエケベリア(高砂の翁?)、コリウスペルシカリア・シルバードラゴンなどがあります。
この右手は我が家の半日陰・日陰のシェードガーデンになっています。
当時は多肉植物を一般の植物と一緒に管理してしまったのでした。でも多肉のアカプルコゴールドだけはグランドカバーとしてよかったのではないかと思っています。家にこられた方はまずはアカプルコゴールドだけは褒めてくれます。
2008-8-23
DSC04961-2008-8-23-2.jpg


たまたま枯れずに無事乗り切ってくれたクロホウシ(黒法師)ですが、もともと他の多肉植物より丈夫かなのかも?
茎が長くなったので、カットしてさし芽をしました。後で調べたら、春のほうが良かったみたい。 

2008-9-26
DSC02867-2008-9-26-1.jpg


※訂正 アエオニウム属は冬型タイプなので、秋に挿してOKでした。むしろさし木に最適でした。
 どおりでいつもうまくいったのでした (〃´―`〃)
2008-9-26
DSC02924-9-26-1.jpg


残ったほうのクロホウシ(黒法師)ですが、室内に置いたので葉色もグリーンになってしまいました。多肉植物 は日光によく当てるときれいに発色するようです。
暖かい室内に置いたので、カットした枝から新しい芽が出来ています。
2008-10-31
DSC05959-10-31-2.jpg


:::::::::::::::

2009年のクロホウシ(黒法師)

前年にさし芽をしたクロホウシ(黒法師)と元のクロホウシ(黒法師)を一緒に寄せ植えにしました。でもあまりにも不安定です。
2009-8-19
DSC02590-2009-8-19-1.jpg


秋になってまた切り戻しをしてしまいました。
2009-10-11
DSC03563-2009-10-11-1.jpg


残った棒は細長い鉢に少量の用土を入れて安定させました。
2009-10-12
DSC03591-2009-10-12-1.jpg


また長いものや短いものを一つの緒の鉢にまとめて植えました。
カットした枝から全然芽が出ていないのもありました。春ならそういうこともないのかしら?
2009-12-22
IMG_1265-2009-12-22-1.jpg


アップするとこんな感じになりました。
2009-12-22
IMG_1266-2009-12-22-1.jpg


*******************************

2010年のクロホウシ(黒法師)

厳寒期は日当たりのよい廊下に置きました。
寒さにあわせないので、全くのグリーン色です。
2010-1-1
IMG_1321-2010-1-1-1.jpg


引っ張って見たら根の長さはこのようになっていました。
2010-1-1
IMG_1322-2010-1-1-1.jpg


正面から見たクロホウシ(黒法師)の寄せ植えです。
結構殖えましたね (⌒▽⌒)
2010-1-31
IMG_1387-2010-1-31-1.jpg


クロホウシ(黒法師)と並んでいる多肉植物はなんでしょうね?
知人にもらって1~2年育てていつの間にかなくなっていました・・・
※カランコエ・ラクシフロラらしいです。その左の細長い葉はフリージアです。
 2014年はフリージアの育て方が明治安田生命の顧客用冊子9月号に掲載されました。
2010-2-21
IMG_1524-2010-2-21-1.jpg


外で育てるとこのような本来の色になります。
バラ目というだけあって、バラの花のようなそのお姿・・(うっとり
2010-5-17
IMG_4858-2010-5-17-2.jpg


*******************************


2011年のクロホウシ(黒法師)

前年に使用済みのフライパン(穴がない)を白くスプレー塗装。
家にある用土を適当に混ぜて、そこにクロホウシ(黒法師)やエケベリア、夕映え、カランコエ・ラクシフロラを植えてはみましたが・・・
2010-10-29
IMG_4351-2010-10-29-1.jpg


こんな感じになってしまいました。一緒に植えているのは高砂の翁と夕映えです。
・・・なんとも不格好ですね (  ̄ o ̄)oOO ハーアァァ
初夏から秋にかけて外に置いたので、雨が降るとブカブカになってしまい、大分枯れてしまいました・・・
このフライパン寄せ植えは大失敗でした (∪_∪。。)グスン 後になって知識がないのは恐ろしいと思いましたが・・・
2011-2-19
IMG_7610-2011-2-19-6.jpg


秋にはクロホウシ(黒法師)の茎に気根が・・・やっぱり秋からが生長期なのですね。
2011-10-25
IMG_8542-2011-10-25-1.jpg


*******************************


2012年のクロホウシ(黒法師)

頭が重いので、クロホウシ(黒法師)だけがよくひっくり返ってしまいます。
ここは殖えすぎた色々な植物があるところです。アジュガ、フウセンカズラ、名前がわからなくなってしまった細い葉が見えます。
そこに置いたのですが、植えてあるのは小さな鉄瓶で、少しヒビ程度の穴が空いていますが、水はけは非常に悪いです。でも鉄瓶なので思いからひっくり返ったりはしません。
多分、雨が降っているときの写真です。中はドボドボ水がいっぱい、雨には当たるは・・・後で思い返すとこれ以上悪い環境はありませんね。
2012-7-13
IMG_8002-2012-7-13-1.jpg


雨粒がかかったクロホウシ(黒法師)。虐待しているのにきれいだなぁと思ったものでした。
2012-7-13
IMG_8001-7-13-1.jpg


真っ直ぐに植えたのですが、斜めになっています。
下の多肉植物は「夕映え」です。ひどい色になってしまいました。
鉄なので、色が黒くなってしまったのでしょうか?
寒くなるとクロホウシ(黒法師)はやはり黒くなるようですね・・・
2012-9-29
DSC_0019-2012-9-29-1.jpg


2012-9-29
DSC_0017-2012-9-29-1.jpg


現在11-14 はこのように曲がったままさし芽をしています。
2012-11-14
DSC_0052-2012-11-14-1.jpg

その後(2015年)のクロホウシ(黒法師)も今度は正しい育て方?をしているので、順調に育っています。ずいぶん長生きをしています。

多肉の虜になった娘のレポートもご覧ください。
可愛い多肉植物

※2015年初冬、管理人の多肉植物はなんと300種類にもなってしまいました!
小さくて可愛い上に手間要らずだし、殖えやすいし、安いし、場所もとらないし、飾り方もいろいろ楽しめるし (⌒о⌒)♪
自己流ですが・・多肉植物のふやしかた

ホントに欠点なしと言っていいくらいの植物なので、老若男女それぞれの目的で育ててみるのを是非おススメします。
ただ冬の間は殖えすぎてしまった多肉植物の置き場所を確保するのが悩みの種です。簡易ハウスがあればいいのですが・・・


スポンサーリンク