育て方.jp|花、野菜の育て方など

我家のコリウス コリウスの育て方 

花壇のコリウス,育て方,栄養系コリウス,シェードガーデン,肥料,ピンチ,さし芽,種類

花壇のコリウス
DSC05804-19-10-17-1.jpg

コリウス
シソ科コリウス属
和名: 金襴紫蘇(きんらんじそ) 錦紫蘇(にしきじそ)


コリウスは鞘(さや)という意味で、由来はおしべの形が刀の鞘に似ていることから。
非耐寒性1年草(実生系)と非耐寒性多年草(栄養系でさし芽で増やす。花の付きにくい品種が多い) があります。
年中暖かいところで育てると多年草になります。
我家のコリウスは花の付きにくい品種です。ラベルに栄養系宿根コリウスと書いてありました。
コリウスは明るい日陰が大好きな観葉草花です。
でもコリウスの場所の適応は幅広く日向でもよく育ち、木陰、北向きのベランダでも育ちます。


木漏れ日ぐらいのシェードガーデン(日陰の庭)に植えたのですが、コリウスには最適だったようで霜が降りるまで楽しませてくれました。
コリウスの寄せ植えは別記事にしました→コリウスの寄せ植え


↓根付くまでは水やりはまめにしていました。そのうち梅雨に入ったら育つスピードが速くなってきました。
朝とか夜の温度が寒くない時期で20℃~30℃の間が最もコリウスは生長するそうです(最適な温度は25度前後らしい)
コリウスは梅雨のころになるとメキメキ大きくなります。高温多湿を好むのでその条件が揃うとびっくりするくらい育つのが早いです。


コリウスは明るい日陰が大好きな観葉草花です。
でもコリウスの場所の適応は幅広く日向でもよく育ち、木陰、北向きのベランダでも育ちます。
毎年育てているコリウスですが、今年2007年は初めて庭に植えてみました。


さし芽のコリウスを花壇に植えて間もないころの画像。
中央はお気に入りのレッドアイズで毎年のように育てています。
後方左側はライムトゥイストで、何年か後には全然見かけなくなってしまいました。
2007-7-31
DSC04085-7-31-8.jpg


コリウスが勢いづいてきたので、もうすぐアスチルベが隠れてしまいそうです。
植えるときに自前のぼかし肥料を土に混ぜて、あとは月に1度化成肥料をパラパラ程度・・・
様子を見ながらそれぞれの土に応じて肥料は施してください。特に窒素肥料が多いと色がくすんでしまい、鮮やかな色にはなりません。
2007-8-15
DSC04338-19-8-15-3.jpg


後方左側がライムトゥイストで右側が月桂樹という名のコリウスです。
2007-9-5
DSC04948-19-9-5-3.jpg


コリウスのある風景 シェードガーデン
白い花はインパーチェンス、白っぽい葉はブルンネラ・ジャックフロストツボサンゴ(ヒューケラ)などがあります。
2007-9-13
DSC04947-2007-9-6-1.jpg


上にある画像では目立ちませんが、赤紫蘇の葉のような色合いのコリウスです。銅葉というのでしょうか・・
これは多分ブラックベリーワッフルです。似ている色で2012年はプリミティブクールというコリウスを育てました。
手前はシュウカイドウです。
2007-9-27
DSC05366-19-9-27-1.jpg

縦にグングン育つコリウスのタイプは、回りの植物の様子で背丈のバランス考えたらいいと思います。
塀際に植えたコリウスは、高くするつもりで一度しか摘心(ピンチ)はしませんでした。
蕾(ツボミ)が出にくくて、庭にたくさん植えても手入れが楽でした。(栄養系コリウス)
前方に植えた場合は、高くなっては後ろの植物が見えなくなってしまいますから、摘心(ピンチ)を繰り返し背丈を低く抑えました。
前方は横に這うような性質や小ぶりなタイプのコリウスなら、そんなに手間がかからなくていいかと思います。


地植えの場合は夏場は午前中日が当たり、午後は半日影の場所ならコリウスの葉色が変わりません。今年の我家のコリウスは半日影の場所で成功しました!
高温と強光線によって葉色が悪くなっているのは、9月中旬ごろになれば自然と直ります。


**************


西日の当る狭い道路沿いの塀のコリウス。ここは幅6cmぐらいしかないのですよ。
2007年
コリウス.jpg

コリウスが育つ条件としてはこういう場所は非常に悪いと思うのですが、さし芽を植えておいたら予想外にこんなに良く育ってくれました。
あまりに乾いたときは水やりをしましたが、葉やけも起こさず晩秋まで元気でした。
普通は夏場は午前中日が当たって、午後は日陰になるような半日影の場所が最適らしいのですが・・・


この場所はこの2007年にどこからかアスパラガスの種が雨で流されてきて、1本だけ発芽したのです。
徐々に株が大きくなり、2014年現在までは2~3回ほど収穫しおいしく食べていましたよ。
ど根性アスパラガス 製作中
入り口の反対のところはチューリップがあります。これもど根性チューリップです。


*******************************


毎年コリウスを育てていますが、途中省略です。
2011年の花壇のコリウス
コリウス「ニューゴールド」と小さくて赤いコリウスは多分「ブリリアンシー」、左はルドベキア。
2011-9-1
IMG_5861-2011-9-1-2.jpg


↑約1ヶ月半でこのように育ちました。条件がよければ生長が早いです。
ここは朝夕は日陰ですが、お昼前後は直射日光がガンガン当たる場所なので、乾いたときには水やりをしていました。
↓上のコリウスを植えたときのさし芽苗の様子です。
2011-7-16
IMG_4125-2011-7-16-2.jpg


ここは我が家の花壇の中では一番日当たりがよいところです。
手前の左側がコリウス「ミッドナイトグリーン」、右は細葉で黄金色のスティパ・アランティです。コリウスの左後ろはなんと赤紫蘇なのですよ。
後ろ中央の幅広い葉は紫ウコンで、右の幅広い葉はニューサイラン。グランドカバーになっているのはアカプルコゴールドです。
ケイトウのレッドスティックもあります。ごちゃごちゃとしていて失敗花壇でした。
2011-9-5
IMG_5995-2011-9-5-1.jpg


************


2012年の花壇のコリウス
若草色のコリウスは「ライムサンシャイン」で、右の赤いコリウスはオレンジマーマレードとナランジャです。
2012-9-30
DSC_0066-2012-9-30-7.jpg


花壇というより道路みたいに車が通るちょっとした隙間と犬走りの間(30~40cmしかない)に植えてあります。
上は西から見たコリウスで、下は東から見た同じコリウスです。
後ろはスケスケのパッションフルーツのグリーンカーテンです。白の小花はユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト
関連記事 パッションフルーツ(クダモノトケイソウ) 栽培記
右上の鉢植えの緋赤色の品種コリウスはウィンターサンです。
2012-9-11
DSC_0064-2012-9-11-7.jpg


2013年の花壇のコリウス
左上から摩天楼、ワサビ、レッドアイズでその下がプチパイン、ピーターグリーンです。入手後すぐに植え替えました。
2013-5-18
_DSC0143-2013-5-18-2.jpg


右からプチパイン、レッドアイズ、ワサビ、摩天楼で、一番左にサンパチェンスがあります。
上段には左からクッキングトマト(調理用トマト)、ミニトマトがあります。
今年は手間を掛けられなかったせいで、草花や野菜全てがうまくいきませんでした。
関連記事 クッキングトマト「ボンリッシュ」 プランター栽培記
2013-8-2
_DSC0024-2013-8-2-1.jpg


2014年の花壇のコリウス
右下がライムサンシャイン、左下がブリリアンシー、上が濃赤紫色のビンテージベルベットです。
2014-10-4
_DSC0090-2014-10-4-1.jpg


さし芽したコリウスを花壇に植えてから一ヵ月半の様子。
植えるのが遅かったので、まだ小さいです。もう少しさし芽をするのも早いとよかったですね・・・・
2014-9-13
_DSC0004-2014-9-13-7.jpg

目立ちませんが、観賞用とうがらしも数種類あります。


*******************************


コリウスの用土
高温多湿を好みますので、保水性があって排水性のよい用土が適しています。
市販の草花用培養土は手軽です。
またはコリウスは弱酸性用土を好むので、赤玉土ピートモス、バーク堆肥、パーライト、バーミキュライトなどを使うとよいですね。

コリウスの葉色は温度・光線・肥料によって変化します。前述のようにチッソ分が多いと葉色が悪くなります
トピアリー型やツリー型は最初は肥料をあげて、生長させて形を優先にします。
ある程度育ってから肥料を止めれば葉も鮮やかになってきます。


*******************************


コリウスのさし芽
わたしの場合は簡単なさし芽のやり方です。
鹿沼土を鉢に入れます。
鉢受け皿に水をいつも入れておくようにします。そこへいろいろなものを挿します。
ダメもとで挿していますが、大抵発根します。
普通、さし木やさし芽は鉢底に水を溜めないのですが・・・
もちろん鹿沼土でなくてもさし芽用のものでも大丈夫ですが、真夏は鹿沼土のほうがいいような気がします。
関連記事
コリウスのさし芽


*******************************


コリウスのピンチ
伸びた茎をピンチすると分枝が多くなり、こんもりと仕上げることができ、また形を整えることにより、思い通りに仕立てることができます。
でも秋、寒くなり始めた時期に、ピンチすると寒くなる時期ですから、コリウスはなかなか育ちません。
9月頃からは形を整えるだけのほうがいいのではないかと思います。


*******************************


コリウスの種類
・ハンギングタイプ のコリウス
茎が横に広がりながら生長するタイプのコリウス。


・ウェーブ タイプのコリウス
葉の縁が波打っているのが特徴です。


品種により大きく仕立てることも出来るし、ピンチすることにより作ることも出来るので、用途に応じて使い分けられるタイプです。


・スタンダード タイプ のコリウス
葉の大きいもの、生育が旺盛なものが多く、葉色もカラフルで花壇、コンテナ、ハンギング、スタンダード仕立てなど特性を活かして様々な使い方が出来ます。


・プチ タイプの コリウス
葉の大きさは比較的小さく、ピンチすると分枝が多くなり、こんもりと茂るタイプ


*******************************


コリウスの仕立て方
地植えのほかスタンダード仕立て、編み込み仕立て、ツリー仕立て、ハンギング、寄せ植え、コンテナ植えなどがあります。

鉢植えのコリウスの場合は、11月頃には室内に取り込みます。
室内での置き場所は、できるだけ日光のよくあたる場所がよいですね。

スポンサーリンク