育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 花木・樹木・果樹 > ストロベリーツリー(姫いちごの木)栽培記

ストロベリーツリー(姫いちごの木)栽培記

ストロベリーツリー(姫いちごの木),プランター栽培記,

ストロベリーツリー(姫いちごの木)
IMG_5106-210-11-18-1.jpg

ストロベリーツリー(姫いちごの木)
ツツジ科 アルブツス属
常緑中低木
原産 ヨーロッパ南東部
樹高3~5mくらい
半耐寒性 ー5℃くらい
花10~12月

ストロベリーツリー(姫いちごの木)のプランター栽培
面白そうな樹木を発見! もちゲット
もう実がなっていますね・・・ (*⌒ー⌒*)
すぐに一回り大きなプランターに根鉢を崩さずに植え替えました。
関連記事
花木苗・果樹苗の植え方 植え付け・植え替え
常緑樹(広葉樹と針葉樹)の根回しや移植(植えつけ)  

2010-5-20
IMG_15076-2010-5-20-1.jpg


上から一ヶ月ほど経ちました。つぶつぶがまるでイチゴのようです。
ストロベリーツリーの名の由来は、このイチゴのような実が木になっているからでしょうね。
2010-6-25
IMG_17323-2010-6-25-1.jpg


秋になり、たくさんんの壺型の白い花が咲きました。びっくりしたのはその数の多さ!
2010-10-24
IMG_4007-2010-10-24-1.jpg

ブルーベリーの花と似ていますね。
関連記事
ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの寄せ植えの画像 植え付けから収穫まで
 
暦の上ではもう初冬ですが、まだ秋たけなわ・・・ストロベリーツリーが赤く熟してきました。
そしてよく見ると花も咲いているのです!(左の白い花)
2010-11-18
IMG_5107-2010-11-18-1.jpg


ストロベリーツリーの花と我が家の3姉妹(幸・福・来)のうちの幸ちゃんです。
姉妹といっても同じ13歳ですが・・・孫同然です。
2010-11-7
IMG_4666-2010-11-7-2.jpg


なんていうことでしょう! 
またやってしまいましたよ。バッチリと針金が食い込んでいます。これで何度目でしょうね。
針金が食い込んでいた関連記事
・さくらんぼ(サクランボ)の栽培 「暖地」の育て方
・ドドナエア・ポップブッシュ・プルプレア(パープレア)の季節の移り変わりの画像

癒合したところは異常に膨れています。
※後に雪の重さでポッキリと折れたのはこの枝かもしれません。
2010-11-18
IMG_4670-11-7-1.jpg


ストロベリーツリーの熟した果実。食べてみたけれど、お味はちょっとネ。
2010-11-18
IMG_5194-11-19-1.jpg


***************


ストロベリーツリー(姫いちごの木)の露地植え
2011年のストロベリーツリー(姫いちごの木)
一年ほどプランターで育てたストロベリーツリー(姫いちごの木)ですが、5月下旬に畑に移植しました。
穴を掘り、堆肥などを入れて根を崩さずにそのまま植えただけです。
2011-6-14
IMG_2811-2011-6-14-1.jpg


↓地植えなので、のびのびと生長したストロベリーツリー(姫いちごの木)。
花がいっぱい咲いています。
奥に見えるはブルーベリーサクランボ「暖地」
見えませんが、右側には枝垂れハナモモアジサイ、カキの木があります。
この畑は5畝ほどですが、かなりの植物が植えてあります。
野菜、果樹、花木、山菜などの混植菜園です。
昨年2010年あたりから殺虫剤、殺菌剤をしなくてもなんとか食べるぐらいのものが収穫できるようになりました。
いろいろな植物があるので、天敵が増えてうまい具合にまわっているのかと思います。
代表的な天敵
・テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
・クサカゲロウの幼虫
・ヒラタアブ類
2011-11-8
IMG_9078-2011-11-8-1.jpg


****************


2012年のストロベリーツリー(姫いちごの木)
この木の面白いところは同時期に壷型の花と果実が一緒のところです。
なかなかそのような木はないですよね。
2012-11-11
DSC_0043-2012-11-11-1.jpg


この枝は花後で、小さな実がなっています。でも全部は実らないで落ちてしまうのが多いのです。
2012-11-11
DSC_0042-2012-11-11-1.jpg


****************


2013年のストロベリーツリー(姫いちごの木)
あれほどの花が咲いても実がなるのは少しだけ・・・雌雄の木があるのかな?
花を見ていると実も鈴なりになるように思い浮かべますが、果実はさっぱりです。
2013-6-30
_DSC0038-2013-6-30-1.jpg


2013-12-1
_DSC0135-2013-12-1-2.jpg

晩秋から冬にかけて少しだけ赤く熟します。その繰り返し・・・
その後は前述にありますが、雪の重みで一番太い枝が折れてしまいました (TоT)

スポンサーリンク