育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・

斑入りタデ

斑入りタデ,園芸種,希少価値,雑草

斑入りタデ
2013-10-19
_DSC0318斑入りタデ-2013-10-19-2.jpg


斑入りタデv
タデの斑入り種が販売されているなんてビックリでした。思わずえ~っという感じでした。
タデ自体は雑草として困ってしまう存在だったので・・・

偶然に見つけたものを園芸種として販売しているのか、それとも作出したものか?
いまや斑入りダクダミもあるし、野生種も斑入りは値打ちが出てくるのだろうか?
でも昔から何の植物でも斑入りは人気があるようですね。希少価値ということなのでしょうね。
この種をまけばどのぐらいの確立で斑入りタデが出来るのか興味がありますね・・・


2013-10-19
_DSC0318斑入りタデ-2013-10-19-1.jpg

山野草 オキナグサ(翁草)の四季

オキナグサ,翁草,四季の画像

オキナグサ(翁草) 
DSC02693-4-19-3.jpg


オキナグサ(翁草) 

キンポウゲ科 オキナグサ属 
別名:白頭草
多年草
原産地 本州、四国、九州
草丈/樹高 30~40cm
開花期 4月中旬~5月下旬
花色 暗赤紫色
耐寒性  耐暑性 普通

オキナグサは日当たりのよい草地に生育する多年草です。.
各地にオバガシラ、オジノヒゲ、カワラノオバサン、ネコグサ、ユーレイバナなどのさまざまな地方名があります。
身近に見られたオキナグサが減少した大きな要因として、園芸目的の採集や自然環境の悪化が考えられているそうです。
個人的には園芸目的の採集よりも自然環境の悪化が大きな要因だと思いますが・・・
昔はどこにでもあった植物も、今ではほとんど見かけられなくなってしまったのが多いですね。
このまわりでも山林は荒れ放題で草丈の低い植物は隠れてしまい、生長することができないし、田畑のまわりは除草剤を撒いてしまうところが多いのです。 

東北では「おきなぐさ」のことを「うずのしゅげ」というそうです。
宮沢賢治も「おきなぐさ」を書いています。

うずのしゅげを知ってゐますか。
うずのしゅげは、植物学ではおきなぐさと呼ばれますが
おきなぐさといふ名は何だかあのやさしい若い花をあらはさないやうにおもひます。


我が家のオキナグサは園芸店で求めたのですが、種で増やしたオキナグサと願っています・・・

冬のオキナグ
昨年の鉢植えを庭のハナミズキの下に植えてあります。
冬は枯れたようになりますが、根は生きています。

2008-1-19

DSC01620-1-19.JPG


春のオキナグサ
地下には太いゴボウ根状の根茎があり、暖かくなると芽を出すとともにつぼみも見えてきます。
2008-4-3
DSC02296-4-3-1.jpg



白い毛で覆われた花芽を伸ばします。
2008-4-3
DSC02297-4-3-7.jpg

葛(クズ)の話 葛(クズ)の効用と葛(クズ)のスイーツ

葛(クズ),スイーツ,葛根湯,吉野くず

葛(クズ)
マメ科のつる性の多年草で秋の七草の一つ。
北海道~九州までの日本各地のほか、中国からフィリピン、インドネシア、ニューギニアに分布しています。各地で河原や野原、山林などの荒れ地で他の木などにからみついて繁茂しています。

葛(クズ)の花の開花時期は8月中旬~9月下旬。
2007/8-16
葛(クズ) 2007-8-16


葛(クズ)の蔓(つる)でカゴを編んだり、昔は葛布(くずふ)と呼ばれる布も作られていたということです。

山際の葛(クズ) 2007-8-16

実家の裏山の葛(クズ)


葛(クズ)は年月がたつと茎も根も太くなり、根は長芋状になります。
葛(クズ)の根はカッコン(葛根)と呼ばれ、食品の葛粉(くずこ)や漢方薬が作られます。
発汗作用・鎮痛作用があるとされ、葛根湯、参蘇飲(じんそいん)などの原料になるそうです。

私は風邪の初期には葛根湯を飲んだり、また葛粉(くずこ)を湯で溶かした葛湯(くずゆ)を飲みます。これは子供の頃からず~と続いていることです。
個人差があるかもしれませんが、風邪の初期に関しては葛根湯を飲んでから寝ると翌日は大抵は直っているのです。
でも本格的な風邪になってしまった場合は効かないようです。

風邪でない頭痛や肩こりのときには、鎮痛薬を飲まないでまず葛根湯を飲みます。
大抵はそれだけでいつの間にか直っていますが、それで直らないときは大事な病気が隠れている場合があるので、すぐに病院で診てもらったほうがよいと思います。
なお胃腸の弱い人は吐き気や食欲不振を起こすことかあるので注意が必要とのことです。

また水分の多い温かい物を沢山とって、一汗かくと風邪の初期の病状は回復に向かうことが多いみたいです。卵酒とかネギ、ショウガなども体を暖める作用があります。

落語にもそんな話がありましたね。葛根湯医者・・・
なんの病気でも「では葛根湯・・」といっているので、ヤブ医者のごとく笑いを誘っているのですが、本当は理にかなっているらしいですよ。

水分の多い温かい物を沢山とって一汗かくと初期の病状は回復に向かうことが多いみたいです。
卵酒とかネギ、ショウガなども体を暖める作用があります。