育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・

ハイビスカス・ローゼル  利用/効用・効能/育て方

ハイビスカス・ローゼル,フヨウ属,ハイビスカスティー,ローゼル酒,利用,効用・効能,育て方,種まき

ハイビスカス・ローゼル
_DSC0099ハイビスカス・ローゼル-2013-10-27-1.jpg

関連記事
アメリカフヨウ(草芙蓉(くさふよう)
ハイビスカス 仏桑花(ブッソウゲ) 年間の管理・育て方
その他のアオイ科はこちら→アオイ科


ハイビスカス・ローゼル
アオイ科 フヨウ属(ハイビスカス属(ヒビスクス属
原産地:西アフリカ
非耐寒性常緑亜低木(一年生または多年生
別名:ローゼル、ローゼリソウ、ハイビスカス サブダリファ
紅葵 (ベニアオイ) ハイビスカスの一種。

ホームセンターで初めて見た「ハイビスカスティー」になるというハイビスカス・ローゼルです。。
2013-10-27
_DSC0102-2013-10-27-1.jpg

ハイビスカス・ローゼルの利用
赤い枝の葉のところに赤い実やつぼみらしいものがいくつかついています。
花後に外側にある赤いガクの部分を使用するとか・・・
1)ハイビスカスティー
 ローゼルティにするなら乾燥させておけば随時に利用できるのでは・・・

2)ローゼル酒
 ローゼル酒にするには、乾燥した(フレッシュなままでも?)を使います。
 ローゼルをホワイトリカーに皮をむいたレモンと氷砂糖を入れて漬け込んでおき、一、二ヶ月過ぎたころレ モンを取り出し、ローゼルは熟成させます。

3)ハイビスカス・ローゼルをフレッシュなままで利用するのはジャムやダイコンなどの甘酢漬けなどで赤いき れいな色素を利用します。
 適量で試してみてはいかが?

4)ジュースやゼリー
 赤紫蘇みたいにジュースやゼリーにしてはどうかしら?
 成分にクエン酸や酒石酸があるので、あらたに酸を加えなくてもきれいな赤になるかと思いますが、もし
 赤くならないときはレモンかクエン酸を少し入れてみます。

5)フレッシュな若葉も利用できます。
 アオイ科の葉にはムチンが含まれています。ハイビスカスの仲間のオカノリは葉を食用にします。
 ハイビスカス・ローゼルの葉も炒め物やスープなどに利用できるそうです。
 このムチンの働きがスゴイ→ムチンの働き

 ハイビスカス・ローゼルに出会ったら、今度は躊躇しないで即ゲットしていろいろ試して見ましょう。


ハイビスカス・ローゼルの効用・効能
ハイビスカス・ローゼルのルビー色のようなガクには抗酸化力があるといわれるアントシアニン色素が含まれています。
そのほかにペクチン、粘液質、有機酸、ミネラルといったものが含まれています。

疲労回復効果、眼精疲労をやわらげる効果、むくみ改善、さらに二日酔いも改善してくれるといわれています。

::::::::::::::::::::::::::::


ハイビスカスロゼールの育て方
短日植物なので、9~11月頃に開花します。短日処理の場合はもっと早く出回るのかな・・・?
花苗が出回ってきてからの育て方えす。

◆置き場所
 入手後は徐々に寒くなる季節です。
 ハイビスカスの仲間なので、日当たりのよい暖かい場所に。

◆水やり:土の表面が乾いたら、たっぷりと。

◆用土
 入手時の鉢が根詰まりを起こしていないなら、そのまま育てます。

あまりのもひどい根詰まり状態なら、根鉢を軽く崩して一回り大きな鉢に植え替えます。
市販の草花培養土でいいでしょう。

◆肥料
 植え替え直後は通常より薄い液肥を1週間後に与えます。
 徐々に通常の液肥にします。
 暖かい室内にて育てることができるなら、その後も2週間に一度の割で液肥を与えます。
 室内が無理ならその後の成長は望めないので、早めに肥料は打ち切ります。


◆増やし方
 秋に種を採取し、初夏の時期に種まきをします。
 秋にとりまきをしても育てることができるかもしれません。
 モミジアオイとフヨウの交配のようなものを種まきしたのが秋だったような気がします。うろ覚えですが・・・
 上記リンクのアメリカフヨウの記事にそのことがあります。
 種から育てる場合は参考になるかもしれません・・・?

ゼニアオイ

ゼニアオイ,錦葵(きんき),薬効,コモンマロー,雑草扱い,帰化植物

IMG_5579-5-29-1.jpg
紅紫色のゼニアオイの花 2012-5-29

ゼニアオイ
アオイ科 ゼニアオイ属
花期 6~8月になっているようですが、切り戻ししたものは10月まで咲いていました。

ゼニアオイはヨーロッパ南部生まれの帰化植物で、すでに江戸時代に鑑賞用に裁培されていたようです。
我が家でも野菜畑(せんぜ畑)の道路沿いに野性化したゼニアオイが毎年生えてきます。
ゼニアオイの名の由来ですが、中国の古書にゼニアオイの花の大きさが五銖銭(ごしゅせん)と同じ大きさから銭葵という説と、種子が並んだ果実を銭に見立てたという説があります。

写真を整理していると、葉も花もコモンマローとそっくりなのでゼニアオイ、コモンマローの区別がつかなくなってしまいます。
実物を見比べるとコモンマローのほうが葉も花も柔らかな感じで、ゼニアオイのほうが小柄で花もたくさん咲きます。
ゼニアオイはコモンマロウ(ウスベニアオイ)の変種だそうです。

ゼニアオイは舗装された道路の割れた隙間などにも育つたくましい雑草のような存在になっています。
ゼニアオイに限らず、アオイ科の花は下のほうから上のほうへと段々に花が咲いていき、それに伴い草丈も伸びていきます。
2013-6-1
_DSC0036-2013-6-1-2.jpg


切り戻ししておくと再び咲き始まります。邪魔なので、切り戻しを繰り返すと晩秋まで咲いていました。
2013-8-25
DSC00145-8-25-1.jpg


ハーブとしてのゼニアオイ
似ているウスベニアオイの花はハーブとしてチヤホヤされています。
乾燥させてハーブティにすると青いお茶になり、そこにレモンの果汁を垂らすとピンクに色が変わる夜明けのティーなんて。
ゼニアオイだって最も近い仲間なので、同じようにするとそうなるのでしょうね・・・多分。
でもこちらは雑草扱いだなんて不公平だよね。
現在咲いているので、どうなるか見てみたいですね。結果は後ほど・・・


ゼニアオイの薬効
コモンマローとほぼ同等でしょうか・・・
ゼニアオイの葉にはタンニン質や粘液質などを含まれていて、花にはアントシアニンのマルビン、粘液質のほかにフラボノイド系のゴシビン3ーサルフェイトなどがふくまれているそうです。

※中国ではゼニアオイを錦に見立てて、錦葵(きんき)という漢名があるそうです。
乾燥した葉と花を混ぜて適量の水で煎じて、1日数回うがいを繰り返すとのどの腫れや口内炎などの痛みを和らげて炎症を抑えるということです。

また葉を煎じたものは腸の働きを引き締めて、下痢を止める効果があるそうです。

ハーブ タンジー 育て方・管理・利用法

ハーブ,タンジー,ヨモギギク,寄せ植え,育て方,収穫,タンジーの利用法

DSC04070-1.jpg

タンジーの寄せ植え
関連記事 ハーブの寄せ植え

タンジー
キク科 ヨモギギク属 多年草
別 名 バチェラーズボタン、ジンジャープランツ、ビターボタン、センティッドファーン、ゴールデンボタンズ
和  名  ヨモギギク
原産地  ヨーロッパ、アジア
開  花  7月~10月頃 
花言葉 挑戦
草  丈  60cm~150cm

友人のハーブガーデンのタンジーは、すっと伸びてもうすぐ花が咲きそうです。
タンジーには強い匂いがあり、羽状に深く切れ込んだ葉と黄色の頭状花が特徴です。
2007-7-1

DSC03793-19-7-2.jpg


タンジーの育て方
◆適した場所
日当たりと水はけのよい場所なら、特に土質は選びません。半日陰の場所でもよく育ちます。

◆水やり
プランターに植えた場合
乾燥地に自生してい
るので、多湿にならないようにします

◆種まき
種をまく時期は春(3月~5月)か秋(9月~10月)。
発芽適温: 15℃~20℃
種まき後、軽く土をかけ、たっぷり水を与えます。
発芽後は間引きするか、ポリポットに仮植えしておき、60~100cmの間隔に定植します。
成長して根が込み合うと、夏の蒸し暑さに弱くなるため、株間をあけて植えつけます。

◆プランター植えの肥料
定植のときに緩効性肥料を混ぜておきます。
追肥は液肥や置き肥を2~3カ月おきに与えます。

◆ふやしかた
種まきのほか挿し木や株分けもできます。こぼれ種からも発芽します。
株分けはいくつかに分けて春か秋に行ないます。
冬には枯れて、冬至芽の状態で越冬します。

収穫
葉は必要に応じて収穫しますが、花は開花すると同時に摘みとります。

タンジーの利用法
防虫用
タンジーの独特の香りには防虫効果があります。
室内や食糧庫に吊るしり、戸口に置いて防虫利用できますね。
特に乾燥させた葉・茎は、防虫用にカーペットの下に敷くと効果があるとのことです。
また犬小屋、室内飼いのペットの敷物、人間のベットやクッションの防虫にも役立ちそうです。
※ペットが食べないように注意

ヨーロッパ中世には一般的な薬味草としてよく使われていたそうです。
茎葉を体内寄生虫の駆除剤に利用したとあります。また健胃、食欲増進剤にされたそうな・・

※注)現在では弱い毒性があることがわかり、食用としては使われていません。
 特に妊娠中の方は服用しないでください。

現在では葉や花を楽しみ、染色、ドライフラワー、ポプリなどの材料にされています。
また花・葉を乾燥させてハーブバスに利用すると、老化した肌や血色の悪い肌を活性化させてくれるとか。
早速試してみる価値がありそうですが、肌の弱いかたには部分的に試してみてからのほうがいいと思います。

また寄生虫の駆除剤などに使われたのですから、野菜や草花、果樹などの防虫に役立てることができそうですね。
個人的にはセンチュウを死滅するマリーゴールドに似た働きをするのでは・・・と考えています。
このタンジーを使い、いろいろな野菜や草花で実験?したいと考えてはいますが・・・
この思いつきを忘れてしまうかもしれません。まずは次から次へと思いついて、それを試すということは1割もしてはいませんから。

大きな声で
こんな経験や発想が豊か(?)なばあちゃんを大きな実験設備のある研究所で使ってみてはくれませんか・・・?
・・・  ん、ムリだって  (.>口く*..) アイタタタ!   そんな即答しなくても。
強いて言えば、それは会社にとって大きな損失ですな。(一生に一度はこの言葉が言いたかった。スッキリ!