育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・

ハーブ タンジー 育て方・管理・利用法

ハーブ,タンジー,ヨモギギク,寄せ植え,育て方,収穫,タンジーの利用法

DSC04070-1.jpg

タンジーの寄せ植え
関連記事 ハーブの寄せ植え

タンジー
キク科 ヨモギギク属 多年草
別 名 バチェラーズボタン、ジンジャープランツ、ビターボタン、センティッドファーン、ゴールデンボタンズ
和  名  ヨモギギク
原産地  ヨーロッパ、アジア
開  花  7月~10月頃 
花言葉 挑戦
草  丈  60cm~150cm

友人のハーブガーデンのタンジーは、すっと伸びてもうすぐ花が咲きそうです。
タンジーには強い匂いがあり、羽状に深く切れ込んだ葉と黄色の頭状花が特徴です。
2007-7-1

DSC03793-19-7-2.jpg


タンジーの育て方
◆適した場所
日当たりと水はけのよい場所なら、特に土質は選びません。半日陰の場所でもよく育ちます。

◆水やり
プランターに植えた場合
乾燥地に自生してい
るので、多湿にならないようにします

◆種まき
種をまく時期は春(3月~5月)か秋(9月~10月)。
発芽適温: 15℃~20℃
種まき後、軽く土をかけ、たっぷり水を与えます。
発芽後は間引きするか、ポリポットに仮植えしておき、60~100cmの間隔に定植します。
成長して根が込み合うと、夏の蒸し暑さに弱くなるため、株間をあけて植えつけます。

◆プランター植えの肥料
定植のときに緩効性肥料を混ぜておきます。
追肥は液肥や置き肥を2~3カ月おきに与えます。

◆ふやしかた
種まきのほか挿し木や株分けもできます。こぼれ種からも発芽します。
株分けはいくつかに分けて春か秋に行ないます。
冬には枯れて、冬至芽の状態で越冬します。

収穫
葉は必要に応じて収穫しますが、花は開花すると同時に摘みとります。

タンジーの利用法
防虫用
タンジーの独特の香りには防虫効果があります。
室内や食糧庫に吊るしり、戸口に置いて防虫利用できますね。
特に乾燥させた葉・茎は、防虫用にカーペットの下に敷くと効果があるとのことです。
また犬小屋、室内飼いのペットの敷物、人間のベットやクッションの防虫にも役立ちそうです。
※ペットが食べないように注意

ヨーロッパ中世には一般的な薬味草としてよく使われていたそうです。
茎葉を体内寄生虫の駆除剤に利用したとあります。また健胃、食欲増進剤にされたそうな・・

※注)現在では弱い毒性があることがわかり、食用としては使われていません。
 特に妊娠中の方は服用しないでください。

現在では葉や花を楽しみ、染色、ドライフラワー、ポプリなどの材料にされています。
また花・葉を乾燥させてハーブバスに利用すると、老化した肌や血色の悪い肌を活性化させてくれるとか。
早速試してみる価値がありそうですが、肌の弱いかたには部分的に試してみてからのほうがいいと思います。

また寄生虫の駆除剤などに使われたのですから、野菜や草花、果樹などの防虫に役立てることができそうですね。
個人的にはセンチュウを死滅するマリーゴールドに似た働きをするのでは・・・と考えています。
このタンジーを使い、いろいろな野菜や草花で実験?したいと考えてはいますが・・・
この思いつきを忘れてしまうかもしれません。まずは次から次へと思いついて、それを試すということは1割もしてはいませんから。

大きな声で
こんな経験や発想が豊か(?)なばあちゃんを大きな実験設備のある研究所で使ってみてはくれませんか・・・?
・・・  ん、ムリだって  (.>口く*..) アイタタタ!   そんな即答しなくても。
強いて言えば、それは会社にとって大きな損失ですな。(一生に一度はこの言葉が言いたかった。スッキリ!

ハーブ  コモン・マロウ(ウスベニアオイ)

コモンマロー,マロウ茶,ゼニアオイ,喉が痛いとき,うがい,効能・効用,夜明けのティー,美容に効果

コモン・マロウ(ウスベニアオイ)
DSC02052-2007-5-10-2.jpg
我が家の畑のコモン・マロウ(ウスベニアオイ)。
コモン・マロウ(ウスベニアオイ)の変種がゼニアオイだそうです! 道理で葉も花もゼニアオイと似ているのに納得。 

コモン・マロウの効能・効用
コモン・マロウの花や葉は乾燥させてお茶やポプリにできます。
古代ギリシア、ローマ時代から消炎、緩下、鎮痛の薬用として、また野菜としても愛用されてきたハーブです。

マロウ茶は喉が痛いときやうがいにも効果があるそうです。
乾燥した花は入浴剤としても利用でき、便通も促す作用があるので美容にも効果があるそうです。

このマロウ茶はきれいな青色ですが、レモン果汁を数滴垂らすとピンク色に変化します。
夜明けのティー、サプライズドティーなどといわれています。初めてのかたはビックリします。
喉が痛いときは蜂蜜を加えるといいですね。
2007-6-6
19-6-6 086-1.jpg


コモン・マロウは生のままでも葉や花も食べられます。
サラダや料理の彩りにとてもきれいで、サラダがワンランクアップしますよ。
もちろん食べる花(エディブル)ですから、消毒無しのタネをまいて育てています。

若い葉を茹でたり炒めたり天ぷらなどの料理に利用できます。
葉を食べるオカヒジキもコモン・マロウやゼニアオイの仲間です。オカヒジキの花は白くて小さいですが・・・

同じアオイ科のビロードアオイ属であるマーシュマロウの根の粉末は、昔、咳止め用のトローチの原料として使われていたそうです。
マーシュマロウはウスベニタチアオイ(薄紅立葵)です。

※追記
ウィキペディアによると
コモンマロウは、数種類のMalva属の一般名として使われているそうです。
ヨーロッパと北アフリカでコモンマロウは、和名:ウスベニアオイ、学名:Malva sylvestris。
アメリカ合衆国でコモンマロウは、学名:Malva neglecta。
オーストラリアとニュージーランドでコモンマロウは、学名:Malva preissiana。

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ,悪臭,蔓性多年草,ヘクソカズラの花,ホシホウジャク

ヘクソカズラの花
2014-8-17
_DSC0111-2014-8-17-1.jpg

ヘクソカズラ
アカネ科ヘクソカズラ属
蔓性多年草
関連記事 似ている蔓性多年草 ガガイモ

葉や茎に悪臭があることから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名があります。
中心部分は紅紫色をしていて、花弁が白色のヘクソカズラの花。
別名のヤイトバナ(灸花)は灸を据えた跡のように見えるからとか・・・
細かい毛が紅紫色の中心部分にたくさんあります。
2014-8-17-
_DSC0111-2014-8-17-2.jpg


畑のイチジクにつるが絡まってしまいました。このイチジクはとっても甘いのです!
このヘクソカズラの葉を食餌草にしているのはスズメガの仲間のホシホウジャクです。
虫の嫌いな方は注意! ホシホウジャク
2014-8-17
_DSC0107-2014-8-17-1.jpg


ヘクソカズラの果実は黄褐色です。
一部の果実をクリスマスツリーにと採りましたが、ツリーはこの年は出来ませんでした。
2013-11-4
_DSC0039-2013-11-4-2.jpg


イチジクの隣にある枝垂れハナモモには天辺にまで、ヘクソカズラのつるが登ってしまいました。
たしかこの枝垂れハナモモは、子供の小学卒業記念に植えたもので、もう樹齢20年以上になるのです・・・
2013-11-4
_DSC0041-2013-11-4-2.jpg