育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブ・山野草・野草・キノコ・山菜

ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・

葛(クズ)の話 葛(クズ)の効用と葛(クズ)のスイーツ

葛(クズ),スイーツ,葛根湯,吉野くず

葛(クズ)
マメ科のつる性の多年草で秋の七草の一つ。
北海道~九州までの日本各地のほか、中国からフィリピン、インドネシア、ニューギニアに分布しています。各地で河原や野原、山林などの荒れ地で他の木などにからみついて繁茂しています。

葛(クズ)の花の開花時期は8月中旬~9月下旬。
2007/8-16
葛(クズ) 2007-8-16


葛(クズ)の蔓(つる)でカゴを編んだり、昔は葛布(くずふ)と呼ばれる布も作られていたということです。

山際の葛(クズ) 2007-8-16

実家の裏山の葛(クズ)


葛(クズ)は年月がたつと茎も根も太くなり、根は長芋状になります。
葛(クズ)の根はカッコン(葛根)と呼ばれ、食品の葛粉(くずこ)や漢方薬が作られます。
発汗作用・鎮痛作用があるとされ、葛根湯、参蘇飲(じんそいん)などの原料になるそうです。

私は風邪の初期には葛根湯を飲んだり、また葛粉(くずこ)を湯で溶かした葛湯(くずゆ)を飲みます。これは子供の頃からず~と続いていることです。
個人差があるかもしれませんが、風邪の初期に関しては葛根湯を飲んでから寝ると翌日は大抵は直っているのです。
でも本格的な風邪になってしまった場合は効かないようです。

風邪でない頭痛や肩こりのときには、鎮痛薬を飲まないでまず葛根湯を飲みます。
大抵はそれだけでいつの間にか直っていますが、それで直らないときは大事な病気が隠れている場合があるので、すぐに病院で診てもらったほうがよいと思います。
なお胃腸の弱い人は吐き気や食欲不振を起こすことかあるので注意が必要とのことです。

また水分の多い温かい物を沢山とって、一汗かくと風邪の初期の病状は回復に向かうことが多いみたいです。卵酒とかネギ、ショウガなども体を暖める作用があります。

落語にもそんな話がありましたね。葛根湯医者・・・
なんの病気でも「では葛根湯・・」といっているので、ヤブ医者のごとく笑いを誘っているのですが、本当は理にかなっているらしいですよ。

水分の多い温かい物を沢山とって一汗かくと初期の病状は回復に向かうことが多いみたいです。
卵酒とかネギ、ショウガなども体を暖める作用があります。


シュンラン(春蘭) 育て方・管理

シュンラン(春蘭),山野草,雑木林,ジジババ,育て方・管理,落葉樹の下

シュンラン(春蘭)
ラン科シュンラン属 
多年草(常緑宿根草) 草丈:20~30cm
別名:ジジババ・ホクロ
花期:3月~4月

子供時分には近くの雑木林にあったシュンラン(春蘭)ですが、現在の山林は荒れているのでおそらくもう自生していないかもしれませんね。30年前頃には愛好家が「ジジババ」採りに雑木林に行ったものです。今でも趣味でシュンラン(春蘭)を育てている方は多いと思います。
知人もシュンラン(春蘭)を集めて育てていて、細長の黒い鉢にシュンラン(春蘭)が植えてありました。このように飾ってあげればシュンラン(春蘭)の見栄えが増すのかと感心したものでした。

我が家のシュンラン(春蘭)は親戚の庭の片隅に植えてあったものですが、山林にあるような普通のシュンラン(春蘭)かと思います。
我が家に植えてからも数年経つので、かなり大きな株になって花が咲いています。
2007-3-29
P1010001-2007-3-29-2.jpg


秋に大きな株のままプランターに植え替えました。マニアのかたはは細長い黒い鉢に植え、全体のバランスが良いですが、我が家のシュンランはちょっと格好が悪いですね。でも自生しているシュンランも浅く根が張る性質なのです。
2007-9-11
DSC05069-19-9-11-1.jpg


シュンランの果実は細長い形で、株全体から見るとかなり大きいです。そして直立姿勢で上を向いています。
シュンランの果実はこのとき初めて見ました。摘み忘れた花が実を結んでしまったらしいです。シランもこのような形ですね。
2007-9-11
DSC05069-2007-9-11-3.jpg


************


翌2008年春の様子です。今年もたくさん花が咲いています。花茎が短い感じがしますね・・・
花茎があまり伸びていないのは、肥料をほとんどしなかった?、水やりが足りなかった?、それともこんな感じでいいのでしょうか・・・
2008-3-21
DSC02039-1.jpg


***********


2009~2010年省略・・・・
前年に株わけをして、3~4ヶ所に植えましたが、そのときプランターから抜いたまま忘れてしまいました。
かなりの日数が経ってからふと思い出し、庭のあちこちに植えた次第です。シュンラン(春蘭)はなんて丈夫なのでしょう・・・
ここはヒメシャラの木の下です。
夏は朝夕だけ日が当たるところです。他のシュンランもシェードガーデンに植えました。
2011-10-21
IMG_8399-2011-10-21-1.jpg


***********************************


木の下なので、冬は落ち葉で半分ぐらい埋もれています。掻き分けるともうつぼみがありました。
2012-3-25
IMG_1993-2012-3-25-1.jpg

2012-3-25
IMG_1994-2012-3-25-1.jpg


上の状態から約2週間で花が咲きました。
きれいな若草色の花です。花は横を向いて咲いていますが、立って見ると下向きに見えるため、ほとんど目だちません。赤やピンクの花でないので、よほど気をつけないと咲いているのがわかりません。
2012-4-7
IMG_2317-2012-4-7-1.jpg


このシュンランの花は茹でて酢の物や塩漬けにし、お茶として用いるところもあるようです。
たくさん咲いたら試してみようかと思ってはいますが、株分けをしてからというものなぜか花が以前ほど咲かなくなってしまったのです。肥料をしていないからか、それとも分け方が細かいのか、あるいは日照時間の過不足など考えられますが・・・なんでしょうね?
2012-4-7
IMG_2755-2012-4-17-2.jpg


左が普通のシュンラン、中はオレンジの花が咲く日本春蘭「福の光」、右はナギランです。このうち福の光とナギランは草花が覆い被さってきてしまったので、鉢に植え替えました。
2012-4-7
IMG_2315-202-4-7-2.jpg




庭植え シュンラン(春蘭) の育て方
※複数のサイト(少しずつ皆さん違う育て方です)を参考にした自己流シュンランの育て方です。
雑木林にある普通のシュンランで、少し花が咲けばよいというぐらいの気持ちの育て方です。

植え付け場所
庭植えのシュンランは落葉樹(ハナミズキやヒメシャラ)の下で育てていますが、これはクリスマスローズとほぼ同じ場所になっています。自生地はどんなところかを考えて植えました。
日差しの弱い時期(落葉期)は日が当たり、比較的暖かいところです。
自生地は雑木林なので、腐葉土などを入れてから植えるといいのではないでしょうか。

植えつけ・植え替え適期
春(3月中旬~5月)と秋(9月中旬~11月)

肥料
花後~6月に薄い液肥を3回ほど与えます。

ふやし方
下記の鉢植えを参照




鉢植え シュンラン(春蘭) の育て方
秋から春は、日に当てるが、夏は半日陰に置きます。もしくは7~8月は寒冷紗60%やヨシズなどで遮光します。

用土
通気性と水はけの良い用土
・市販の「東洋蘭の土」
・赤玉土(中粒)7:桐生砂3
・鹿沼土(中粒)4:軽石:3:日向砂3

植えつけ・植え替え
春(3月中旬~5月)と秋(9月中旬~11月)

肥料
生長期の4、5、6月に薄い液肥を月に3回ほど。置き肥は花後に一回です。
秋は(9月中旬~11月)置き肥と薄い液肥を月に3回ほど

ふやし方
花後に株分けでふやしますが、バルブが一株に3個以上つくようにします。小さく分けないほうが花がたくさんつくようです。
植える深さはバルブが半分くらい隠れる深さにします。

水やり
水のやり過ぎには注意します。

レウイシア(レウィシア)

レウイシア,高山植物,スベリヒユ科,育て方

レウイシア
スベリヒユ科レウイシア属
耐寒性多年草(凍るほどの寒さに耐える)
原産地 北アメリカ高山地帯
開花期 12月~4月
草丈:5~10cm
花言葉 「ほのかな思い」

ホームセンターで見かけた花です。葉はロゼット状態になっています。
レウイシアは冬から春にかけ、次々と開花するので、長い期間楽しめるとのことです。
高山地帯が原産の植物なので、水切れや寒さには強い性質ですが、温度を高くすると花が咲かなくなることがあるそうです。
2009-2-1
DSC06903-2-1-1.jpg


多分この花は「レウイシア 爛漫シリーズ」かと思いますが、どうでしょうか?
2009-2-1
DSC06903-2009-2-1-2.jpg




レウイシアの育て方 (ラベルにあった育て方とネットで調べたものです)
置き場所
室内で花を楽しむ時は、夜間の最低気温7~8℃位で日当りの良い窓辺に置きます。
また庭植えではロックガーデンや水はけがよいところがよいでしょう。


水やり
乾燥を好むので、鉢土の表面が乾いてから数日過ぎてから与えます。


肥料
春と秋には液肥を月に1度を目安に与えます。