育て方.jp|花、野菜の育て方など

セダム 恋心

多肉,恋心,セダム,乙女心,赤く色づく,

恋心
_DSC0080-2014-6-29-1.jpg
2014-6-29

恋心は乙女心のお姉さんみたいですね。
どちらもベンケイソウ科 セダム属です。我が家の ベンケイソウ科 主な種類
写真でみると区別が付かないように見えるが、実物を見ると違いがよくわかります。

でもまだ入手したばかりなので、殖やし方がよくわからずにいます。
多分、虹の玉や乙女心と同じようにすればいいと思います。
乙女心はカットして用土に挿せばすぐに発根します。(初夏~夏、秋など)
とりあえずその方法で試してみようか・・
1本しかないから葉ざしもしてみます。どんどん殖えればいいけどどうかな?

恋心は最近になって見かけるようになりましたが、前からあったのでしょうか・・・
乙女心や、虹の玉オーロラなどはコロコロした葉を持っていて、先っちょが紅葉するタイプと全体に色づくタイプがあります。
いずれもほんとうに可愛いくて可愛くて!
そしてバラにも恋心があるのですよ。

※追記
翌2015年真夏の恋心です。
左側の枝は頭をチョンパしてさし芽しておきました。枝の途中から芽が出ています。
根元からも数本仔吹きして育っているようです。
関連記事 自己流ですが・・多肉植物のふやしかた
2015-8-9
DSC_0036◎-2015-8-9-1.jpg


多分、水分不足で紅葉したようですが、ほんのり紅葉した様子が可愛いですね。
2015-8-9
DSC_0036-2015-8-9-1.jpg


チョンパした頭部分です。日陰に置いたので、ヒョロヒョロになってしまいました (/_\)
またチョンパしなくては・・ 葉ざしも出来ると思うし・・・
2015-9-3
DSC_0135◎-2015-9-3-1.jpg

この年は18年間も一緒だった3匹の猫が相次いで亡くなり、傷心の年になってしまいました。


2016年の恋心
葉を整理した恋心ですが、これまで積極的にはさし芽と葉ざしはしていないので、鉢数は特に少ないです。
2016-6-26
DSC_0209◎-2016-6-26-1.jpg


2017年の恋心
隣から頂いた底の抜けた臼で作った寄せ植えに入っています。
朽ちた臼で作った多肉の寄せ植え 

軒下の臼の寄せ植えにて冬越しした恋心
ほとんど水やりをしなかった為にくすんだ色になっています。
2017-3-18
DSC_0062-2017-3-18-1.jpg


上の画像の臼の寄せ植えの恋心
生育期間ですが、寄せ植えなのであまり大きくしないように水やりは週一ぐらいです。
初夏の寄せ植えは全ての多肉が生き生きしているので、見ているだけで長生きできそうな気持になります。
2017-5-12
DSC_0030◎-2017-5-12-2.jpg

手前の黄色い花はスノージェイドです。
今年2018年は死にそうな迷い猫が2匹も相次いできたのです。
高齢者なので、もう動物は飼わないと決めていましたが、成り行きで我が家の住人になりました。
チビのほうがとても活発でこの寄せ植えに飛び乗って遊んでいたので、恋心が数本枝が折れてしまいました。
猫に悪戯されるのはなぜかイヤな気持ちになりませんね。あまりにもその姿が可愛いからからでしょうか・・
折れた恋心はちょうどさし木の予定だったので、なおさら微笑ましく思ったのかな・・?

スポンサーリンク