育て方.jp|花、野菜の育て方など

庭づくり

庭づくり 御簾垣(みすがき)

庭づくり,竹垣,御簾垣,みすがき,垣根,丸竹,目隠し垣,すだれ垣

IMG_1816-3-16-1.jpg
2012-3-16

↑今回は左にある御簾垣(みすがき)が完成しました。
義弟の庭づくりもいよいよ終盤を迎えようとしています。ここまで実に20年以上かかりました。
サラリーマンなので、土日の空いた日にコツコツといろいろなものを作ったり、山林に出かけては欲しい樹木を見つけて持ち主と交渉してレンタルの作業車を借りて運んで植えたりと、一つ一つが全部手作りの庭づくりでした。

御簾垣(みすがき)
細い丸竹を横に使った垣根で、簾(すだれ)が垂れたように仕上がります。
別名「すだれ垣」ともいわれている表裏のない目隠し垣です。
義弟の手作りの御簾垣(みすがき)ですが、まだ出来立てほやほやです。

親柱の内側に縦溝を掘り、そこに竹を落とし込んで作られています。
少しすき間があるので、こちらからは外が見えても、外からはこちらが見えなくて大変良いと義妹も気に入った様子です。元来簾(すだれ)もそういう役目があるのでしょうね。高貴なお方は御簾(みす)の奥にいてお顔が見えないようになっていたのですものね。
(高校生のとき、光源氏を読んだのですが、半分近く理解できずにいたのを思い出しました)

現代はお顔を見せようと主張する世の中でまるきり正反対ですね。でも見ないほうが理想的に想像できます。本を読んだあとに映画化されたのを観るとほとんどガッカリします。
映画から入るとそうでもないのでしょうが・・・
「風と共に去りぬ」はその代表的なものです。これは本が先だったので、映画を観たらガッカリしました。想像の人物のほうがはるかに勝っていたのです。(すみません! 脱線もいいところでした)

2012-3-16
IMG_1818-3-16-1.jpg


斜面になっているところです。左が低くなっています。
2012-3-16
IMG_1816-3-16-3.jpg


シェードガーデン(日陰の庭)

シェードガーデン,日陰の庭,シェードガーデン(日陰の庭)に植えるのに適した植物

シェードガーデン(日陰の庭)
シェードガーデン(日陰の庭)とは日陰~半日陰の庭のことです。
植物を選べばシェードガーデン(日陰の庭)でも多くの植物を育てることができます。
どこの家の庭でも必ず日陰になる場所があります。そんな場所も植物が育ちにくいからという理由で植えることをあきらめないでください。
日陰に強い、むしろ日陰の方がよく育つ植物を植えて、日陰ならではのオリジナルなガーデニングを楽しむことができます。
じつは私はシェードガーデン(日陰の庭)に憧れて、わざわざ畑に植えてあったハナミズキなどを植えて日陰を作ったのです。

我が家の庭(花壇スペース)は現在(2013年)ではシェードガーデン(日陰の庭)に向く植物がおよそ全体の60~70%ぐらいになっているでしょうか。日向を好む植物より多くなっています。
日当たりを好む植物は鉢(コンテナ)や軒下の少しのスペースと自家菜園の畑に植えています。
我が家は帯状に細長い花壇なので変化をつけられなくてつまらないと思っていましたが・・・
でもシェードガーデンにしてからなんか面白くなってきましたよ。
花壇はボーダーガーデン(境栽花壇)になっています。
バックヤード(裏庭)で育つ野菜

2007年以前は常緑樹主体の庭で、マツ、ツゲ、カイズカイブキ、キンモクセイなどがありました。剪定をするのが億劫になってしまったのとあまりりも大木になってしまったので、とうとう伐採してしまいました。現在はハナミズキヒメシャラジューンベリーサルスベリなどの落葉樹や小型の常緑樹のクチナシやサツキ、アオキ、サカキ、ナンテンなどが植えてあります。

下のシェードガーデン(日陰の庭)の画像は年代はバラバラで、月別にアップしています。

↓2009年秋に大きな松の木の下にクリスマスローズを植えました。その後、松の木は枯れてしまい、種から出た小さな松が数本とフッキソウが蔓延り、クリスマスローズが押されて小さくなってしまいました。また植え替えをしないと・・・ここは家の東側の小さな花壇スペースで、午前中だけ日が当たります。まわりにはリュウノヒゲやペルシカリア・シルバードラゴンが植えてあります。このスペースでも南側は日当たりが良くなっています。そこは2012年まではフヨウが植えてありました。2013年は小さな松が大きくなってしまい、クリスマスローズは鉢植えにしました。
例1)東側のシェードガーデン(日陰の庭)↓
2012-4-22
IMG_3055-4-22-1.jpg

例2)家の南側にあるシェードガーデン(日陰の庭)ですが、中央↓よりやや西側です。
奥行が2メートルぐらいしかないですが、幅は50メートルはあります。一直線で細長です。
ここはハナミズキや大型のツツジが植えてあります。
賑やかというかゴチャゴチャしていますが、春の喜びがいっぱいです。
メギヒューケラミヤマオダマキハナニラシランブルンネラ類
リシマキア・ファイアークラッカーリシマキア・オーレアも少し見えています。
4-30
IMG_3514-4-30-8.jpg

↓例3)奥にコゴミ、ミヤマオダマキホウチャクソウヒューケラコクリュウ
シモツケ「ライム・マウンド」(左のゴールドの葉)、シュンランなどがあります。
5-8
IMG_4016-2012-5-8-3.jpg


例3)同場所で少し経ってからの正面から見たシェードガーデン(日陰の庭)
ワサワサ繁っているので、これからホウチャクソウやリシマキア・ファイアークラッカーを大分抜きます。
5-31
IMG_5657-5-31-1.jpg

↓例4)ブルーベリークチナシキンキャラがあるシェードガーデン(日陰の庭)。
斜めになっているのはジューンベリーで、株元にはホスタ、ヒューケラ、手前の1株はルメックス、手前の通り道にはヘビイチゴがあります。無造作に植えたり、自然に生えたりした場所なので、あまりブログに載せたりしていません。
左手にはリュウノヒゲが出ている小高いところがあります。ジューンベリーがなかった頃に日当たりがそこそこあったので、ミリオンベルを植えたら大成功したところです。
5-8
IMG_3989-2012-5-8-1.jpg


例4)ミヤコワスレです。
日陰になり過ぎた感がありますが、ガンバって咲いてくれています。
まわりにはツボサンゴ黄金セキショウがあります。
5-18
IMG_1185-5-18-1.jpg

↓例5)右側(西)にハナミズキがあり、半日陰になっています。
ヘビイチゴ、多肉のアカプルコゴールドホスタ、オキザリス、小型のホスタがあります。
5-22
IMG_1535-5-22-3.jpg

↑ここのシェードガーデン(日陰の庭)はお気に入りの場所になっています。
見ているだけで和むし、ぼお~っと何も考えない時間を過ごしています。
いつも何も考えていませが・・・(/~\)


上から2番目の画像 例2)の近辺のシェードガーデン(日陰の庭)です。
左側の葉はタイツリソウ(ケマンソウ)です。
5-22
IMG_5287-5-22-1.jpg

↓上の画像 例2)の西側のシェードガーデン(日陰の庭)になります。
シラン(白い花)、リシマキア・ファイアークラッカー(赤い葉)、斑入りミズヒキがあります。
5-31
IMG_5660-5-31-2.jpg

↓例6)ヒメシャラ、フウチソウ、アスチルベクリスマスローズホスタがあります。
そばにはセンリョウヤブコウジボケ南天、ユキノシタ
6-6
DSC03220-19-6-6-3.jpg

上から5番目の画像の右側(西)のシェードガーデン(日陰の庭)です。
↓ハナミズキ、黄金セキショウ、毎年カットして小さくしているヤツデ(ひとりで生えた)
奥にはツワブキがあります。
8-4
IMG_5065-8-4-1.jpg

↓上の画像の右側のシェードガーデン(日陰の庭)になります。
栄養系コリウスインパチエンス(白い花)、ブルンネラ・ジャックフロスト(白い葉)です。
8-25
DSC04596-19-8-25-1JPG.jpg

↓例7)門から7メートルぐらい入ったところのシェードガーデン(日陰の庭)です。ハナミズキとハナユズの間のスペースです。
トウテイラン(紫の花)、コリウス、多肉、ヒペリカムスズランミヤコワスレなどがあります。
見えませんがアジュガもあります。
秋のシェードガーデン(日陰の庭)ですが、朝夕は日陰で、昼前後の一番強い直射日光があたる場所です。(シェードガーデンとはいえないかな)
10-14
IMG_8136-10-14-1.jpg



シェードガーデン(日陰の庭)に植えるのに適した植物
ほぼ我が家のシェードガーデン(日陰の庭)にある植物です。
日向、日陰共通のものもあります。

【一年草・二年草】
インパチェンスコリウス

【球根植物】
どの球根も植付けは半日陰で大丈夫かと思います。
カラー、サフラン、、ハナニラ(イエイオン)、シラー・ペルビアナ水仙(スイセン)チューリップヒヤシンスムスカリユリ

【多年草】
アイビー、アジュガ、アスチルベ、アルケミラ・モリス、エビネ、オダマキ
カシワバアジサイ、カレックス、ギボウシ(ホスタ) 、クリスマスローズ、グレコマ、ケマンソウ、苔類

シダ類、シラン、シュウカイドウ、シュウメイギクシュンランスズラン西洋ハナシノブセキショウセンリョウ

ツルニチニチソウ、ツワブキ、ドイツスズラン、トウテイラントラデスカンチア、ナルコユリ

ハツユキカズラヒペリカム、ヒューケラ(ツボサンゴ、ヒメシャガ、フウチソウ(風知草)、フウロソウ、フッキソウ、プルモナリ、ブルーグラスエリムス、プレクトランサス・ヌンムラリウス(スウェディッシュ・アイビー)ブルンネラ、ペルシカリア・シルバードラゴン、ベロニカ、ヘビイチゴホウチャクソウ、ホスタ(ギボウシ)、ホトトギス

ミヤコワスレ、ミント、ヤブコウジヤブランヤマアジサイ、ユキノシタ

ラミウム、リシマキア(オーレアファイアークラッカー

リュウノヒゲ類(ハクリュウ、コクリュウタマリュウ)、ワイルドストロベリー、ワイヤープランツ

【多肉植物】
マンネングサ類 セダム属は日向、半日陰共通です。

日本庭園 東屋

日本庭園,東屋,公園,小さな建物,寄せ棟,ガゼボ

東屋(あずまや)とは庭園や公園に設ける休憩用の小さな建物で、柱だけで壁面をほとんど持たないか、壁面を持っていても簡素な造りのものが多い。
屋根は萱(かや)・藁(わら)・杉皮などで葺いた寄せ棟形式で四方を吹き放しにしたもの。

中国では寄棟造を「四阿頂」という。
西洋では「ガゼボ」という。


つくば市(旧茎崎町)「高崎自然の森」の東屋

DSC03364-2.jpg

つくば市(旧茎崎町)「高崎自然の森」の東屋
DSC03364-1.jpg

つくば市のお隣の土浦亀城公園にある池

DSC03907-1.jpg

池のそばにある東屋
このように大抵池のそばに東屋があります。池と東屋は対になっているようです。
DSC03906土浦-1.jpg

雨引山にある東屋
2010-4-10
DSC04369-1.jpg

つくば市松見公園にある東屋

matsumikouen2-1.jpg


↓これは東屋とはいわないのでしょうか?
壁面を持っていても簡素な造りのものが多いというから、東屋でしょうね。
前面にすてきな庭があります。
2007-6-6
DSC03216-19-6-6-5.jpg