育て方.jp|花、野菜の育て方など

庭づくり

庭づくり 庭づくりの計画あれこれ

庭づくり,計画,ローメンテナンス,造園,ガーデンデザイン

関連記事 我が家のシェードガーデン(日陰の庭) 

息子に庭づくりを頼まれて簡単に引き受けてしまった。
あれもこれもと計画したところまでは良かったけれど、庭づくりは相当大変だということに気がついた。


自分の庭だったら好きな植物を植えたり、気に入なければすぐ変更もできる。
出来上がった庭を見て、こういうイメージではない・・なんていうことになったらイヤだな・・・
最初は自信があったけど、ガーデンデザイナーの作品集やら住宅展示場の庭、また家と外構をセットにして販売している近くの分譲地を参考にしようと散策したり・・・ 結果自信喪失状態です。


仕方がない。もう一度庭づくりを勉強し直すとしようか・・・
それともデザインだけプロに頼もうか・・・そう思っている今日この頃。
近所の造園業の家族と懇意にしているし、妹の旦那はサラリーマンだけど造園施工の資格も持っていて、自分の庭も手作りしたりしているから教えてもらおうかな・・・
でもそれぞれ忙しく時間をとってもらうには気の毒。


下の画像は義弟が20年の歳月をかけてコツコツと手造りした日本庭園。山林で見つけた大きな赤松2本やヤブツバキなどは持ち主に交渉し、自分で掘り出し、運んで移植したもの。また竹垣は自分で切り出して造ったものです。塀も基礎だけはプロに頼みましたが、ブロックは自分で重ね、瓦を載せて筑波石を貼りました。

IMG_4387-5-13-1.jpg



話は変わりますが、ある日、少し離れたスーパーに行ったときのこと・・
車でよく通っている道沿いにステキな日本住宅と塀まわり、門から見えるアプローチの一部が目に留まりました。バックしてお庭拝見とお邪魔したら留守でした。
この庭のデザインは絶対プロだと確信し、あまりに見事でため息がでてしまいました。
純和風の庭もステキですが、お金も相当かかったように見受けられたので、これは参考にはなりません。でも気に入ったところの一部だけでもマネてもいいかな。
私的にはこのスキのない純和風の庭より雑木林にいるような庭が好きですが・・


庭づくり 生垣の役目 生垣の画像

庭づくり,生け垣,防風林,防火林,常緑広葉樹,役目,常緑針葉樹,落葉広葉樹

DSC_0003マメツゲ-7-29-2.jpg
マメツゲの生垣

敷地の境界は主に、ブロック積み、フェンス、生垣などによって仕切られます。
その中で生垣は四季折々私たちの生活に心のやすらぎや潤いを与えてくれます。
手入れの行き届いた美しい生垣は街や通りの景観となって、街を美しく彩ります。
無機質な塀が並んでいるときなど生垣に出会うとほっとします。


植物は想像以上に重要な役割を担っていると思います。
二酸化炭素を吸収して酸素を放出したり、チリ、ホコリ、亜硫酸ガスなどの大気汚染物質を付着し、空気をきれいにします。


また日差しをさえぎり、涼しさを保ちます。
近年、緑のカーテンが話題になっているように、植物が葉から水分が蒸散する時に、周囲の熱を吸収するので、夏の暑い時期に周辺の気温が下がり、省エネになって過ごしやすくなります。


生垣づくりに利用されている樹
◆常緑広葉樹
キンメツゲ・アラカシ・ウバメガシ・シラカシ・カナメモチ・サザンカ・サンゴジュ・ヒイラギモクセイ・マサキ・トキワマンサク・イボタノキ・ナンテン・ピラカンサなど

ベニカナメモチ(ロビン)の生垣
DSC02668-4-16-2.jpg

4月のベニカナメモチ(ロビン)の生垣
春、燃え立つようなベニカナメモチ(レッドロビン)の新芽


DSC01147-19-4-%2014-1.jpg


9月のべニカナメモチ(レッドロビン)の生垣
DSC05104-19-9-12-1.jpg


空き地になっているところのベニカナメモチ(レッドロビン)の生垣
2010-4-30
IMG_3502-2010-4-30-1.jpg


ベニカナメモチ(レッドロビン)の生垣
2011-4-24
IMG_9842-2011-4-24-2.jpg


庭づくり 花壇のプラン

花壇のプラン,庭作り,ドドナエア・ポップブッシュ,コニファ,アカプルコゴールド

花壇を作るプラン  2008年春
息子は家を建てたけど、庭がまだ手付かずにあります。
よその家の庭や素敵な花壇を見るたび、やる気満々なのだけど、さてどこから手をつけていいか分からない・・
庭や花壇は人によって好みが違いますから、私もどう手伝っていいのか分かりません。
そうしたらメンテナンスがいらないすっきりした感じがいい・・・任せるといっています。

花壇にしようとしているところは元駐車場にしたところで、砂利を敷き詰めてありました。
これを花壇にするのは砂利を取り去り、植物が育つように土壌改良をしなければなりません。
でもこれがなかなか大変なのです。
昨年秋は途中であきらめてしまい、植えるところだけ丸く穴を掘ってそこに腐葉土やぼかし肥料を入れて苗を植えました。まわりが砂利で固まり、まるで鉢植えみたいなものです。


徐々に砂利や石を取り除き、若い人でも楽しめる花壇にするつもりですが・・・
私も結構忙しい身なので、あまり進んでいません。

まず草を抜いてから砂利や石を取り除きました。
砂利や石が固く引き締まった形なので、昔からあるこんな道具で掘りました。
これは唐鍬(トウグワ)と呼んでいますが、厚みがあり重くて何回も振ることができません。
2~3回穴を掘りながら手で石、砂利を取り除くのですから気の長い仕事です。
唐鍬(トウグワ)は荒地を起こす際に木の根を切ったり、固い土の塊を砕いたりするのに使用されたようです。竹の子堀りをするときもこの唐鍬(トウグワ)があると便利です。
こんなに固くてはスコップや鍬ではとても歯が立たない。


この場所に砂利があることをうっかりして忘れていました。
塀工事をしてくれた業者さんに頼んだらほんの30分で終るところを何日かかるやら・・何年かかるやら・・・

DSC03126-5-5-1.jpg


少し掘るとこんなに砂利だらけ・・・こんなとき便利な唐鍬(トウグワ)

DSC03127-5-5.JPG


穴を掘ったところに落ち葉を入れておく。

DSC03129-5-51.jpg


通路の手前の部分だけ砂利を退かして整地し、苦土石灰をうっすらと白くなるぐらいにまいて、酸度調整をしておきました。

砂利がなければ土壌改良材(ピートモス、腐葉土など)を花壇にまいて満べんなくすき込みます。
こうすると、排水・保水・保肥・通気性のある軟らかい土になり、植物が元気よく育ちます。
土質により、すき込むものや量を加減します。
また砂質土壌は保水性をよくするため、田土や腐葉土を多めに混ぜた方がよいでしょう。


我家では自前のぼかし肥料を主に使いますが、骨粉と油粕などの有機質肥料や、元肥用の緩効性肥料(マグアンプKなど)も併用するとよい花が咲きます。
我が家の花壇は、最近は手間のかからないシェードガーデン(半日陰や日陰の庭)になっています。

1週間後、こぼれ種のノースポールを植えました。
2008年5月の息子の花壇です。まだ3種類だけの花壇です。

DSC03069-5-1.-1JPG.jpg

全体の3分の1ぐらいしか整地していないけど、花が満開のときはきれいな春の花壇でした。

DSC03380-1.jpg