育て方.jp|花、野菜の育て方など

アオキ 

アオキ,実がならない,赤い実

フイリアオキ
2007-12-15
DSC01327-12-15-2.jpg

アオキ(青木)
ミズキ科 アオキ属
常緑低木 耐寒性有り
花期 春

アオキの名は、葉も枝も年間を通して、緑色をしているところに由来しています。
晩秋から翌年の春頃まで赤い実をつけます。

アオキはミズキ科の常緑低木で、雌雄異株。
高さは3メートル頃までで、株立状となります。
これは山林に群生しているアオキで園芸品種のような感じですがどうなのでしょう?
これより500メートル離れた別の山林にも斑入りのアオキの群生があります。
その昔は人家があったのでしょうか?

2007-12-11
DSC01299-2007-12-11-1.jpg

株立状のアオキ
IMG_0788-1.jpg

アオキは耐陰性が強いので日陰の植栽に向き、庭に単植したり、根締め、目隠し、鉢植えなどに利用されます。

・・・・・・・・・・・・・
アオキの育て方
◆植えつけ
春(4月~6月) 
秋(9月~10月)
適地は日陰あるいは半日陰のところですが、葉色が悪くなりますが日当たりでも大丈夫です。
乾燥には弱いので、水保ちが良くなるように腐葉土や堆肥などを入れて植え付けます。

◆整枝・剪定
込み合ってきたら、春先と早秋に樹形を整える程度の間引き剪定にします。

◆肥料
鉢植えの場合は、緩効性肥料の置き肥をしてやるとよいが、庭植えでは必要ないです。
植え付けてから様子を見て、育ちが遅いようなら春か秋に油粕やぼかし肥料を株元のまわりに施します。

◆植え替え
植えつけに準じます。

◆増やし方
実生、挿木、取り木がありますが、挿し木が簡単です。

◆病害虫
病虫害はほとんどありません。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

もうかれこれ6~7年も実がならない我が家のアオキ。(2011年現在)
雄株を植えてしまったかとあきらめています。葉がきれいなのでこれはこれでいいと思っています。
この株は近くの山林から小さな芽がたくさん出ていて、15cmぐらいの苗を持って帰ったものです。
(上の大きな株のそばに生えていたのが我が家のアオキです)

植えたのは建物の東側で、その東側にはブロック塀もある通常は通らない場所です。
樹高が伸びた4~5年前からは、ブロック塀の外側の道路からも上のほうだけよく見えるようになりました。
肥料は施したことがありません。梅とシデコブシの葉が散って山林のように腐葉土になっています。
その下には山菜のフキやミョウガが植えてあります。
よそから見えないので、このエリアはほとんどほったらかし状態になっています。

道路から見たアオキ
2007-5-11
DSC03285-2007-5-11-1.jpg


中の様子
2007-8-6
DSC04259-2007-08-06-2.jpg

葉だけのアオキでしたが、フラワーアレンジメントに使ってみたら案外長持ちしましたよ。
アオキの葉が入ったフラワーアレンジメント。
2007-6-15
DSC03526-19-6-15-1.jpg

アオキの葉はツヤツヤとしています。
畑に咲いていたバラ「ブラック・ティ」とお似合いでしょう?


2007-6-15
DSC03526-19-6-15-5.jpg

関連記事
バラの花のフラワーアレンジ(自己流)
菊(キク)の花のフラワーアレンジ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2011年
狭いところに植えたため、通り抜けられないほど樹形が幅いっぱいに広がってしまったアオキ。
2本の株立になっているので、1本は元から切ってしまいました。本来ならば株立でボリュームがあったほうがよいのですがいたしかたありません。1本にしたら樹高がかなり伸びた感じです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2012年
2012年はふとしたことから赤い実に気づきました。
たまたまそばの梅の木に付いていたイラガの卵の写真を撮っていたら、なんと赤い実が目に入ったのです。
雄株かと思っていたアオキがなんと雌株だったとは (◎。◎)!
2012-1-9
IMG_0662-2012-1-9-1.jpg


昨年もいくつかの赤い実がなっていたのかしら?
2012-1-9
IMG_0658-2012-1-9-2.jpg


いまは少しの実が何ヶ所かパラパラ付いているだけど、徐々にたくさんの実がなって楽しませてくれることでしょう (*⌒ー⌒*)
2012-1-9
IMG_0658-2012-1-9-1.jpg


この赤い実は鳥が食べて排出され、それで発芽する仕組みになっているのでしょうね。
この家の東側のブロック塀も南側の長いブロック塀も、大震災で上から3段がそっくりきれいに倒れてしまい、現在に至っています。困った家人に対し、日当たりや見通しがよくなって、庭木のみんなは喜んでいるように見えます。みっともないけど、しばらくはこのままかな・・・

久しぶりにアオキの苗があった山林に行ってみました。さぞや赤い実がたくさんあるだろうと期待したのですが、この時期でもまだ実が青く、赤い実は1粒もありませんでした。
近頃の変な気候と関係かあるのでしょうか?
2012-1-13
IMG_0791-2012-1-13-1.jpg

関連記事
何年も実がならなくて切ってしまいたくなったサクランボやヤマモモのこと。

さくらんぼ(サクランボ)の栽培 「暖地」の育て方
ヤマモモ(山桃)あれこれ
ヤマモモ栽培記

短気は損気、切ったら終わり。あきらめずにもう少し待ってみよう!

スポンサーリンク