育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 草花   ア~サ行 > ★水仙(スイセン)の種類

★水仙(スイセン)の種類

水仙(スイセン),品種,ラッパズイセン,大杯スイセン,小杯スイセン,バタフライスイセン,房咲きスイセン,八重咲き系スイセン,珍しい水仙(スイセン)

IMG_9008-4-5-1.jpg

水仙(スイセン)
ヒガンバナ科 スイセン属
花言葉  うぬぼれ・自己愛・自尊心・気高さ・愛をもう一度
別 名  ナルキッスス、ナーシサス、セッチュウカ(雪中花)
ラテン名  Narcissus
水仙(スイセン)の種類は本やネットを参照しましたが、間違っていたらごめんなさい。気づいたら直ちに訂正します。

洋種ズイセン
多くの園芸品種が作られバラエティ豊かです。
ラッパズイセン、大杯スイセン、小杯スイセン、バタフライスイセン、口紅ズイセン、房咲きスイセン、八重咲き系スイセンなど多彩で華やかで多くの品種があるので、市販で手に入らない珍しい品種が欲しいときは、種苗会社などの通販を利用すればよいでしょう。
スイセンの品種改良は盛んで、年々増えているようです。
花弁の色は黄色か白の2色が基本ですが、ラッパ(副花冠)の色は多彩で花弁と同じ黄色、白やオレンジ、朱赤、ピンク系などもあります。


ラッパ咲きスイセン
キングアルフレッド? 4-5
DSC02406-4-5.jpg

ラッパ咲きスイセンは1茎1花で、副花冠の長さが花被片と同じかそれよりも長いものをいいます。
通常ナルキッススと呼ばれるスイセンに対しラッパスイセンはダファデイルと呼ばれていたり、復活祭前のレントのころ咲くのでレントリリーと呼ばれたりします。
2010年は30年前からあちこちにあるこのスイセンの球根を掘り起こして秋に道路沿いに植え替えました。
こちら→関連記事 スイセン(水仙)の育て方・花後の管理・栽培記

↓古くからあるラッパ咲きスイセン。庭や畑のいたるどころに生えています。
平凡な水仙ですが、名前がわかりません。上のスイセンより古くからある種類で、50年近くになると思います。
庭の水仙 3-21-1.jpg


ここにはもう5年ぐらい植えっぱなしにしています。副花冠が濃い黄色で花被片はクリーム色です。どちらも同じぐらいの長さに見えますが、副花冠の長さが短いとラッパ咲きスイセンでないかもしれません。微妙です。
IMG_1920-2010-3-23-1.jpg


大杯咲きスイセン
大杯咲きスイセンは1茎1花で、副花冠が花被片の1/3以上で花被片より短いものです。
内側の黄色が副花冠です。花被片は外の白色で内花被片3枚と外花被片3枚です。
多分アイスフォーリスかなと思います。ガッチリタイプです。
DSC02405-4-53.jpg


2010年秋に掘り起こし、植え替えをしました。
上のラッパ咲きスイセン2種と合わせて相当殖えました。
2011年の春の様子。ムスカリを合わせると似合います。
IMG_9013-4-5-3.jpg


名前がわからないけど上のアイスフォーリスの副花冠を濃い黄色にしたような感じです。アイスフォーリス系かも・・
※追記 2022年)これは大きな勘違いをしてしまいました。上の水仙と同じアイスフォーリスでした。最初はこちらの副花冠が濃い黄色で咲き進むに従って白に近い色になるのです。水仙が何種類もあるので10年以上も別種類かと思い込んでいました。観察が足りなかったですね・・(^^;)
2015-3-28
DSC_0006-2015-3-28-1.jpg


大杯咲きスイセンフォルティッシモかと思います。
DSC02399-4-5-2.jpg


IMG_9245-4-13-1.jpg


2018年入手のピンクチャームは「大カップ咲き」とありましたが、大杯咲きスイセンのことです。
DSC_0239◎◎ピンクチャーム-2019-4-9-2.jpg


2018年入手のカーリーは大杯咲きスイセンになるのか?
大輪で副花冠がフリルたっぷりで豪華です。
2019-4-9
DSC_0242◎◎カーリー-2019-4-9-1.jpg


小杯咲き水仙(スイセン)
1茎1花で、副花冠が花被片の1/3を超えないものです。
モナルがそうかな?
IMG_1899-2012-3-16-1.jpg

バタフライ咲きスイセン
新顔の水仙(スイセン)トレポロです。
2009年
DSC07090-1.jpg


面白い形ですね。カールしています。このトレポロは2011年は芽が出ませんでした。
DSC07091-6.jpg


名前がわかりません。フリルースソレイユ ルヴァンミストラルあたりかな?
2012-4-7
IMG_2346◎-2012-4-7-1.jpg


2015-3-28
DSC_0012◎-2015-3-28-1.jpg

この後は畑は荒れ放題・・
低い草丈の水仙(スイセン)やヒヤシンス、チューリップ、ムスカリなどがほぼ消滅してしまいました (∪_∪。。)グスン
2020年から再び手入れをしたら貧弱な水仙の芽が出てきて、2022年には花が咲きました。上の名知らずの水仙でした。チューリップ以外は大分復活しました。
関連記事 夏植え球根と秋植え球根 種類と育て方(植え付け・管理)


上と似ていますが、これはピンクワンダーで最初は黄色です。
2019-4-1
DSC_0070-2019-4-1-1.jpg


次にピンクに代わります。黄色からピンクに代わるのでワンダー! 驚きです。普通は色が抜けて白に代わるのが多いです。
2019-4-19
DSC_0299東側ピンクワンダー-2019-4-19-1.jpg


うちのピンクワンダーより3年前に近所の塀際に咲いていたピンクワンダー。その時に珍しい水仙(スイセン)だと思い写真に撮りました。
2016-3-30
DSC_0017-2016-3-30.JPG


上のピンクワンダーと似ていますが、オレンジの副花冠のハンガリアン ラプソディーです。鉢植えにしました。
2019-4-6
DSC_0156-2019-4-6-1.jpg


2019-4-9
DSC_0243鉢植え◎-2019-4-9-1.jpg


房咲きのスイセン
12月に咲く小花の房咲きスイセンはとてもよい匂いがします。一般的に香りのよいスイセンは房咲きが多いです。
昔からあるこの房咲きのスイセンは色々調べた結果、みんなの趣味の園芸きゅーさんの園芸日記にて サーウインストンチャーチルではなく、エーリッチャー(エルリッチャー)に一番近いと感じました。「Early cheer(ひと足早い春の喜び)」で「アーリーチアー」と呼んで欲しかったとのことです。

12月咲き房咲きスイセン
3ヶ所にありますが、ここは長い間植え替えていないのでボサボサ状態で花付きがよくありません。植え替えないといけないのはわかっていますが、放置状態になっています。
2008-12-18
DSC06560-1.jpg


名前不明の白の房咲きスイセン
このスイセンは名前が分かりませんが、房咲きスイセンのペーパーホワイトガリルに似ていますが・・?
カモミールと一緒に飾ってみました。どちらもよい香りがします。我が家の房咲きスイセンはすべてとても香りがします。
4-21
DSC02728-4-21-1.jpg


よい香りといえばローズマリーやラベンダーなどのアロマセラピーによる非薬物療法が注目されているようです。(鳥取大学)
嗅覚は大脳に直接働きかける作用があるそうで、心地よい香りは認知機能障害を予防・改善するらしい。香りのあるスイセンやバラも多分脳を刺激するかも? 毎日ボヤっと過ごしているので、良い香りの植物をたくさん植えて良い刺激を脳に与えるのもとても良いことかも (^∇^)
DSC02728-3.jpg


最近は毎年のように寒さか病気かわかりませんが葉が変色してしまいます。
4-5
IMG_9011-4-5-1.jpg


でも花は見事に咲くのです。2010年に植え替えました。友人にわけたこの水仙は葉もきれいになっているそうです。我が家に問題があるのでしょうか‥? もしかしてノネズミとかモグラとかで根がぐらついでいるのかな・・
4-13
IMG_9240-4-13-2.jpg


グランドソレドール?
この黄色の房咲きスイセンもとてもよい香りがします。
IMG_1595-3-5-2.jpg


房咲きスイセンはいずれも球根が大きくなります。
日本水仙(ニホンズイセン)も房咲きスイセンでとてもよい香りです。暖かい場所に植えておくと12月から咲きます。
グランドソレドール-2.jpg


房咲きスイセンになっているブラッシングレディも芳香があります。まだ購入して間もないです。
2019-4-9
DSC_0235◎◎-2019-4-9-2.jpg


ブラッシングレディの花に小さなバッタがいます。ヒシバッタかな? 芳香水仙なので引き寄せられたかな?
2019-4-19
DSC_0293-2019-4-19-1.jpg


シカラミニウス系のテイタテイト。早咲きで小型のスイセンです。よく殖えますよ。
テイタテイト


八重咲きスイセン
植えた覚えがないのに畑で突然生えたもの。 
2008年春
八重咲きのスイセン


これとは別?かどうか35年以上前からある八重咲きのスイセンが家にあります。
この庭のスイセンの球根が草と一緒に運ばれたかも知れないし、交配して種ができたかもしれない?
※2009年に咲いたのを見ると、やっぱり昔からのスイセンでした。
今年は特徴のグリーンを帯びている花が咲きました。 
新種と期待していただけに、ちょっとがっかり・・・名前はフォンシオンかな?
DSC07375-1.jpg


糸葉ズイセン(香りズイセン) 
ジョンキルかな・・・ヨンクイラの特徴を持つ。
ジョンキル 4-22


原種スイセンのヨンクイラもジョンキルの名で出回る。特定するのはむずかしいとのことです。
近年、原種系スイセンの園芸種もでて市販されています。キャナリーマウス、ミルクティー、初雪、ミスレモンなど。
品種名が書かれていないものは似たようなものもあるのでわかりませんね。
原種系スイセンにはブルボコディム、ヨンクイラ、カンタブリクス、ミノルなどがあります。

2018年購入のジョンキル・シルバースマイルはとうとう芽がでませんでした (>_<。グスン 
咲くとこんな感じです。残念!
DSC_0016-2018-11-16-1.jpg


もう一つ、ペチコート水仙のゴールデンベルもネギのような葉が出たのですが、花が咲かなかったのでどこかに忘れ去られたか・・? 日付を見たらあの東日本大震災の前でした。その後の覚えがないのは仕方がありません。
2011-2-19
IMG_7603-2011-2-19-1.jpg