育て方.jp|花、野菜の育て方など

メンガタスズメ 寄生

メンガタスズメ,気味悪い,寄生バエ,寄生バチ,スズメガ,白いウジ虫,尾角,弱齢幼虫,ナス

琉球アサガオのグリーンカーテンを作った際、幼虫を見つけました。
昔からスズメ科の幼虫は大の苦手でして、最近虫の写真をとるようになってからなんとか慣れてきました。
見慣れるということはスゴイことです。とにかく見続けることです。
このくらいの弱齢の幼虫などは可愛いと思える自分が信じられません。
2010-9-16
IMG_1608 メンガタスズメ-9-16-2.jpg


とてもきれいな若草色です。ライムグリーンというのでしょうか・・
赤い気門に黒い縁どりでなんとオシャレなメンガタスズメの幼虫なのでしょう
セスジスズメのようなツルツルした表面ではなく、細かい突起のようなものがあり、ザラザラした感じです。
2010-9-16
IMG_1609 メンガタスズメ -1.jpg


この丸い顔みたいに見えるのは頭?、口? 大きいですね。
詳しい人がそばにいればよかったのに残念! わかり次第名称を更新します。
2010-9-16
IMG_1609 メンガタスズメ -6.jpg


尾角はピンとしていますが細かい突起があり、色も赤、黒、黄色、黒とバリエーションに富んでいます。
2010-9-16
IMG_1608 メンガタスズメ-9-16-5.jpg


 でもエビガラスズメの弱齢幼虫を見直してみたら、果たしてメンガタスズメなのかわからなくなってしまいました。
エビガラスズメの弱齢幼虫の尾角も同じカラーバリエーションです。
大きくなるとエビガラスズメの尾角の曲がり方などで判断できるらしいということですが・・・

素人には特定が難しいです。同じ種類でも色だって個体差があるし、ちょっとしたことで専門家ならわかるのでしょうね。
もしかしてこのメンガタスズメの幼虫はエビガラスズメの幼虫だったりして・・・
このときは琉球アサガオを全部調べて他にはいないことを確認して、下の画像のようにメンガタスズメの弱齢幼虫かなと判断したわけです。
メンガタスズメの食餌草はウィキペディアによると広食性で、ノウゼンカズラ科、アカネ科、マメ科、モクセイ科、、ゴマ科、ナス科およびクマツヅラ科植物ということです。
ヒルガオ科の琉球アサガオにメンガタスズメでいいのかな・・?

:::::::::::

※注意
さてこれからはとても気味悪い寄生の画像があるので、苦手な人は見ないでください。
高いところにメンガタスズメを見つけたので、台の上に載って撮りました。

クロメンガタスズメとメンガタスズメのいずれか迷ったのですが、尾の曲がり具合が緩やかなことから、メンガタスズメかなと・・・(素人判断です)クロメンガタスズメかもしれません。
関連記事 クロメンガタスズメ

きれいだった先程の幼虫が脱皮したらしく、カラーがまるきり違ってお目見えしました。でも黒い点々がかなりあります。このときはそう思っただけですが・・


2010-9-19
IMG_1887-9-19-2.jpg


それから3日後の様子です。表面の点々が体いっぱいにあります。
寄生バエ? それとも寄生バチ?
2010-9-22 6時21分
IMG_2034-9-22-1.jpg


下に降りてきたので、ズームアップで取りました。
パソコン上に現れた画像にビックリ!  気持ち悪くなってしまいました。
このようなことは長いこと生きてきて初めてです。
これまでにもこういう場面があったかもしれませんが、アップして見ているわけではないのでわからなかっただけなのでしょう。
2010-9-22 9時22分
IMG_2108アサガオに-1.jpg


これは一体なんでしょう?
かなり小さなウジ虫のようです。大きなスズメガの仲間は寄生されやすいと思います。
世の中うまく出来ているようで、こんなに大きなスズメガがたくさんいたら、植物が丸坊主になって絶えてしまいます。
2010-9-22
IMG_2109-9-22-1.jpg

一番苦手なイモムシ類。その中でも特別苦手ななスズメ科の特大。
そのうえ直視困難なウジ虫・・・自分のことをホメたい・・・ Σ( ̄▽ ̄ι)

スポンサーリンク