育て方.jp|花、野菜の育て方など

クロウリハムシと食餌草

クロウリハムシ,ウリハムシ,食草,ウリ科,マメ科,キク科,ナデシコ科,,なでしこジャパン,カーペットカスミソウ,トレンチ行動

クロウリハムシ
IMG_4065-5-9-1.jpg
なでしこ(ダイアンサス)の花の上のクロウリハムシ

クロウリハムシ
ハムシ科ウリハムシ属

越冬成虫は4月下旬~6月下旬で、新成虫が8月~11月中旬に見られます。
卵は5月~6月に、食餌草の葉上に産み付けられます。
クロウリハムシはウリハムシに似ていますが、ウリハムシより産卵期間が短く、産卵場所も違いますね。

クロウリハムシ食草
ウリ科のカラスウリ、スズメウリ、アレチウリなどの野生種のほか、カボチャ、ズッキーニ、キュウリ、スイカ、ウリなど多くのウリ科の野菜です。
このほかに成虫はマメ科のフジやニレ科のエノキが食草です。
我が家の草花ではキク科のコスモスや宿根アスター(宿根アスターは毎年花に群がるので栽培断念)、ナデシコ科のカーネーションやナデシコ(防虫ネットを掛けました)や一、二年草のカスミソウ、イソマツ科のアレメリアの葉訂正します。一緒の寄せ植えのカーペットカスミソウでした。

天敵はウリハムシとほぼ同じかと思います。
関連記事 ウリハムシ

ケイトウに止まっているだけなのか、または食べているのか?
2010-8-20
IMG_0611-1.jpg


カスミソウの花のクロウリハムシ
2012-5-25
IMG_5099-5-25-2.jpg


なでしこ(ダイアンサス)のつぼみを食べているクロウリハムシ。
なでしこジャパン女子ワールドカップロンドン五輪の優勝祈願をして育てたなでしこです。
なでしこジャパンとナデシコの花 (女子ワールドカップで初優勝
なでしこジャパンと我が家のナデシコ (ロンドン五輪
あのときは熱く燃えました! 
2012-9-2
IMG_4115-5-9-2.jpg


コムラサキの葉に止まっているコムラサキの葉。近くにアレメリアカーペットカスミソウの寄せ植えがあるのです。
2012-9-2
DSC_0029コムラサキの葉-2012-9-2-1.jpg


コスモスの花にいるクロウリハムシ。2匹いるので、花粉を食べにきたのか・・・
2012-9-2
DSC_0031-2012-9-2-1.jpg


カーネーションの花がよくよく荒らされてしまいました。
2011-6-19
IMG_3131-6-19-1.jpg


ラムズイアーに止まるクロウリハムシ。ただ止まっているだけかも。
2011-6-12
IMG_2705-6-12-2.jpg


9-25
モロヘイヤの葉を食べているクロウリハムシ。
葉に丸い穴が開いています。モロヘイヤはシナノキ科。
ネット参照ですが、これは「トレンチ行動」と呼ばれているもので、葉を円形に傷つけることで円の中に植物の摂食阻害因子(苦味や粘性のある防御物質)をシャットダウンさせ、葉を食べやすくするための行動と考えられているそうです。
でもあまりにきれいに穴が開いています。もしかしたら止まって遊んでいるだけ?
近くに何か好みの食餌草があったのかしら? 判断に苦しみますワ・・・ハテ?
9-25
モロヘイヤ-9-25-2.jpg


カボチャの花を食べているクロウリハムシ(左)とウリハムシ
2010-7-1
IMG_7699-7-1-2.jpg


凄かったのはナデシコ科のカーペットカスミソウでした。やはりナデシコ科が好きなのですね。┗(―_―)┛...
これで半分以上は逃げたあとのクロウリハムシ軍団。
2014-9-3
_DSC0075-2014-9-3-2.jpg


カーペットカスミソウの花が咲いていませんが、葉が柔らかでおいしそうです。
カーペットカスミソウはクロウリハムシ軍団で全滅してしまいました。不織布や防虫ネットをかければよかったのに・・・
2014-9-3
_DSC0075-2014-9-3-1.jpg

スポンサーリンク