育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 動物(虫・鳥・猫など) > 野菜の害虫 ウリハムシ(ウリバエ)

野菜の害虫 ウリハムシ(ウリバエ)

ウリハムシ(ウリバエ),クロウリハムシ,ウリ類の葉,天敵,ウリハムシ対策

IMG_3336-10-14-1.jpg
2010-10-14 木いちごボイセンベリーの葉にウリハムシ

ウリハムシ(ウリバエ)
ハムシ科ウリハムシ属

ウリハムシの成虫は体長は7~8mmで、背が黄色がかった茶(べっ甲色)、腹が黒っぽい色をしています。
ウリハムシは成虫で越冬し、ゴールデンウイーク頃から姿を見かけるようになります。
ちょうどその頃は夏野菜の植え付けのころなので、ウリ類の小さな苗の葉が被害をうけます。
ウリハムシの産卵は4月下旬~7月上旬で、最盛期は6月上旬頃とのことです。
1雌当たりの産卵数は100~500個で、1か所当たり数十個の卵を産みます。
孵化幼虫は細根を食害し、成長するにつれ太い根や株元の茎にもぐり込んで 食害するとか・・・
成虫被害は5月と8月に集中9月下旬頃から越冬場所へと移動する

ウリハムシはその名のごとくウリ類の主要な害虫なのです。ほっておくと葉がぼろぼろになり、苗の生育が遅れてしまいます。
ウリ類が植えられると、その株元に産卵し、幼虫期間は3~5週間ぐらいで、3齢を経過してから土中の比較的浅いところに土繭をつくって蛹となるそうです。
蛹期間は1~2週間で、新成虫は7~8月に現われ、年1回の発生だそうです。

ラデッシュの葉を食べているウリハムシですが、ウリハムシはラデッシュの葉もたべるのでしょうか?
ラデッシュはアブラナ科です。
ウリハムシモドキというのもいるらしく、ダイズ、クローバー、ニンジン、レタス、シソなどが食草らしいのです。
よくよく食痕を見たら、ウリハムシのではないようです。下のメロンの葉のところ画像参照。
どうもハムシは葉を円形に傷つける「トレンチ行動」をして苦味をシャットするらしい。
では丸くなっている葉はウリハムシによって空けられたのか? やはりラデッシュの葉を食べているのか? 疑問だらけ? 
キスジノミハムシならアブラナ科を食草としますが・・・
2010-10-26
IMG_3836 ズラータ ラデッシュに-1.jpg


↓↑ラデッシュの葉を食べているようなウリハムシ?
このウリハムシは色も濃い茶色だし羽のつやつや感もないように見えます。
アップしてみたら自信がなくなってきました。単なる写り具合の違いからか? 
迷カメラマンなのでいろいろな色になってしまいます。それとも個体差?
2010-10-26
IMG_4147-10-26-3.jpg


同じ日の同じウリハムシですが、これはつやつや感があります。多分ウリハムシでよいのでしょうね(?)
2010-10-26
IMG_4148-10-26-1.jpg


ウリハムシはウリ科だけではなく、案外食草は多いかも? そんなわけないか。
一番上とこの画像の葉の木いちご「ボイスンベリー」はバラ科です。でも食べているところではないので、単に止まっていただけかも?
2010-10-14
IMG_3335-10-14-2.jpg


ウリハムシの交尾と食痕 メロンの葉にて
2010-6-20
IMG_6970ウリハムシ-1.jpg


これが円形に傷つける「トレンチ行動」の痕。円内に流入する植物の苦味や粘性のある防御物質をシャットダウンし、葉を食べやすくするための行動と考えられている。
ウリハムシの知恵というのでしょうか・・・
2014-5-31
_DSC0225-1.jpg


成虫だけではなく、ウリハムシの幼虫もウリ科の根を食害するそうです。
ウリ科の根のそばの土の表面や浅い土中に産卵するのだそうです。

幼虫はまだ見たことがありませんが、幼虫による被害は6月下旬から7月に多いということです。
きょうは2011年6月27日ですが、ウリ科のまわりを掘ってみれば幼虫がいるかもしれませんね。
忘れなければ明日にでも掘ってみましょう。
2010-5-29
DSC03609ウリバエ-5-29.JPG

関連記事 クロウリハムシと食餌草

少しの場合は手で捕殺しています。虫の動きがのろい温度の低い午前中の方が効果的です。
結構逃げ足が早いので、動かないでいて油断させてから一気に攻めます。

ウリハムシ対策としてはシルバーポリフィルムによるマルチをしたり、不織布や寒冷紗がおすすめです。
マルチを張ってからウリ類を植えたり、または植えてからすぐに不織布や寒冷紗を掛けておくとスムーズに育ちます。

コンパニオンプランツとして臭いを嫌うネギ類を苗の直ぐ側に植えつけるのも効果的です。

成虫の天敵はムシヒキアブ類、クチブトカメムシ類、カマキリ類。クモ類。アカサシガメ(赤刺亀虫)
幼虫の天敵はカマキリ類、クチブトカメムシ類、アシナガバチ類など。

スポンサーリンク