育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 動物(虫・鳥・猫など) > 家庭菜園 天敵としてのカマキリ 

家庭菜園 天敵としてのカマキリ 

カマキリ, オオカマキリ,ハラビロカマキリ,天敵,家庭菜園,害虫退治,卵嚢,卵鞘

IMG_3408-1.jpg
軒下のプランターの回りにウロウロしていたオオカマキリ

これまではカマキリにそれほど注目していたわけではなかったのですが、昨年から今年にかけて何回も害虫を退治しているところを見ました。現在は注目してカマキリを見ています。我が家の庭や菜園のカマキリの種類はオオカマキリとハラビロカマキリが主で、あとはあまり見かけませんが、なかには卵嚢(らんのう)が変わっているものもあります。
※後にいろいろな種類がいることに気がつきました。

↓畑や庭の天敵の記事です。
クサカゲロウの幼虫
テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
その他の天敵として
ニホンカナヘビヒラタアブ類アカガエルヨコズナサシガメ、ハチ類、ムシヒキアブ、クモ類など多数います。

オオカマキリ
まずは畑のアルストロメリアのところでオオカマキリがバッタを食べているところ。
アルストロメリアとオオカマキリの色や姿が似ていて、最初のうちはこういうことが起こっているとはわからず、込み入ったアルストロメリアの茎を整理していました。茎を抜こうとして初めて発見!
このオオカマキリは頭がいいのかも (^_^)v なかには保護色ではないところにいるカマキリもいるので・・

アルストロメリアとオオカマキリとバッタ
よ~く見ないとなにがなんだかわかりませんね (^^;)
2010-8-8
IMG_9648-2.jpg


バッタの頭と足を持っています。
2010-8-8
IMG_9644-2.jpg


迫力のオオカマキリのアップ。よく見るとコワイですが、菜園では害虫などを退治してくれる大きな助っ人です。もっとも益虫、害虫の区別なく目の前の動く虫を捕まえるらしいのですが・・・虫を目の前に置いても、その虫が動き出さないと捕まえないのですよ。

IMG_9648-1.jpg
2010-8-8


オオカマキリの翅がまだ生えていません。
2010-8-8
IMG_9649-1.jpg


アルストロメリアはカマキリの保護色や保護形になっていて全くわからない。
2010-8-8
IMG_9653-2010-8-8-1.jpg

2014年はここで足が青いカマキリをがいました。

オオカマキリとモロヘイヤ
こちらはオンブバッタに食害されたモロヘイヤが穴だらけ・・我が家の菜園にはオンブバッタが昨年あたりからかなり増えています。
2010-8-13
IMG_0256-8-13-1.jpg


カマキリを捕まえて、モロヘイヤのところに置いておきました。2日ほど経ってから見ると、モロヘイヤの新芽がきれいに出揃っていました。
カマキリがモロヘイヤの害虫を退治していてくれたらしいのです。しっかり働いてくれていたのだと感謝!
オオカマキリ
8-13 
IMG_0255-8-13-1.jpg

このモロヘイヤに置いたオオカマキリは、この後も秋に卵を産むあたりまでシッカリと働いてくれました。
卵を産んだのは、この場所が気に入ってくれたのでしょう。
カマキリの卵が入っているものを卵嚢(らんのう)または卵鞘(らんしょう)というそうです。
モロヘイヤに産み付けたオオカマキリの卵嚢(らんのう)
10-19
IMG_3859-2.jpg


IMG_3859-1.jpg


オオカマキリとセミ
庭のヒメシャラの木でセミを捕まえて食事中のオオカマキリ。
8-8
IMG_0015-2010-8-8-1.jpg


もうセミの頭はないようです。
IMG_0016-2010-8-8-1.jpg


オオカマキリはこんな大きいセミを全部食べてしまうのでしょうか?
ここまでしか観察していなかったので、この後はどうなったのかわかりません・・・
IMG_0014-2010-8-8-1.jpg


脱皮したばかり(?)のオオカマキリ
2014年に見たように青くなっていません。齢にもよるものなのでしょうか?
DSC00148-2.jpg


褐色のオオカマキリ
インドハマユウの葉の上で。
IMG_9809-1.jpg


オオカマキリとケール
ケールの葉にいたオオカマキリ。
翅がピカピカ光っていた。緑と褐色のミックスみたい。
※スマートなので、チョウセンカマキリかも? それともオオカマキリの雄かな。
9-12
IMG_1470-9-12-2.jpg


IMG_1470-1.jpg


冬のオオカマキリ
軒下はまだまだ暖かい。畑よりどのくらい違うのだろうか・・・
庭にいたオオカマキリ達が軒下のプランター界隈に姿を見せた。
プランターにいた4cmくらいの大きさのヨトウムシをオオカマキリに献上。
11-13
IMG_4927-11-13-1.jpg


やはりプランターにある葉を食べていたバッタをオオカマキリの目の前に置いたら・・
バッタが動いたらたちまちキャッチです。
11-24
IMG_5635-11-24-1.jpg


軒下の雨戸サッシのレール上に、オオカマキリが卵を産んでいるところ。
11-27
IMG_5721-11-27-2.jpg


ここは雨露がしのげて快適なところですね。
IMG_5724-11-27-5.jpg


バッタを捕まえるとすぐにカマキリに差し出すことにしています。
このときも捕まえたのでカマキリを見つけていたら、なんと私の足音に反応してオオカマキリが現れたのです! ・・まっ、偶然でしょうが・・
12-2
IMG_5971-12-2-1.jpg


「イチゴノキ」のところにいたオオカマキリ。獲物はなに?
12-12
IMG_6530-2010-12-12-5.jpg


翌年(2011年)
オオカマキリの赤ちゃん
軒下の雨戸サッシのレール上に、卵を産んだオオカマキリの赤ちゃんです。
孵化するのを見たいと思っていたが、もう孵化が終わって赤ちゃんたちが網戸や軒下のコンクリートにざっと見ただけで十数匹いました。
オオカマキリの卵嚢(らんのう)のところの真下にワイルドストローベリーやリシマキアがあります。多くのオオカマキリの赤ちゃんはそこに集まっています。
共食いになるかと思い、3~4匹を残して、庭の別の植物に移しました。さてどうなるでしょうか・・・
5-2
IMG_0219-5-2-2.jpg


オオカマキリの赤ちゃん。小さなときはアブラムシを食べるとか・・・
オオカマキリの赤ちゃんは孵化したときはたくさんいて、いろいろな所に引越ししたのですが、その割に姿があまり見かけませんでした。
大人になるまでには天敵やら食べ物などの大変なのでしょう。
2011-5-2-
IMG_0289-2011-5-2-2.jpg


*******************************


ハラビロカマキリ
菊の花にて
かまきり3.jpg


バラの花の下のハラビロカマキリ
前胸が短く、腹部は幅広なのが特徴です。
バラの花にはたくさんの昆虫が集まってきます。それを狙っているのでしょう・・・
9-20
IMG_1921-9-20-4.jpg


透き通ったきれいな羽のハラビロカマキリ。前翅に白色の紋があるのも特徴のひとつです。
9-20
IMG_1921-9-20-5.jpg


軒下に産み付けてあったハラビロカマキリの卵嚢(らんのう)。
2011-1-21
IMG_7344-2011-1-21-1.jpg


多分、母親はこのカマキリかと思います。この周りにうろうろしていたので・・
12-1
IMG_5863-12-1-1.jpg


ブルーベリーの枝にあった卵嚢(らんのう)。(形からハラビロ)かな?
4-26
DSC02910-4-26-1.jpg



ハラビロカマキリの赤ちゃん、またはコカマキリの赤ちゃん。
素人には区別がつきません m(_ _)m
関連記事 コカマキリ

鉢植えから畑に移植したまだ小さいレモンの木で。
2011-8-3
IMG_5012レモンに-8-3-2.jpg


ボイスンベリーにいたハラビロカマキリまたはコカマキリの赤ちゃん? これも区別がつきません m(_ _)m
2012-7-10
IMG_7910-7-10-1.jpg


グリーンカーテンのアサガオにいました。この姿からハラビロカマキリと思います。
2012-8-8
DSC_0009-2012-8-8-1.jpg


グリーンカーテンのアサガオにいたカマキリがカメムシを食べているところです。
カマキリがカメムシの天敵になっているとは知りませんでした。
今度はトウガラシ類(ピーマン、観賞用トウガラシなど)にカメムシがいるときはカマキリに捕まえてもらいましょう (⌒▽⌒)
2012-8-8
DSC_0012-2012-8-8-1.jpg


のところにあったハラビロカマキリの卵嚢(らんのう)
IMG_6052-12-5-1.jpg


下から見たハラビロカマキリの卵嚢(らんのう)
IMG_6054-1.jpg

*******************************

こちらは多分「チョウセンカマキリ」の卵嚢かと思うのですが・・・
枝垂れハナモモの木にありました。
2010-12-2
IMG_5933-12-2-2.jpg


形が独特です。
IMG_5934チョウセンカマキリ卵嚢-12-2-1.jpg

チョウセンカマキリはオオカマキリと似ているとのことです。
春に再び見にいったらもう孵化したあとでした。多分このあたりにいると思うので、気をつけて見ることにします。

※大分過ぎた秋の日、ハナモモの木の下の雑草にいました。
オオカマキリかチョウセンカマキリか最初はわかりませんでした。
2011-9-23
IMG_7021-9-23-1.jpg


前脚の付け根の間が朱色(オレンジ)になっているので、チョウセンカマキリです。
2011-9-23
IMG_7022-9-23-1.jpg

IMG_7022-9-23-2.jpg


昨年に続き今年(2010年)も害虫退治に活躍してくれたカマキリに感謝です!
肉食性のカマキリはかなりの数の害虫を食べてくれています。ことしの秋は菜園におびただしい数のヨトウムシ類やオオタバコが生まれててきましたが、捕殺したのは数えるほどで、いつの間にかいなくなっていました。
もちろんカマキリだけの活躍ではないでしょうが、カマキリが大活躍してくれたことと思っています。
カマキリの卵嚢(らんのう)を見つけたら大事に保護しておきます。やはりどの昆虫にも天敵がいるようにカマキリにもいるので、卵嚢(らんのう)に不織布を巻いておきましょうか・・・ それとも自然におまかせしましょうか。
結局は何もしませんでしたが・・・・・

スポンサーリンク