育て方.jp|花、野菜の育て方など

ウメモドキ

ウメモドキ,実生,真っ赤な実,株立ち,枯れた,ルビーロウカイガラムシ,

ウメモドキ
モチノキ科 モチノキ属
落葉低木で雌雄異株
関連記事 ツルウメモドキ(蔓梅擬)

我が家のウメモドキは株立ちで枝が枝垂れてとても風情がありました。
残念なことに全体の様子が写っている画像がありません。
2007-9-20
DSC05186-19-9-20-8.jpg

ルビーロウカイガラムシによって、2009年に上のウメモドキは枯れてしまいました
この様子はこちらに詳しくあります。↓
ルビーロウカイガラムシ

↓こちらは友人のウメモドキですが、力強い感じの枝ぶりです。実も我が家のウメモドキより真っ赤な感じに見えます。いろいろな種類のウメモドキがあるのでしょうか?
2007-10-30
DSC05953-2007-10-30-7.jpg


上から一ヶ月経ったときの同じ家のウメモドキの様子です。
もう全部落葉していて赤い実がよく目立っています。
2007-11-29
DSC06460-11-29-2.jpg


こちらは近所のウメモドキですが、かなり大きいです。すごい数の実がなっています。
小鳥は食べ物がなくなってからこのウメモドキの実を食べるのでしょうか?
2007-12-15
DSC01353-12-15-1.jpg

↓このウメモドキは旧豊里庁舎の保健センターの北側にあります。
見事な株立ちになっています。
2010-10-17
IMG_3531-10-17-1.jpg


IMG_3531-10-17-2.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2012年
ところが枯れたウメモドキがあった場所に数本生えているのを見つけました!
昨年あたり芽生えたのでしょうか・・・
大きな葉っぱはギボウシ(ホスタ)です。
2012-6-24
IMG_6925-6-24-2.jpg


少し離れたこちらにも・・・
IMG_6926-6-24-1.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2013年
中央にあるのが昨年見つけた実生のウメモドキです。少し丈が伸びています。
2013-5-18
_DSC0102-2013-5-18-1.jpg


4ヶ月ほど経ったウメモドキです。
見づらいですが、中ほどに細い枝が数本あります。もう私の背丈ぐらいに伸びています。
手前は大きな葉のホスタで、後方には実生のガクアジサイがあります。
初夏に花を少しだけ咲かせているのを見ましたが、結実は無理かと思っていました。
2013-9-15
_DSC0038-2013-9-15-1.jpg


思い出してよく見たら、赤い実が数個ありましたよ。
前のように枝垂れるウメモドキであって欲しいけど、どうでしょうね?
2013-9-15
_DSC0048-2013-9-15-1.jpg

ここは邪魔なところなので、今年の秋は植え替えてみます。これからが楽しみが増えましたよ。


2014年
まぁ、ずい分とのびのびしてきましたよ!
2015-5-17
_DSC0105-2014-5-2-1.jpg


2015年のウメモドキ
今年はつぼみもたくさん付いています。期待できますね・・・
2015-5-17
DSC_0063-2015-5-17-1.jpg


2016年のウメモドキ
2株あり、1株が邪魔なところにあるので移植を考えています。
とにかく実生でも育つのが早いですね。どういう風になっているのか、株立ちみたいに1ヶ所から数本出ています。

2017年のウメモドキ
我が家は長いボーダーガーデン(境栽花壇)ですが、ほぼシェードガーデンになっています。
2017-5-6
DSC_0137◎-2017-5-6-1.jpg


昨年の暮れは1本だけ再びルビーロウカイガラムシが大発生してしまいました。
移植を考えていたそれを伐採し、残りの1本を大事にすることに・・・

スポンサーリンク